Anker High Precision Laser Gaming Mouse

death walks behind you ! 大きな相手にも──ひるまず立ち向かう

高機能・高性能な上に低価格のマウスです!

  • プロファイルを 2 つまで本体のメモリに記憶可能
    • 別の環境でも同じ設定が使える
  • 各ボタンにキーの割り当てマクロの実行が可能
  • 200~8,000dpi まで 200dpi 刻みで調整が可能
    • プロファイル 1 つごとに 4 種類の dpi を記憶
    • いつでも dpi 切り替えスイッチで dpi を変更できる
    • 縦・横で別の dpi を設定可能
  • USB のポーリング・レートを 125/250/500/1000Hz から選べる
  • すべてのボタンはマイクロ・スイッチを使用
    • 左右のクリックはオムロン製

──と Ankerのマウスは特長だらけですよ!
普段の PC の作業にもゲームにも最適な機能が盛り込まれていて、しかもスイッチ 1 つでプロファイル(設定)が切り替えられます

自分が購入を決めた時(2013/03/12 あたり)には、Amazon.co.jp ベストセラー: ゲーミングマウスで 1 位を飾っていました。そして 2013/03/17 現在は品切れになっている。
それだけの実力を秘めた逸品です!

遅延について

アマゾンのレビューでは遅延の報告が多いです。

自分には、まったく遅延を感じませんでした。これは「アバタもエクボ」ではなく、そして「買ってもらうための方便」でも ありません。
自分の場合は、「Eagle Eye Converter を使って PlayStation 3 の『ファークライ 3』をプレイする」という遅延だらけになって当然な はずの特殊な環境ですが、マウスの動きと画面の視点移動が完全に一致しています。

PC でも快適にマウス・ポインタが動いていますよ!
上下左右に素早く振っても・ゆっくり動かしても、手の動きと画面の動作は同じです。

それに、Anker マウスの遅延を問題にする人は、決まって「遅延がある(どやぁ」しか書いておらず、具体例が書かれていません(感?)。
それだと「もしかして: 気のせい」と思ってしまう。

縦・横の感度差

縦横の感度の違いを指摘していない点もまた、「Amazon レビュアらしい『するどさ』だなぁ」と知人の知人が言ってた。

Anker ゲーミング・マウスで正方形や円を描くように動かすと、画面上のマウス・ポインタは横長の長方形や長円の形で動きます。
お絵かきソフトを使って、「マウスを持った手の指で正方形をなぞる」方法で確かめてみました。
おそらく 16:9 の比率で横長に合わせてある
最初は違和感を覚えましたが、なるほど、PC の画面上は横への移動のほうが多くなります。この横長の設定のほうが、素早く移動ができますね!

どうしても正確な操作が必要な場合は、Anker マウスのドライバ・ソフトで設定しましょう。
DPI の設定画面で「Link XY」のチェックを外すと、縦と横で別々の DPI を設定できますよ!
たとえば、「X: 3600 / Y: 6400」に設定すれば、横長の DPI 設定が中和されます。

おわりに

FPS に最適のマウスですね!
Anker は初めてゲーム用のマウスを作ったそうですが、それで この完成度だから驚きです。
このメーカの実力が分かったため、もっと高級なモデルが出たら購入しようかな。ポーリング(/レポート/ リフレッシュ)・レートと dpi が 1 単位で設定できたり、プロファイルが 4 コくらい記憶できたら うれしいです!

分解した写真を含む次の記事も お読みください!

低価格高性能マウスの刺客?Anker High Precision Laser Gaming Mouse Review : rafalog 低価格高性能マウスの刺客?Anker High Precision Laser Gaming Mouse Review : rafalog

[2] このページの一番上へ戻る