OLYMPUS PEN E-P3

オリンパスペンD
(PEN はペンよりも──速し)

オリンパスのペン・シリーズに、新しく E-P3 が登場します! おもな特徴は、下のリストをご覧ください。

デザインは OLYMPUS PEN E-P1 から あまり変わっていないのに、中身は最先端の技術が満載されている。フラッシュ(ストロボ)が内蔵され、ピント合わせが超・高速になりました。いつでも・どこでも撮影を楽しめるカメラですね!

発売日は 2011 年 7 月 22 日 (金)です。ご予約・ご購入は、下のリンクからどうぞー。

カラー・バリエーション

ボディ・カラーを 3 色から選ぶ楽しみが、E-P3 には あります。「黒一色」しか選べない一般的なデジタル一眼カメラとは、大きく異なるところですね。

高速オート・フォーカス

オリンパスが世界最速と自称する E-P3 のオート・フォーカスは、本当に速いのか──。デジカメinfo に 興味深い記事が載っていました。

オリンパスE-P3のAFはE-P2よりも2倍近く速い - デジカメinfo

表題のとおり、E-P3 の AF 速度は、前のモデルである OLYMPUS PEN E-P2 を圧倒する速度になっています!

さらには、プロ仕様のカメラ・Nikon D3X と比べても、いくつかのレンズで AF の速度は E-P3 のほうが上回っている!!


特別なレンズを用意しなくても、この高速さを味わえるところが、個人的には 1 番のポイントだと思います。下の引用文をお読みください。

このテストを見る限りでは、"R"の付いていない旧型ズームやパナソニックのレンズでもAFは同じように高速化されるようです。どうやら、E-P3の"FAST AF"のために現行型のレンズを買い控える必要はなさそうですね。

オリンパスE-P3のAFはE-P2よりも2倍近く速い - デジカメinfo

マイクロフォーサーズの未来にとって、この事実は最重要の項目になりそうです。なぜなら、オリンパスもパナソニックも、もっともっと高速なカメラ・レンズを作り出せる可能性が高いから──。


記事の原文は、下記の英語サイトです:

PEKKA POTKA: Olympus E-P3: AF speed and responsiveness

確実な進化

初代の OLYMPUS PEN E-P1 を連れて「お写歩(おしゃんぽ)」に出かけた時には、持っているだけで楽しくなってくるカメラ──という印象が強かったです。面白かったなー。

OLYMPUS PEN E-P1 -軽快な撮影も重厚な作品作りも楽しめるカメラ : 亜細亜ノ蛾

もともと「ゆっくり・じっくり撮る」タイプの自分なので、E-P1 はオート・フォーカスを補助的に使い、ほぼマニュアル・フォーカスで撮影しました。ゆったりとしたスロー・ライフな撮り方の似合うカメラでしたね。

ところが、E-P3 の AF は、プロが使うカメラと同じくらいに速い。これなら、街なかでスナップ・ショットを撮る際にも、時間をかけずスマートに立ち去れます。

また、サクサクと動くカメラは、ゆったりと使うこともできる。どちらでも対応できるところが良いですね。

おわりに

似たようなカメラの話を、つい最近 書いたなぁ──と思いながら、キーを打ちました。そう、パナソニックの新製品も、「世界最速の AF」を うたっています。

今回の OLYMPUS PEN E-P3 も Panasonic LUMIX G3Panasonic LUMIX GF3 も、すべて「マイクロフォーサーズ」という規格で作られている。

マイクロフォーサーズ

そのため、マイクロフォーサーズ同士のカメラであれば、同じレンズを共有できます。複数台のカメラを用途に合わせて切り替えると、スムーズに撮影できますね。

マイクロフォーサーズのカメラには、以前から注目していました。いよいよ熟成されてきた感があります。何年も前から変わり映えのしない「一眼レフカメラ」とは、別々の道を歩んでいくことでしょう。

ミラーレス一眼も一眼レフも、お互いに競い合い・高め合って欲しいです!

[2] このページの一番上へ戻る