• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

ダークナイト

本作のテーマのひとつは「二者択一」でしょう。「究極の二択」な場面がいくつも出てきます。

タイトルからして「暗黒の騎士」なので、自然に対の「光の騎士」を想像する。それがジョーカーではない、というひねりが利いているのも良いです。暗黒を取るか光を選ぶか──、それを仕向けるのがジョーカー、という構図が面白い。

もうひとつの題目は「二面性」。主要キャラクタはみんな、裏と表を持った人物に見えます。はっきり言うと、「腹黒そう」。──お金持ちが多いので、ひがみが入っているのかも。前回の感想からも、そのひがみが感じられます。

『ダークナイト』 バットマン対ジョーカー、だけではない : 亜細亜ノ蛾

主役のバットマンからして、昼間は大企業の会長という顔を持っている。それだけではなく、カモフラージュのためにプレイボーイみたいに振る舞う──のだけれど、あまりにも板についているな、と思ったしだい。ヒロインが彼を選ばなかったのは、本当にバットマンをやめないからか? と疑う余地がありますな。

「二者択一」と「二面性」を最もよく表しているのが、トゥーフェイス(二つの顔)。相手を殺すかどうかをコインの裏表で決めたり、以前の彼からは考えられないほど復讐心を燃やしたり……。

市民たち、そしてバットマンが下す決断には「最良の選択」と言えないものもあり、それが作品の良さにつながっている、という奇妙な映画でした。

photo
ダークナイト 特別版 [DVD]
クリスチャン・ベール, マイケル・ケイン, ヒース・レジャー, ゲーリー・オールドマン, クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-12-10

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】 [DVD] ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン [DVD] ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD] インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD] ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

by G-Tools , 2008/12/09

ジョーカーの審判

ジョーカーはバットマンとゴッサムシティの市民に、さまざまな二択を突きつけます。

その中でも興味深かったのが、2 つのフェリィの場面。どちらの船にも爆弾が仕掛けられ、爆破スイッチはそれぞれ相手のフェリィに置いてあります。スイッチを置いた船だけが助かる、という状況……。

片方には一般市民、もう片方には囚人。──はたして、相手の船を爆破して助かるのは、どちら?

映画的には、十分に結果の想像がつくところですが、見せ方がうまい。自分が乗客だったら──、そう思わせるだけの説得力がありました。

そう、何度も出てくる二択に、だんだんと観客も巻き込まれていくような錯覚。「もしも自分がここにいたら」──と。

それにしても、『SAW』のジグソウと違って、強い目的があって二者択一を迫っているわけではない、というのがジョーカーの恐ろしいところです。

"saw"タグ: 亜細亜ノ蛾

最後の二択

映画のラストで、バットマンは 2 つの決断をします。

まず、ジョーカーに勝ったとして、彼をどうするのか。

そして、ゴッサムシティのためにどう動くのか。

2 つとも、つらい選択でした。それに、ベストの判断だったのか、いまでも分かりません。

自分がバットマンだったら、別の行動を起こしたと思う。ただ、彼と同様に、いくらか後悔したでしょう。

まとめ

ヒーローものがどこか空虚さを感じるのは、英雄たちが自分──観客とはかけ離れた存在だからだ。ただ、観客が日常を離れて酔うためには、ある程度の空々しさが必要だ。

『ダークナイト』は、その現実感のなさを徹底的に消している。ひょっとしたら、ジョーカーやトゥーフェイスが、どこかをさまよっているかも──。

しかし、「金持ち喧嘩する」なバットマンが現れるかどうか、疑問だ。金があるなら、私設部隊を作るだろう。会社の金を武器の制作に回すよりは現実的だ。

そのような細かい疑問を「エンタテインメントだから」という理由だけで逃げず、ぎりぎり現実味を感じさせ、なおかつ極上の娯楽性を持たせる──。

リピータが多い、という話も納得できます。自分も、もう一度劇場で見たいと思います。

──あ、そうそう。本作には「いくらでも深読みができる」という批評が多いです。しかし、「あの記号の意味は?」とか、「あの人物が言った暗号の答え」とか、もっと直接的に言うと「エヴァ的な謎」みたいに本筋の外にあるのではない。物語そのもの、人生そのものに関わるような部分で深く見られる、というのが素晴らしい。

トゥーフェイスに語ったとおり、ジョーカーがまったくの「考えなし」で犯行を行っていた──わけではないのは見て分かる(よね?)。では、彼は本当に「世界が燃えるのを見て喜ぶ男」なのか──?

バットマンがこの映画のあと、どんな道を歩くのか、想像するのも楽しいです。いや、それは苦難の道か……。

[2] このページの一番上へ戻る