• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『ZOKU』

「正義と悪」というのはありがちな、作家にとっては書きやすい構図です。

しかし、最近の風潮では「悪になったのには事情がある」とか「絶対的な正義、完全な悪などいない」という方向で、リアリティを出している作品が増えていますよね。(だからこそ今週の『ネウロ』は面白かったなー、というのはまた別の話)

さて、森博嗣氏が「正義と悪」という、ありがチックなテーマにどう挑むのか、というと、なんと、

「正義と悪戯(いたずら)」

という、何とも笑える状況を創り出してしまいました。

『ZOKU』は森作品の中でも、ライトノベルに近い、かなり読みやすい一冊です。「森ミステリィからミステリィを引いた感じ」でしょうか(答えは森、という意味ではない)。

正義の組織と悪戯の組織

悪、ではなく悪戯の組織・ZOKU(ゾク)は、犯罪にならないギリギリの線をついて、人騒がせな悪戯を行う。そこを正義の組織・TAI(タイ)が捕まえたり未然に防ごうとするのですが──、

どう見ても、どっちもそんなには真面目にやっていない。

そんなことより、恋愛に力を入れたり、「この企業に就職して良かったのか」と考えたりする。──そう、悪戯の組織って、就職して入れる会社だったりするところが面白い。

いちおうは、それぞれの組織の存在理由などが語られるのですが、あんまり肩に力に読める話です。

しかし、最後に背筋がゾクッと来る(洒落ではない)謎が書かれているのが、森作品らしいですね。

笑えるところ

森ミステリィでも笑えるシーンが多いですが、『ZOKU』とは比べものになりませんね。

たとえばこんな感じ。

小さなテーブルを囲んで、木曽川、揖斐、永良の三人が向かい合っている。世に言う、三川(さんせん)合流であるが、こんなローカルな話題は以後慎んだ方がよいだろう。

『ZOKU』 p.45

主人公(の一人)・揖斐純弥(いびじゅんや)とヒロイン・永良野乃(ながらのの)の会話は、掛け合い漫才のよう。

「(……)科目は何が得意だった?」

「私は何でもオッケイ。不得意なものは、なし。全方向型ってやつ」

「指向性ゼロなんだ」

「なんで、思考性がゼロなわけ ?」

『ZOKU』 p.71

犀川先生と萌絵の会話を思い出しますね。実際、二人の関係、距離感が似ています。

山本なんとかというマンガ家

とくに面白かったのが、この場面。

野乃が、ある作戦を実行するために、揖斐を説得したけど反対される。そこで、野乃は脅迫まがいの行動に出ます。ある秘密をばらす、と。その秘密というのが──。

「山本なんとかっていう漫画家の本、全部買っているんでしょう?」

(……)

「いや、あれは別にいやらしくもなんともなくて、その、芸術というか、もう、カリスマ的なアーティストで……」

『ZOKU』 p.175

しどろもどろになって言い訳をする揖斐が面白い。

さて、その「山本なんとか」さん。コアな森ファンだったらピンと来ると思いますが、この方で間違いないでしょう。

山本直樹 - Wikipedia

「山本なんとか」さんが山本直樹氏、というのは根拠があって、書籍化された森博嗣さんの日記、『毎日は笑わない工学博士たち』に二人の交流が書かれています。その様子をマンガに描いたのも山本直樹氏。森さんはマンガ会でも凄かったようです。

毎日は笑わない工学博士たち

「山本直樹」でピンと来なくて、「森山 塔」とか「塔山 森」でわかったアナタ! ……(アナタの肩を叩いて何度もうなずく動作)

「フランスへ行きたしと思えども フランスはあまりにも遠し せめては フランス書院で森山塔をそろえている自分」

[2] このページの一番上へ戻る