悪いのは誰? - ある無人島漂流の物語

Treasure Island / The Island, Version II CreativeCommons Attribution License, Aaron Escobar

id:takerunba さんの記事が軽く炎上していて驚いた。なぜか?

悪いのは誰? - ある無人島漂流の物語 - タケルンバ卿日記

まずは上の記事を読んでいただきたい。そして、自分なりの考えを持った上でここから先へ進んで欲しい。

2009-01-26T02:20:33+09:00 追記

あまりにも自分の文章が伝わらないのが悲しい今日この頃……。この記事は、下の 3 つの要素から成り立っている:

  • 会社の研修の場において性的な話をすることの是非
  • 「無人島漂流の物語」そのものに対する意見
  • メレ子さんとの会話で自分との認識の違いに驚いた

どうか、この 3 つを別々に切り離してお考えいただきたい(ズルい?)。そうではないと、「片思い男批判が性別問わずない(実際には複数ある気が)ことから始まった話が、なんで”女には”って結論になるかわからない」となってしまう。なるべく別々の話として伝わるように書いたつもり(以上、と書いて話を区切っている)だったが、分かりにくかったようだ。申し訳ない。

念のため、上の 3 つに対する自分の見解を先にまとめておく。お互いに矛盾をしていないはずだ。

  • その会社の社風(フランクな職場?)が分からないし、なにより本題ではないので深く言及しても仕方がない
  • オモ男(後述)が自分に似ていてイヤだ
  • (メレ子さんが一般的な女性の考え方をしているという前提で)女の度量の深さには勝てない

その上で、文章の真意が伝わる・伝わらないとは別に、「この記事には男女差別の視点が入っている」という指摘は甘んじて受け入れる。

疑問の正体

さて、自分が疑問に思ったのは「はてなブックマーク」での反応だ。

はてなブックマーク - 悪いのは誰? - ある無人島漂流の物語

どこが疑問なのか。下の 2 点である。

  • ある方からの伝え聞きを書いただけなのに、なぜかタケルンバさんを dis る空気が流れていること
  • 妻に思いを寄せる男性に対して非難の声がないこと

順を追って説明しよう。

研修で話すことなのか

summon to sunset
CreativeCommons Attribution License, Mohamed Abdulla Shafeeg

まず、研修のときにグループディスカッションで話す内容なのだろうか、という意見は出て当然である。同じことを自分も思った。

「大学生たちが自主的に話し合う」とか「飲み会で余興として考える」という状況にふさわしい話に思える。将来の上司・同僚たちと社内で話す内容なのか一考を要する。それとも、「アリー my Love」に出てくるようなフランクな職場なのだろうか。

ただ、その一点だけを突っ込んで、なおかつ公開ブックマークに意見を残すのは、すこし意地が悪いように思う。研修の場で話す内容かどうかの考察は有益だが、問題そのものを考えても損はしないだろう。

好きならしょうがないのか?

もっとビックリしたのが、妻に思いを寄せる男性に対して「悪い」という意見が皆無なこと。

以下、妻に思いを──では長いので、彼のことを「オモ男」と呼ぶ

念のために書いておくと、問題の条件では誰が「悪い」かは決められない。さまざまな意見があるだろう。だからこそ、グループディスカッションの意味があるのだ。

自分は法律に詳しくないので、もしかしたら明確に「法的に○○が悪い」と示せるのかもしれない。しかし、「どの国(州・件・宗派……)の話か」が書いていないため、やはり善悪の判断は回答者にゆだねられている。

そう難しく考えずとも、分かりやすく「誰が一番嫌いか」を示せばよいだろう。神でも裁判官でもない以上、自分にとって好ましいか否かが最大の判断材料になるのも仕方がない。

自分はオモ男が嫌いだ

オモ男の行動

タケルンバさんも(おそらく)ブックマーカたちも、オモ男を下のように見ていることが不思議である。

この男の場合、最後の最後に登場したわけですが、最後に出たからもっとも害が少ないとも言えます。ある意味、最も道徳的かも知れませんな。夫婦であるうちは手出しをせず、ちょっかいも出さず、契約関係も持ち出さず。

悪いのは誰? - ある無人島漂流の物語 - タケルンバ卿日記

──いやいや。オモ男は難破した瞬間に無人島から消失し、破局のタイミングで唐突に出現したのだろうか。──違う。始めから終わりまで彼は存在した。

オモ男の行動(非行動)を交えて、この話を(自分に都合良く)再構築してみよう。

(前半部省略)

妻はその男性に頼んだ。「船を直してください。夫を探したいのです」と。

(オモ男は近くにいたが、がんばって自分が船を直そう──とは思わなかった)

男性は直すと言った。だが、条件をつけた。その条件とは妻と一夜限りの関係を持つこと。

(オモ男は近くにいたが、それを聞いても止めなかった)

妻は悩み、おじいさんに相談した。おじいさんは「気持ちのままに行動しなさい」と。

(オモ男は近くにいたが、「言うだけなら楽だよね」とジジイに同調した)

妻は結局、その男性と関係を持った。男性は約束を守り、船を直した。

(オモ男は近くにいたが、ビデオカメラが波にのまれたことを惜しんだ)

(省略)

夫婦は破局した。

ひとりになった妻の様子を見て、思いを寄せていた男が言った。「あなたが好きです」。

──さて、どうだろう。オモ男は最も道徳的なのだろうか。自分には、何もせずに漁父の利を狙っていた卑怯な男、にしか見えないのだ。

そして──自分に似ている。だからこそ、イヤだ。

オチ(てないよ)

以上、半分はネタ・半分は本気(と書いてホンキ!)の意見を書いた。

ところで、「漂流 無人島」などで検索すると、なんとなくソレっぽい画像を見つけた。下の写真のようにロマンチックな話、と受け取った人もいるのかもしれない。──じつは、いたのだ。

Endless Love III
CreativeCommons Attribution-NonCommercial License, Ali Nishan

この記事の情報元であるメレ子さん @wassr と会話ができた時点で満足してしまったので、記事に仕上げる意気込みが出てこなくて苦労した。

そして、 3 つめのメレ子さんのレスを読んで、「──女には勝てないな」と思い知らされたのだった……。ツケコんで良いのは、洗濯物やタクアンだけじゃなかったのか。

彼女というのは遥か彼方の女と書く。
女性は向こう岸の存在だよ、我々にとってはね。
男と女の間には、海よりも広くて深い川があるってことさ。

──加持リョウジ

加持リョウジ - 彼女というのは遥か彼方の女と書く。 女性は向...

そんなメレ子さん(どんな?)が撮った「モロ出し」の写真付き記事を紹介して、口直しをしてもらおう。──おいおい、こんな無修整の写真、はてなで載せていいのかよ……(一枚目の写真ね)。

滝と温泉のテーマパーク!伊豆・「河津七滝」 - メレンゲが腐るほど恋したい

[2] このページの一番上へ戻る