• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 123 ページ 「ピザとお茶」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 14 号)

Man to Man
(一対一で──苦しい状況)

とつぜんですが、『バクマン。』の世界に出てくる「マンガ家」をランク分けしてみました。下のリストをご覧ください。

  • ランク A: 原作も作画も描く
    • 平丸一也, 新妻エイジ, 福田真太, 蒼樹紅(元 B+ か B), 白鳥シュン(元 B), 高浜昇陽, 静河流, 間界野昂次, 石沢秀光
  • ランク B+: 原作者
    • 高木秋人, 岩瀬愛子
  • ランク B: 作画担当者(人物と背景が描ける)
    • 真城最高
  • ランク B-: 作画(人物だけ)
    • 七峰透
  • ランク C: アシスタント(背景のみ)
    • 中井巧朗

このリストは、多くの人から反感を買うでしょう。

まず、マンガ家に等級をつけること自体がおかしい。さらに、作画の担当者よりも原作者を上に置いているところも、非難を浴びるでしょう。亜城木夢叶よりも石沢が上だし。

比較すると、どうしても原作を書く人は上になります。原作者は同じで作画が変わった「○○版」な作品は多いけれど、逆の組み合わせは見ないですからね。

自分がいつもやる手口(持論を補強するために都合のいいデータを集める)によって作られた物なので、あまり意味はありません。それでも、このようなランク付けでマンガ家を見ている人もいるのでは──と半分は思っています。

すくなくとも『ドラえもん』が愛読書だった小学校低学年の自分は、すべて 1 人で話を作って絵を描く人が「マンガ家」だと認識していました。アシスタントという仕事はもちろん、原作者なんて意識したのは高校生くらいかな。

こんなリストを出した意味は、下に書きます。

今後どういう 展開を希望 するか

『有意義な学園生活に必要なそれ』(長っ)とは どのようなマンガなのか──。いまだに自分には見えてきません。『シンジツの教室』と比べると、情報がすくなすぎます。

そのせいで、この場面に出てくるチャットの内容もよく分からない。軸となる「ソレ」のアイデアとか誰の「ソレ」のアイデアを使うかという言葉が出てくるけれど、「ソレ」がタイトルの略称なのかアイテムなのか不明です。

七峰の気合いとは逆に、作者からすると『必要なそれ』は、「捨てマンガ」のような気がする。

どうしたん ですか

無言で突っ立っている中井が何コマも描かれていて、笑え──いや、こわいな……。


とうとう七峰透の秘密を知った中井と、「判定人」のことを打ち明けた七峰透との対比に注目です。

まず、中井はごく当たり前の反応をしました。長い間 マンガ業界にいたため、その世界での常識が脳にしみこんでいる。

ただ──、中井の場合は、担当とマンツーマンで 苦しみながら良い原稿を仕上げた経験は、ほとんどないはずです。蒼樹との合作・『hideout door』の時にも、担当者の相田が OK を出したネームは不満の残る完成度でした。

ついでに言うと──、この 2 ページ後で分かるように、連載の第 1 話目とはいえ「ジャンプ」本誌で蒼樹は 1 位を獲っている。そんな(将来の)人気作家を、相田は見捨てました……。彼は、マンガ家とマンガを見る目があるのか?

ピザ来た みたいですよ

上で書いたことを考えると、この場面で中井を「マンガ業界側の人間」として描いたり、「中井が改心する きっかけ」みたいに見せようとするのは、ムリがあるように感じる。

七峰透くんは 進んでると本当に心の底から感心するほうが、むしろ自然だと思いました。


さて、七峰のほうは、一見すると素っ気ない態度に見えますが──、よく思い出してください。いままで彼が自分の本性を明かした時は、いつも悪魔的な顔つきを見せていました。

ところが今回は、右のページを見て分かるとおり、何とも穏やかな表情をしている。まるで菩薩です。なむなむ! ──あるいは、コニシ■にインタビューしているジャ■ーズのタレント、みたいな?

亜城木夢叶や小杉編集に「判定人」のことを話した時と、今回の中井の場合とでは、明らかに七峰の立ち振る舞いが違います。

もちろん、ここで中井の信頼を失うと、七峰にとっては致命的なダメージを受けるからでしょう。「判定人」の替えは いくらでもいるけれど、「スーパーアシ」は 1 人しかいません。

しかし──そうではなくて、同じような立場である中井に理解して欲しかった──と自分には思えました。その立場とは、絵でしか語れないマンガ家ということです。


七峰のやり方に文句を言う人は多い。しかし、自分が彼の立場だったら、こう言いたくなる。

七峰一休:
「分かりました将軍様。それでは、ビョウブの中から素晴らしい原作者を出してください!」

上のリストで言うと、世間から見た七峰はランク A ですが、実際は B- です。つまりは──、

原作者がつかなければ、背景描きがメインであるアシスタント業すら七峰はできない! 考えようによっては、七峰は中井よりも下です。

──七峰が中井に対して甘い理由が分かりましたね。

作画しかできないマンガ家は、どんな手段を使ってでも、原作者を見つけるか・原作を創り出すべきではないか──。これが「七峰編」に隠されたテーマだと思います。表面上は「七峰は悪」と描いているけれど。

蒼樹さんスゴ!

最近、カヤが かわいらしい! 以前からキレイだったけれど、近ごろは表情にツヤがあります。オトナの女性の魅力が にじみ出ている。

おめでとうって 電話を蒼樹にかけようとする、カヤの心遣いも素晴らしいですね(冷血コンビは、そんなこと考えもしない)。

カヤをかわいく描くのは、彼女以外に女性キャラが すくないから──という理由が思い浮かびます。ところが、今回は蒼樹も女性アシスタントもいる。だから、「かわいい担当」は蒼樹プロダクションに任せて、カヤは「お笑い担当」でも良かったはず。

これは──、カヤさんの「おめでたい」フラグ?

(「ジャンプ」で子どもを産んだ女性キャラは、『ドラゴンボール』よりあとには いなかったっけ?)

絶対 1 位だと 思ってたのに

本来であれば 2 位なら すごいはずなんですよね。天下の「週刊少年ジャンプ」に初めて連載して上位を獲るマンガ家なんて、現実世界では何人いただろう(これは本当に統計データが欲しい)。

かなり以前にも書きましたが、『バクマン。』の世界では「連載インフレ」が起こっています。経験のないマンガ家志望者でも、「ジャンプ」本誌で 3 位以内なんて楽勝なのです(青銅聖闘士が黄金聖闘士に勝つくらいの確立)。

バクマン。 #58-4 「一桁と二桁」 高浜からの電話と無理な笑い : 亜細亜ノ蛾

[2] このページの一番上へ戻る