• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.281『神速』 (週刊少年ジャンプ 2008 年 45 号)

その昔、週刊少年ジャンプ誌上で同じ週に『DEATH NOTE』と『HUNTER×HUNTER』が掲載されていた。何というぜいたく! その 2 作品だけ切り取って、定価の 9 割を払ってもいいくらいだ。同じ作者たちの作品を、ジャンプでまた読める日が来るとは……。

『ハンター』の魅力は、「不安定さ」だと思う。絶対にこうなる──と先を読めない。「主人公は絶対的な善である」という少年マンガのお約束もゆらいでいる。今回の内容も、単純に前の続き──と読み流せるような内容ではなかった。

今回は、モントゥトゥユピー戦に乱入してきたキルアと新技(?)を中心に、感想を書いてみる。

神速(カンムル)で八つ当たり

「落雷(ナルカミ)」でユピーの動きを止めたキルアは、なぜか八つ当たりをする。

なぜキルアが怒っているのか、初めは分からなかった。少し考えてみると──たぶん、ゴンに「関係ないからっ」と言われたからだろう。これだけ読むと、「カレシにヒドいことを言われて怒るカノジョ」みたいだな……。的外れでもなかったりして(ボソッ)。

新しい技?

新技のように見える「神速(カンムル)」は、オロソ戦でも使っていた技だ。ただし、あのときは「疾風迅雷(しっぷうじんらい)」という技のようである。ネットでよく聞く「脊髄反射」というか、格闘ゲームの当て身投げが近い。

当て身投げ/当て身返しの歴史 - うさだBlog / ls@usada's Workshop

ユピーに使った技は「雷光石化(らいこうせっか)」という。こちらは、電気を利用してキルアお得意の「肉体を操作する」ものだ。『サイボーグ009』の加速装置や DOOM 3 の Mod に出てくる装備のように、「自身が加速して周りがゆっくりに見える」といった効果はないようだ。あくまでも、肉体を加速させるだけである。それでも、いままで出てきた念能力の中で、トップクラスの強さだ。

「神速」はあまりにも強力な技のため、なんらかの制限がありそうだ。反動で筋肉痛になったり、使いすぎて肉体がボロボロになったりするのだろうか。──「髪が傷む」だったりして(「女性化する」とも考えたが、書くのはやめておこう)。

技名について

ところで、キルアの技名は「雷掌(イズツシ)」「落雷(ナルカミ)」「神速(カンムル)」と、かなり独特な語感だ。てっきり、語源はアイヌ語あたりと思っていたが、いまだにネットで正確な情報を見かけない。完全なる作者の造語だろうか。なんとなく、ナコルルの技を思い出す。「アペフチ カムイ リムセ」(通称: ぬのぬのぬの~ん)などがいまだに忘れられない、「ゲーメスト」世代だ。

ナコルル - Wikipedia

疾走するナックル

今回のナックルは、かなり謎の行動をする。暴走しているとしか思えない。

ユピーに一発──どころか 8 発も攻撃を入れたことに満足して、戦線離脱する。かつてのゴンがネテロ会長に言われたように「趣旨かわっとるがな」(『ハンター×ハンター (No.2) (ジャンプ・コミックス)』)。

さらに、「シュートを病院へ連れて行かねーと !!」と心の中で叫んでいる。ついさっきまで、シュートはそれほど長くは持たないと見ていたはずだが……。なにより、「天上不知唯我独損(ハコワレ)」の貸しをせっかく貯めたのに、ポットクリンの利息アップは、対象者がナックルから100メートル以上離れると中断されることを忘れているのだろうか。

HUNTER×HUNTERの能力・技 - Wikipedia

失踪するシュート

──ここで、自分の大胆な仮説を書こう。これって、花畑見えたナックルは、人生観が変わってしまったのでは? スピリチュアルな方面へ目覚めた、とか……。「世界より大事なものがあるんです !!」という考えが大きくなり、戦いよりも「シュートやモラウと仲良く暮らす」ことを優先するようになった、とか……。

だが、シュートはいなくなっている。自らの意志で移動したのか、それとも連れ去られたのか。いずれにせよ、やはりユピーから 100m 以上は離れてシュートを探すことになりそうだ。

ユピーやナックルは、宮殿での戦いからキャラが固まってきた感じがする。ユピーは知的になり、ナックルは走ってばかりいる。もちろん、走って逃げなければ瞬殺されてしまうくらい、ユピーが強いからだが。

迷うモラウ

シャウアプフとモラウの戦いは静かに続いている。いや、モラウの気付かぬうちに、すでに終わっているのか……。息詰まるというよりも、行き詰まる戦いだ。

少し疑問なのが、プフがサナギの状態から変形途中である──とモラウが信じ切っていること。自分の「監獄ロック(スモーキージェイル)」に絶対的な自信を持っているため、逃げられる心配はしていない。しかし、たとえばノヴの「4次元マンション(ハイドアンドシーク)」みたいな瞬間移動系の技と考えることもできるはずだ。

もちろん、読者はプフの「状態」を知っている。モラウが推測する生物の体(てい)を成していないという推測は、じつは当たっているのだ。しかし、全く無防備の状態かは分からない。殻(から)には、本当にワナがあるのかも。「それは考えすぎだ」とは誰も言えない。そういう作品と作者だからこそ、いつまでも目が離せない。

まとめ

いつもの文章量と比べて、書きすぎた。ゴンとピトーの会話やシュートの行方の予想など、まだまだ書き足りない。まぁ、「腹分目」でガマンしておこう。

ちなみに、唐突に「ナコルル」が出てきたのは、「ナックル」との語感を絡めたネタを考えたからだが、あんまり面白くなかったので封印した。

[2] このページの一番上へ戻る