• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 86 ページ 「勝ちと負け」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 25 号)

LOMO 8M【無敵鐵金剛製造所】 (by We Make Noise!)
(秘密基地にありがちな光景──か?)

編集者たちが『完全犯罪クラブ』を読んで、うれしそうに話している場面が出てきました。

子どもたちが『完全』を読むと、自分たちのことが描いてあるように思えて、のめり込める。オトナたちは、自分自身の体験を思い出して、話に引き込まれる──そんなマンガのようです。

これも、『完全』がリアルな絵柄と話だからですね。いくら面白くても、現実味がなければ、

「マンガの世界だけのこと」

と割り切って読んでしまう──ってばよ! ……だと…… !? ドン!!!!

──えっと、いちおう書いておくと、リアルだから良い、マンガ的だから悪い、ということは断じてありません。いろいろなマンガがある、ということですね。

それに、マンガを通して自分のことを語ることは、たとえば、

「『ドラゴンボール』を読んでいた、あの当時のオレ」

でもできるわけです。

このブログを書いた人(オレオレ)が語尾で遊んでいるだけのことを、真に受けないように!(なら書くな)

この上ない 出来だと 思います

いよいよ連載会議の場で、『完全犯罪クラブ』が評価を受けることになりました。

意外なことに、吉田ひとりだけが、『完全』の内容に修正を求めています。吉田は、亜城木を支持しているのではなかったのか? それに、こんなに細かいところまで文句を言う人ではなかったと思う。

──そう思って読んでいると、最終的には編集長の口から、そこは 評価すべき点と取るべきだ、という評価が出てきました。

もしかして、こうなることを予想して、吉田は批評をしていたのではないでしょうか。

つまりは、今後も、こういうツマラナイ部分での描き直しが起こらないように、どこまでが表現として許されるのかを確かめた──、ということです。

サイコーは会議の結果を心配していましたが、会議出席者 全員の評価も 良い、という高い評価を『完全』は受けました。

このまま、何事もなく会議が終われば良かったのですが……。

進むべき道

副編集長の瓶子も、亜城木夢叶の才能を評価している一人です。ずっと見守っていた作家が大きな羽を広げたのを見て、ホッと一安心──というところでしょうか。いい表情ですね。

私も良い評価をしたが

さて、『完全』がアッサリと会議を通ったところで、次の場面へ──とはなりませんでしたね……。

サイコーが入院した時には、彼が退院するまでの間、編集長は亜城木夢叶の原稿を掲載させませんでした。それに今回は、「エイジに勝つ作品」だけを載せるという条件を、シュージンのほうから出しています。

──編集長がここで「待った」をかけることは、当たり前ですね。

つまりは、『完全』が新妻エイジの作品 「CROW」 「+NATURAL」に 勝てるかどうかをこの会議で話し合うことは、初めから決まっていた。

それでも──、切羽詰まった作家の口からとっさに出た言葉を、編集長がそのまま受け取るのは、どうかと思います。ここまで連載会議での評価が高い作品を、すでに人気が出ているマンガと比べるのは、ムチャな話でしょう。

こんな 話し合い おかしいんじゃ ?

エイジがジャンプ誌上で 2 つの作品を描くと決めた時にも、連載会議は異常なフンイキになりました。今回は、その時よりも重苦しい空気が流れている。

今回の瓶子は、じつに副編集長らしい態度をとっています。亜城木を応援しつつも、連載を許可するかどうかを冷静に公平に話している。

やってみなければ わからないだとか、勝てる可能性があるかなんて、普段は瓶子が言いそうなセリフです。──瓶子副編集長が頼りなくみえるのは、編集部にいる時だけ──なのでしょうか。

この出来なら…

まだ救いがあることに、編集者の誰もがこの時点では「亜城木はまだ、エイジには勝てない」と断言していません。吉田の言うように、いい線まで いく、と思っている編集者が多いのでしょう。

ところで、編集者たちと読者に水を差すようですが──。

シュージンは、新妻エイジに勝ってみせます! と編集長へ宣言したあとで、新妻エイジと 競える作品を 真城と 作ってみせますと言い直しています(「79 ページ」)。

つまりは、「エイジに勝つ」のではなく、「並ぶ」だけでも掲載させてくれ、と頼んだんですね。秀才のシュージンらしい交渉術──だったのかもしれません。

でも、いまさらそんな揚げ足を取るような話には、ならないだろうな……。

[2] このページの一番上へ戻る