『バクマン。』 161 ページ 「息継ぎとパーティー」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 05・06 合併号)

cow pug
(審査員に気に入られようと──努力を重ねた)

雄二郎が調子ぶっこいている。それは いつものことだけれど、創作の世界では「調子に乗った人間はヒドい目に会う」が鉄則です。いずれアフロにも正義の刃が振り下ろされるかも しれませんね。

浮かれている雄二郎を尻目に──もせず、新妻エイジは執筆に専念している。2 人の温度差は離れる一方です。なんとなく、近い将来に その差が致命的になりそうな気がする。珍しく雄二郎に怒鳴っているし。

そもそも、マンガ家の執筆中にピーチクパーチク話しかけること自体が、編集者として失格です。しかし、それだと絵にも話にもならないから、それは見逃しましょう。

雄二郎(と読者)の疑問にポポポポーン! と軽快に答えるエイジが小気味よかった。もしもエイジにマンガ家の才能がなかったとしても、この分析力があれば どんな現場でもトップになれそうですね。たとえば、探偵とか。

ホント 笑いが 止まらない

400 万は 夢です」というエイジの言葉は、あきらかに『ONE PIECE』の初版発行部数が 390 万部を記録したことを受けている。『バクマン。』の舞台である近未来では、この記録は更新されていないようです。

マンガ「ワンピース」曲がり角? 最新刊「部数記録」なのに「面白くない」の声相次ぐ (1/2) : J-CASTニュース

世界一のマンガを目指していたわりには、エイジの発言は現実的すぎて夢が ありません。そう、彼は意外と現実的な考えを持ち続けている。

「亜城木先生」の前では舞い上がっている──ように振る舞いつつも、お互いの励みになるようなことしかエイジは言わない。その場限りのテキトー発言を繰り返す どこかのアフロとは大違いですね!


それにしても、『ZOMBIE☆GUN』を立ち上げる時にはゾンビの格好で盛り上がっていたのに、最近は『CROW』の時の羽ぼうきに戻っています。「初心忘るべからず」ということでしょうか。

作家の実力は 2 作品目で試される──と よく聞きます。エイジにとっては『ゾンビ』が もっとも大事な作品と言えるでしょう。

「世界一」という目標は ともかくとして、志は高く保ったままのエイジは、しばらく落ち着いた態度で執筆を続けそうです。まぁ、それが普通なんですけどね!

成果は出てきますよね

アンケートで上位を走り続けている作品の改善点を探すなんて、素人目には やり過ぎに思えてしまう。天下の「ジャンプ」でトップ 3 にいる作家たちも、同じような努力をしているのでしょうね。──と思いたい。

でも、亜城木の人生にも息継ぎの回が あってもいいと思う。今回のパーティが、つかの間の羽休めになっていたら良いですね。

威勢良く堅実な目標を語りながらも、内心は「勝てるのかなぁ……」と心配するサイコーが面白かった。こういう締まらない所が彼のチャーム・ポイントです。


過去の作品を振り返って「根本はブレなかった」とサイコーは語っている。それは そのとおりだけれど、じつは肝心なところがズレています。

自分たちの作品──『REVERSI』をより良くしてエイジに勝つことよりも、アニメにすることを目標に掲げるべきなのでは?

最近のサイコーを見ていると、亜豆美保とのことはドーデモイーと思っていそうに見える。

正直なところ、シュージンとカヤみたいにサイコーと亜豆もチャッチャと くっついて、アッサリと新婚生活編を描いておいたほうが良い気がします。それからエイジの上を目指しても遅くないはず。

この作品が『美味しんぼ』だったら、まず間違いなく「真城家・平丸家の合同結婚式」を開きますよね!

佐々木雄山
「このマンガを 作ったのは 誰だあっ !!」

ご相談が

思い詰めた表情で相談に来た加藤奈津実には、何ごとかと思いました。もしかして、サイコーとのアレコレを想像しただけで できちゃっt(ry

あるいは、サイコーと亜豆との仲が進行しない上に、自分の気持ちも断ちきれないから、とうとう実力行使(ごくり……)に出るのか!? とか思ったりして。

もしくは、こんな「お願い」を考えた。

加藤アルカ
「サイコー 中指の爪 ちょうだい」
サイコーツボネ
「えー」

下の感想でも書いたように、彼女の やつれた表情にグッと来ます。今回も良かったなー。

バクマン。 #156-3 「余裕と修羅場」 始発とモブキャラ | 亜細亜ノ蛾


サイコーからしたら、仮に加藤が結婚したとしても、何とも思わないでしょうね。それよりも、アシスタントを抜けられることのほうが痛手だと思うはず。

対面している時間は恋人よりも長い付き合いなのに、なんとも形式的で悲しい運命の 2 人です。──そんなことを言いだしたら、たいていの勤め人は、上司との縁のほうが家族よりも深かったりして。

先生に頼んで 欲しいと

新年会も欠席して執筆するような「大先生」だから、加藤も頼みにくかったでしょうね。よく がんばった!

「プライベートの時間でもサイコーに会いたい」という気持ちが、加藤のなかで数パーセントは存在していても不思議ではありません。自分のなかでは 1,200% くらいに上昇している。

加藤には、「週刊少年ジャンプ」には描けないレベルドロリッとした暗い好意を抱き続けて欲しいと個人的には思う。かんたんに あきらめて欲しくないですね。もったいないじゃないか。

あきらめたら そこで婚期終了 だよ。

手塚賞に 出してもらった のに

まだ森屋が服部に原稿を見てもらっているとは意外でした。懲りないんだなー、森屋も。

「ジャンプ」と「スリー」との二足のわらじを履いている所は堅実ですね。

ただ森屋の場合は、いい加減に少年誌は あきらめて、青年誌でのデビューを目指したほうが良いと思う。または、ひたすら絵の修行だけに専念して、原作者を見つけてもらったほうが花開きそうです。


同じ雑誌に載っていても実際に顔を合わせる機会は ほとんどないから、こういったパーティにはサイコーもシュージンも積極的に出席したほうが良いでしょう。「福田組」ですら疎遠だし。

それに、新年会でエイジから刺激をもらったことが過去に何回もある。手塚賞のパーティには必ずエイジが来ると分かっているのだから、最初から参加するべきでしたね。加藤に感謝しても良いくらいです。


パーティー会場が帝国ホテルということで、こっそりとスイート・ルームを予約しておき、お酒の酔いが加速する的な お薬を用意する加藤の姿を思い浮かべました──なんて人はいませんか!? こらー(棒)。

[2] このページの一番上へ戻る