• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

バクマン。 1 ページ『夢と現実』 (週刊少年ジャンプ 2008 年 37・38 合併号)

あの『DEATH NOTE』のコンビ、原作: 大場つぐみ・作画: 小畑健がジャンプ誌上に帰ってきた!

新作・『バクマン。』のテーマは、マンガ

しかも、主人公の 2 人 が原作と作画に分かれてマンガ家を目指すという──。

そう、どう見ても、作者たちの姿を反映させたメタなストーリィ。

「マンガのマンガ」って、島本和彦の『吼えろペン』くらいしか面白かった記憶がないのと、メタなマンガは外れが多いこと、それに、大昔に「作者が登場したらそのマンガは終わり」と誰かが言っていた(矢野健太郎だったかなー)ことを考え合わせると──

──非常に先行きが不安です。

絵柄が『DEATH NOTE』からかなり変わっているところも、好き嫌いが別れそう。

それと、うっかり数日前に読んだ下のマンガに、なんとなく雰囲気が似ている(笑)。「お前はもうデキル漫画家スタイルを身につけたか?」

暇人\(^o^)/速報 弟に届いたチャレンジの漫画の内容が酷い

実際に第 1 話(「1 ページ」と表記)を読んでみると──

──面白い! これは面白いぞ !!

「少年がマンガ家を目指すマンガ」という、けっこうありがちな食材でも、シェフの腕でこれほどの料理に化けるのか──! まだオードブルどころか食前酒の段階ですが、これからが楽しみです。

これなら、10 週でつきぬけろ! にならない──かも(余談だけどキユ先生の出身地ってオレの住んでいる市なのか!)。

主人公の 2 人

主人公は中学生の男子 2 人。ヒロインが 1 人。

マンガ家のおじがいて絵がうまい真城最高(ましろ もりたか)が、「一番後ろの席だから」クラスのことが把握できると言う高木秋人(たかぎ あきと)に「俺と組んでマンガ家になってくれ」と誘われるところから、本格的に話が始まります。

そこまでの真城の描写は、はっきり言って魅力的ではありません。ただ世間に流され、ふつうに会社員になり、恋愛も絵空事に感じる──。イマドキの中学 3 年生。

高木も、「儲(もう)かるから」マンガ家になる夢を持っているという、まぁ、ごく普通の中学生的思考。

その 2 人が組んで、

「マンガ王に俺(たち)はなる !!」

というのだから、「中二病乙 wwwww」としか言いようがない(ちなみに、マンガ王うんぬんの描写はないよ)。しかし──、『デスノ』第 1 話を読んで、「ノート一冊で世界を変える」ことを同じように笑った人も多いのでは?

さらに、初めは乗り気じゃなかった真城が、マンガ家になる決心をした「きっかけ」もまた、中学生らしい。

そのきっかけは、ヒロインの亜豆美保(あずき みほ)が関係するのですが──、まぁ、あとは読んでのお楽しみ。

それにしても、亜豆がメチャメチャかわいい! というか、女の子をこういう風にも描けるのか、と改めて小畑先生の画力を見せつけられましたね。一部、「それなんて erg?」という感じですが……。

パロディ

真城が、冒頭で毎日に退屈しているシーンを見て、『DEATH NOTE』を思い出した人も多いと思います。しかし、作者のほうが上手だった……。

真城が忘れたノートを高木が取り上げ、

そんな深刻な顔するなよ デスノートって訳じゃないだろ

と聞くのです。そのあとも 2 人はこんな会話を続けます。

「デスノート」の原作の人だって どこかで書いてたぜ 何か仕事しないと 5 年後には飢えて死にますって

へー 意外だな あー でもあれ わりと 短かったもんな

──ちくしょー! 第 1 話からやりたい放題か!(満面の笑みを浮かべながら)

『デスノ』いじりネタ、ってネットでさんざん見てきましたが、「中の人」にやられるとは思わなかった……!

だがしかし! 「大場つぐみってガモウひろしらしいよ」「へー、○○じゃなくて?」とか、そこまで攻め込んで欲しい……! 「ワシの大場つぐみは 108 式まであるぞ」とか(複数人説)。

だから、

日本一のマンガ家になろう

日本一は無理だ この少子化の時代 今更(いまさら) ドラゴンボールやワンピースは越せない

などと言わないでください……(言ったのは作者ではないけど)。

まとめ

『デスノ』終了後に小畑さん作画の読み切りがいくつか乗りましたが、すべて面白かったです(『ラルΩグラド』? なんのことです?)。

そこでいま、「読み切りと『バクマン。』全話でコミック 1 冊を作るのでは?」と電波を受信しましたが、自分のセンサが壊れているのでしょう(あるいは感度が高すぎた?)。

いまのジャンプって、メインターゲットのはずである「少年」に向けたマンガが少ないです。高校生くらいか「元・少年」向けばかり。

そんな中、「中学生らしい夢」に向かう本作の主人公の姿は清々しい。ワクワクする。『バクマン。』が、これからどんどん面白くなることを期待しています。

[2] このページの一番上へ戻る