Braun ポケットシェーバー BS575

ブラウンの携帯型シェーバ(電動ひげそり機)を購入した。オトコゴコロをくすぐるギミックや肝心の剃り味扱いやすさに感動したので紹介する。

詳しくは Amazon で拡大写真やレビューを確認いただきたい。もちろん、上のリンクから購入して ゆっくり試してみるか、あるいは買うだけでも誰かが幸せになるだろう。

ブラウン社のサイト内からは、商品の詳細情報や ほかの製品との比較・取扱説明書のダウンロードもできる。参考にご覧いただきたい。

ブラウン ポケット シェーバー

ここから先は、上に挙げた 3 つのポイントを詳しく見てみよう。

ギミック

非常によく考えて作られている。さすがはシェーバ一筋ウン十年のブラウン──と思って公式サイトを見たら、キッチンツールも作っていた。てへ。それはともかくとして──。

写真を見ると、なにやら左右対称の形をしている。この傾いている部分が刃なのか、と思いきや、この部分はカバーである。携帯時に動作しないようにロックがかかっており、カバーを 180 度回転させると解除される(モータ音がカバンの中で鳴り続けるのは、在らぬ疑いをかけられるから、ありがたい)。

このカバー兼ロック解除の仕組みが、まず気に入った。旅行の際に大活躍することは間違いない。旅行は嫌いだし、一緒に行く相手もいないが、ささいな問題である。

本体の下の面には、掃除用のブラシが取り付けられている。これも良い。すぐに取り出してヒゲくずを払い落とし、また付け直す──この一連の動作が素早くできる。慣れてくれば 0.02 秒くらいで終わるだろう(スーパーなんとか人や念能力者・瞬歩を使う死神などは)。

そり味

カミソリよりも良く剃れる。──しかし、これは自分が「不器用ですから」なのが原因かもしれないが……。

自分はヒゲが濃い方だと思う。学歴も文才もコミュニケーション(愛され力)も、何一つ敵わないココロ社さんに、自分が肩を並べられるのが、ヒゲの濃さだけである。これだけは、負けへんで~。

今までは、T 字型カミソリでウェットシェービング──としゃれ込んでいた。まず、準備に時間がかかる。シェーブフォームの用意などを含めると 10 分間は必要だった。それに、そり終わったあとに よく肌がヒリヒリしていた。近くに強敵がいるのを察知した、わけではない。

本機でヒゲを剃ると、後片付けも合わせて 5 分ほどで終わる。剃ったあとの肌も なめらかだ。手触りがよい。

──ただ、「やっぱり、毛穴は残るのだな」と当たり前のことが目の前に突きつけられた。これ以上は、永久脱毛するかメイクするか──という話になってくるので、捨て置く。まぁ、そこまで自分のひげそりあとを気にする人は いないと思うし。

ここだけの話、首振りヘッドとか何枚刃とかは、不要だと思う。おそらく、そういった仕組みが必要な人は、顔面が 3 次元では表現できないような面構成をしているか、アゴや首が 3 つくらいあるのだろう。自分が、ふつうのハンサムフェイスで良かった(自宅の鏡の中でだけ)。

扱いやすさ

初めて使うときは、そのギミックなどにいちいち驚いた。2 回目からは、すぐに慣れる。手早くシェービングとクリーニングが終わるのが良い。

ふつうに手軽に使える。これが最強。

ブラウン モーニングレポート

ブラウンと言えば、「朝、剃ってきたんですが……」の CM だろう。

1981 Braun Micron5000

1.jpg2.jpg3.jpg

Powered by TubeFire.com - id=0C4rcDF-kME

いつの間にか、その CM 形式が復活していたようだ。テレビ見ない人(笑)なので、知らなかった。残念ながら、こちらの動画は見つからなかった。各自、脳内で補完して欲しい(ふだんから鍛えているので得意なことと思う)。

ブラウン 新CM情報: Braun

昔は、この CM が本当に素人へ体験してもらったかどうか、いろいろなウワサが流れた。のどかな時代である。いま、CM を見て「ホントにふつうの人に聞いたのか」と思う人は、ちょっと、ヤバい。最近、「身内」からの電話を聞いてお金を振り込んでいないか、水からの声に耳を傾けていないか、思い出してみよう(たぶん、それすら思い出せない人もいるのだろう)。

[2] このページの一番上へ戻る