• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.312 「覚悟」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 37 号)

White roses.
(胸にバラの花束を──なんてロマンチック!)

ある約束をする前に、この身 ちぎれても──とプフが言っていました。しかし、たとえ体をバラバラにされても、彼なら生き残るはずです。まるで説得力が ありませんよね。

ルフィ:
「電気を流されても……!」
黒崎一護:
「背後に回り込まれても……!」
香■慎■の両■勘■:
「映画がコケても……!」
映画会社・スポンサ:
「いや、それはダメです」

見えすいた真実

王は、爆心地から宮殿へ戻る際に、プフやユピーと肉体も精神もつながって しまった──と言っていました(『HUNTER×HUNTER (29)』 p.36)。実際に、護衛軍の 2 人が考えていること・感じていることを、メルエムが「受信」しているような描写が目立ちます。

ただし、そう思っているのは、王だけでしょう。

今回の冒頭でも、メルエムは すぐにプフの異変を感知しました。もしかしたら、プフの体調のことも、すでに察しているのかも しれませんね。しかし、プフには、王の考えなど まるで伝わっていない。

王が、一方的に臣下の思いを受け取っているだけです。

その読心術のような力で、プフの「何」が見えすいているとメルエムは読んだのか、すごく気になる。王もプフも死期が近いこと──でしょうか?

不安の正体

読者からすれば「王もプフも同じ毒に冒されている」と知っています。そのため、いい様のない不安も何もありません。毒の対処法を探す方が先だ──と思ってしまう。

ただ、プフは「ユピーと自分は敵の能力で命を縮めている」と考えている可能性もあります。

“神の共犯者”によって認識できない状態で、プフはナックルに殴られました。ユピーにもポットクリンが付いていたことを、プフは知っている。あの攻撃の謎について、賢明なプフなら何か分析していそうです。

一方、プフから見れば王は健康そのもので、むしろ今が最高潮とすら感じる。「自分も王も死が近い」と現状から判断するほうが、むしろ異常でしょう。

ウェルフィンの告白

モントゥトゥユピーは、ウェルフィンを見つけた時点で、ギリギリの状態だったようです。もしもユピーの体調が万全なら、“黒百足(クロムカデ)”を埋め込まれる前に、ウェルフィンを粉々にしていたはず。

普通の状況であれば、それでもユピーを攻撃した事実は、ウェルフィンにとって命取りですけどね。よく調べれば、“黒百足”を打ち込んだ外傷がユピーの体に残っているはず。

シャウアプフも鼻血が止まらなくなっているけれど、せき込んだり吐血したりといった症状は出ていない。これは、まだ毒の回りが遅いからなのか、そもそもプフとユピーとでは状態が異なるのでしょうか。

忠義の価値は

今回のプフは、「背信に近い忠義」を王に示しました。殺されても おかしくはない状況です。そんなマネができたのも、毒によって確実な死が近づいている状態だからでしょうか。自分は、ある仮説を思いつきました。

プフの本体は別の場所に隠れている

本体は安全な場所にいて、残りの分身を操りながら、コムギを探しているのでは ないでしょうか。

すこし前のプフは、「メルエム」ではなく「絶対的な存在である王」を崇拝するあまり、自身の価値観を押しつけようとしていました。それは、寝返るよりもタチが悪い。

死を覚悟した身として回想している場面でも、「絶対に自害する気ないよね」という感じでしたよね(『HUNTER×HUNTER (24)』 p.140)。

だから、「すべては王のために!」とか何とか言いながら、プフが本体を守ってる可能性もありました。王を守る立場からすれば、「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」の毒も知っていて不思議ではない。

しかし、この説は却下です。

現在のプフが、王に本体を隠すような「裏切り行為」をするとは思えません。それでは「キャラ崩壊」です。──あ、でも彼は、何度もブチ壊れているか……。もしかして!?

狼の行く末

またイヤな場面で終わりますね……。

「オーラを食うことで自分の力にする」という王の能力を発揮すれば、最終的には完全に肉体を入れ替えることも可能なのでは? つまり、その分だけ、念能力者を食べ続ける──。そうすることで毒を捨てきれるかもしれない。

そのうち、『絶対王☆メルエムちゃんの食べてデトックス!』コーナが始まったりして。


次回の予想をしてみましょう。

腹が減った王は、ウェルフィンを──「メシ食いに行くべ」と食事に誘い、プフと一緒に 3 人で仲良く食事した。──とは、ならないよなぁ……。

それはさておき、ウェルフィンは助かると見ています。彼の「敵意の正体」を聞かないまま食べるのでは、王にとって敗北に近いのでは?

ただ、少々 興味がある程度のことだから、それほど気にしないかも……。

[2] このページの一番上へ戻る