• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 136 ページ 「伸びしろと対抗策」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 28 号)

A cat and his prey
(彼が無実であるという証拠は──ない)

「ギャグマンガでは 1 位を獲れない」という話が出てきました。今も昔も、それは同じなのでしょうか。『ドラゴンボール』の大ヒット以前にも、「王道バトル・マンガ」だけが人気だった──とは思えません。

たとえば、『ドラゴンボール』と同じ作者の『Dr.スランプ』は、かなり人気があったのでは?

過去に港浦が持ってきたデータによると、笑いの方の 1 番は、『キン肉マン』らしい(『バクマン。 (7)』 p.145)。あの作品の人気が「笑い」の部分にあったとは思えないし、ギャグが主体でもないから、「ギャグマンガで一番人気」とは言えないけれど。

まじかる☆タルるートくん』の作者によると、本誌のアンケートでは「いつも 2 番」で、その理由は「『ドラゴンボール』が 1 位を獲り続けたから」だそうです。

このように、いくつかの事例を思いつくままに並べてみると、ギャグが 1 番になれるかどうかは、「その時の連載陣による」という結論になるでしょう。あとは、作者の力だけです。

吉田や平丸が目指すところとは違うけれど、『僕には通じない』もギャグ路線のまま頂点を狙って欲しかった──かも。

抜いてみせます

いつになく熱くなっている高浜昇陽と、いつもどおり暑苦しい港浦編集の 2 人によって、地球温暖化が加速中なう──です(?)。

「打倒・亜城木夢叶」という高浜の目標は知っていましたが──、新妻エイジの上も狙っていたのか! さすが、野心家の高浜ですね。

『PCP』のピッタリうしろには、けっこう前から『正義の三肩』が張り付いていました。たしかにこの位置であれば、「師匠越え」だけではなく「トップ狩り」を目指す高浜の気持ちも分かる。そりゃ、熱くもなりますね。

『三肩』が、アニメではなくドラマになったのは、今後の高浜にとって最良の結果でしょう。テレビドラマのほうが、「普段はマンガを読まない人たち」も含めて、多くの一般人を巻き込める。

「高浜昇陽を応援する人が増えることを祈る親交会」会員としては、彼の成長が本当にうれしい。みなさんも、(初期・山岡士郎みたいな)高浜の第一印象は忘れて、「かげながらひっそりと」応援しましょう!(堂々としろよ)

弁護人も お手上げか…

港浦は、絶妙なタイミングで合いの手を入れてくれるから、相手がとても話しやすい。彼は、人をその気にさせることが上手ですね。──ちょっと、調子が良すぎるけれど。

しかし高浜は、港浦の「おだて」には乗せられない。この点は亜城木と同じで、師匠ゆずりの冷静さです。ジャージ姿がサマになっているところも、シュージンっぽい。


『三肩』は、「裁判バトル」のマンガです。前作の『BB ケンイチ』と同様に、「職業マンガ」という一面を描きながらも、心理戦が中心になっている。

これはつまり、シュージンが描きたかった「邪道バトル」そのものですね。亜城木コンビは、いつものように弟子のマンガをまっっっっったく意識していないけれど、高浜のほうが先を行っている。

バトル・マンガは、これからも頭脳戦がメインになっていくでしょう。「強い能力を持っている者」が性能の差だけで勝つような話は、すぐに飽きられます。

──と言い切れないところが、「ジャンプ」マジックなんだよなぁ。いつまでも同じような戦いが続いている、ような……。

プロの あるべき姿

新妻エイジの『CROW』は、「大人気マンガでも、作者の意志を尊重して終了できる」という前例を作りました。『バクマン。』の世界だけの話なのか、現実でもあったことなのか、知りませんが……。

『走れ! 大発タント』も、『CROW』とは順位が大違いとはいえ、亜城木夢叶の都合でやめました。それなりの覚悟があれば、連載を終えることも可能なのですね。

平丸一也が、以上の前例を見て、自分の連載をやめたくなるのは当然でしょう。『僕通』も、終わらせたい気持ちが本気であれば、終了できるはずです。

──とはいえ、いまの生活を維持したまま、一生を遊んで暮らせるほどの貯金──は残っていないようなので、吉田氏に泣きついて新連載を始めると思うケド。

それが、平丸の人生だ。

ギャグにしか 見えんのだ !!

平丸が中井から絵を教わるという展開は、以前から予想していました(エッヘン!)。「数打ちゃ当たる」方式で予測していた甲斐があったぜ……!

中井から絵を習う平丸──という展開があったら、それはそれで面白そう。「こんな基本的なことも知らずに 連載をしていたのか」と中井が驚いたりして。

バクマン。 #129-4 「青春と末路」 酒飲みと小遣い : 亜細亜ノ蛾

ネガティブな気持ちになっただけで、アイデアが泉のように湧いてくるなんて、プロの作家なら誰もが欲しがる才能でしょうね。

そんなレアな能力の持ち主なのに、画力まで身につけたら──、平丸がエイジに追いつける可能性が出てきました。天才同士の対決も見てみたいです。

冒険するより 今の順位を

蒼樹紅が描く『神様がくれた…』の読み切りは、「恋愛読切祭」に出した作品の 1 位で、本誌の中でも 2 位でした。だから、十分にトップを狙える──と思っていたのですが……。

編集部や「福田組」を覆っている空気に流されず、作家と作品を守った山久は偉い。以前の山久なら、「では お色気要素をもう少し──」などと言い出しそうです。

蒼樹も、昔だったらムキになってテコ入れをして──、そして失敗していたかもしれません。この 2 人は、本当に良いコンビになりましたね。

服部と岩瀬も、こうなったら良かったのに……。

無理にとは 言わないぞ

平丸が「お子ちゃま」で、蒼樹が助かった──という場面のように見えます。しかし、もうそろそろ、2 人の信頼関係も深まっている。ほかの要求のほうが良かったでしょうね。

蒼樹からしたら、せめて「ちゅー」くらいは してほしかったのでは? そこまで行かなくても、また「1 日デート」でもいい。デートの時に、蒼樹紅は本当に うれしそうでしたからね。

サイコーと亜豆・平丸と蒼樹の 2 カップルは、年齢の層が違うのに、恋愛の進行具合が同じレベルだという……。

恋愛経験値が)中高生の読者には安心だけれど、もうちょっと深い関係になっても良いと思う。まぁ、そうなると、少年誌では描けないか。


何でも願いを ひとつ 叶えてくれる──と言えば、『魔法少女まどか☆マギカ』ですね! このサイトでも別ブログでも、『まど☆マギ』ネタは山ほど取り上げています。お手すきの時に、ぜひどうぞ!

[2] このページの一番上へ戻る