バクマン。 #120-4 「ネットと顔」 賢い選択と亜城木夢叶 2 世

シェアする

『バクマン。』 120 ページ 「ネットと顔」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 11 号)

洗濯機
(これでは もはや──洗濯の余地はない)

作者の顔が 全然見えないところが、七峰作品の弱点です。服部が違和感を覚えたのは、ここでしょう。面白いマンガなのに、作者の個性が見えない

そういう視点から見てみると、「ジャンプ」で連載している人気マンガは、どれも「作者はこれが好きなんだろうな」がよく分かります。

でも、たとえば『ONE PIECE』の作者は、「『ドラゴンボール』(というか鳥山明)が好き!」だけでは終わっていない。この 2 作品を似ているとは、誰も思わないでしょう。強烈な個性があふれ出ているからです。

決めてください

1 ページ前までは「何神ライトだよ!」という顔芸を披露した七峰透でした。ここでは、たんなるホストになっている。キザすぎますよね。キャバクラ嬢(小杉)を口説いているみたい。


さて、小杉の決断は、間違っているのでしょうか──。

「ベストではないけれど仕方がない」と自分は思う。

まず、最悪なのは、七峰が他誌に移ることです。彼なら本当に実行しかねない。ただし、その前に編集長をおどしそうですけどね。

最高なのは、判定人などいなくても七峰が面白いマンガを描けることですが──、現時点ではむずかしい。──たぶん、この「七峰編」のラストでその道が示されるでしょうね。

それならば、(すくなくとも『バクマン。』の世界では)誰も試したことがない「50 人の 判定人法」を実践してみる価値はあるかと思います。新しいことにチャレンジせずに、新しいマンガを描こうとするのは、いかがなものか。

人類の至宝であるアルベルト・アインシュタインは、こう言いました:

同じ事を繰り返し行い、違う結果を期待することは正気の沙汰ではない

アインシュタイン氏から学べる10の「力がみなぎる方程式」:Garbagenews.com

絵上手い方でした

七峰の才能を語るときに忘れてはならないのは、彼は絵が上手だということです。新妻エイジも、雄二郎にそう話している。「判定人法」を非難する人でも、七峰の画力だけは認めるしかない。

だから、七峰のやり方に問題が出てきても、作画担当者として彼はやっていけるんですよね。──正直なところ、チートくさいキャラだなぁ──と思いました。なんとなく、七峰は「同人っぽい絵柄」が似合いそうなのに。


ほかの編集者とマンガ家は一線を画する以上の距離を感じます。亜城木夢叶と服部も、あれだけ長い付き合いなのに、ものすごく事務的な接し方をしている。普通の会社で働いている上司と部下のほうがフレンドリィですよね。

ところが、アフロだけはマンガ家との距離が近い。この場面のエイジとのやり取りなんて、マンガ家仲間みたいな感じです。

エイジは、意外と初めから社交的で立場をわきまえる人物でした(誰を「先生」と呼ぶかをキッチリ決めている)。そのため、アフロのことは うっとうしいと思っていたりして……。作画中に話しかけられたくないだろうし。

第 2 の 亜城木夢叶…

このページは最高ですね! 亜城木夢叶 2 世と呼んで七峰のことを持ち上げていると思わせて、たたき落とす。エイジにしては珍しい批判の仕方でした。

そう、エイジの言うとおり 2 世が元祖 超えたら 面白いけれど、たいていは二番煎じで終わります。柳の下や切り株に、ドジョウやウサギは何匹もいません。

ルパン三世, バビル 2 世:
「……」

──まぁ、例外はあるか……。


ところで、エイジが言った見たこと ないんだから 当たり前というのは、ちょっとしたギャグだったと思います。それなのに、モサモサ頭は普通に受け取っている。エイジも、内心はあきれているのでは?

早いですね…

「蒼樹紅をまわす」とか、「蒼樹はキツい」(何が?)とか、ナニを言っているんだ……(ゴクリ……)とか思っただろう! キミタチ!!


亜城木の 2 人が七峰のことを黙っているのは、すこし問題でしょう。でも、ここで 2 人が服部に告げ口をするのでは、陰湿に感じる。現在の連載では勝ち目がない──と新連載の立ち上げを目指すのも消極的です。

正々堂々と責任持って 「PCP」で潰そうと決意する 2 人は格好いい! 描く作品は邪道ばかりなのに、王道マンガの主人公みたいなコンビです。やはり、こうでなくっちゃ!

コメント

  1. 永空 より:

    小杉は七峰に屈せず、ありのままを編集長に伝えればよかったと思いますけどね。
    成功にはなりませんが、七峰のやっていることを編集長に伝えた上なら彼が他誌に移ったとしても小杉が責任を取らされるようなことにはなりませんし。
    あと、判定人の中には元漫画家や編集者がいるという話ですが、
    結局今その仕事をやっていないということは実力がなかったということだと思いますし、
    本当に人気の取れるような漫画家はこんな「お遊び」に参加するとも思えません。
    漫画を描くことの大変さを知っている人が七峰に力を貸すとは思えないんですよね・・・。

  2. asiamoth より:

    あ、そうそう、当然すぎて書き忘れましたが、
    「編集長が認めるかどうか」がすべてなんですよね。
    永空さんがおっしゃるように小杉が編集長へ伝えて、
    「その方法──アリだ! 存分にやりたまえ!!!1」
    とか判断されたら、個人的には面白かった。
    ──まぁ、ないか。
    やっぱり、七峰に協力ができるのは、
    「元」プロだからでしょうね。
    夢破れて「ジャンプ」あり──。
    「お遊び」でも人気を獲りたい・雑誌を変えたい
    という気持ちは分かるけれど、
    できれば自分自身の力で挑戦して欲しい。
    どう考えても七峰の大失敗で幕を下ろしそうな
    「七峰編」ですが、かつての夜神月のように
    起死回生の一手が見たいところです!
    (腕時計の中に切り札──編集長の恥ずかしい写真が
    隠してあったりして)

  3. 永空 より:

    Wikiでラッキーマンについて調べてたら、
    連載中期からサブキャラは読者公募してたりとか、
    雑誌掲載時に左右の余白に読者からよせられたアンラッキー話を載せてたりとかしてたようで、
    ラッキーマンの作者は、バグマンの中のキャラクターが考えているようなことを、その当時からいろいろ考えてて、
    漫画をより面白くする方法とかさぐってたんだなぁと思いました。
    きっと、バグマンの作者もラッキーマンの作者同様のことを、
    漫画のネタとしてではなく、現実の漫画連載について
    こうすればいいんじゃないかってのをいっぱい考えてるんでしょうね。

  4. asiamoth より:

    おお、そう言えば『ラッキーマン』は面白かった!
    また再読しなきゃいけませんなー。
    まぁ、『バクマン。』の大場つぐみさんと
    ガモウひろしさんは、まっっったく関係がないけれど、
    同じようなことを考えていたんですね。
    マンガ業界を本気で面白くしようとする人が、
    もっと増えると良いなぁ……。