『バクマン。』 161 ページ 「息継ぎとパーティー」 (週刊少年ジャンプ 2012 年 05・06 合併号)

Miniature Dollhouse Food - Three Layer Cake
(これなら下の層まで──息を継がずに食べられる)

この作品に登場する原作と作画のコンビ作家は、もうすこし増えても良いと思います。亜城木のほかは、なぜか特殊な組み合わせが多かった。

蒼樹紅と中井巧朗の場合は、人物の顔だけは蒼樹が作画しています。東美紀彦は、七峰透の会社から原作を提供されていた。どうして変わったコンビが多いのだろう?

たとえば、西尾維新先生のような人気の小説家と、売れっ子マンガ家とのタッグなども出して欲しい。

──ものすごく今さらな話だけれど、巨大な会社を立ち上げる前に、七峰は西尾先生に巨額を投じれば良かったのかも しれません。下の記事でも取り上げたように、一年に何作も書けるスーパ作家ですからね!

バクマン。 #153-3 「世界と相手」 勘弁と密度 | 亜細亜ノ蛾

ちなみに──、そんな西尾維新先生は、僕は「森博嗣系作家」って言われたいです──と語っていました。そのインタビューが収録された『森博嗣本』は、両先生のファン必携のアイテムですよ!

90 万まで重版が決まった

とてつもなく売れている『ZOMBIE☆GUN』に対して、『REVERSI』は文句無しに売れている──と服部は言う。物は言いようというか、毎回毎回 服部も亜城木を なだめることに大変ですね。

絶賛発売中なうの『バクマン。 (16)』には、いつものように大場つぐみ・小畑健 両先生のネームが掲載されています。とくに大場さんのネームが面白くて、本編のキャラを無視したネタが満載されている。

バクマン。 16 巻 「新人とベテラン」 簡単じゃないと立ち直り | 亜細亜ノ蛾

その大場ネームによると、亜城木作品を読んで服部が ほめる言葉も出つくしたそうです。作家の やる気を引き出すことも編集者の仕事だから、「おもしろい!」ばかり言っていられません。悩ましい問題ですね。

ところが そのあとで、東の『ぱんちらファイト』を読んだ服部は、次から次へと絶賛する言葉が止まらないのであった──。服部は本当に好きなんだな、パンt ──いやマンガが。

まさに「マンはパンよりも強し」です(?)。

買ってみる人も多い

服部の読みどおりだとすると、今後の亜城木は苦戦が予想される。

週刊連載を読んでいなかった「コミックス派」の人たちが、『ZOMBIE☆GUN』目当てで「ジャンプ」を買い始める可能性は非常に高い。アンケートのハガキを出す人もいるでしょう。

サイコーの「仕方ないで 済ませたく ない」というセリフは、よく言った! と思いましたね。天才・新妻エイジに勝つことを考えると、早めに手を打っておいたほうが良い。

本当のトップに なりたい

このページでは服部の言い方が気になりました。なんだか「エイジには勝てないけれど、なんとかいい所までいける」と聞こえる。いやいや、アンケートでは勝っていますよ!

エイジの前作・『CROW』の影響が強いから、コミックスの売り上げでも勝つことは難しい──と服部は言いたかったのでしょう。たしかに、連載は読まなくても好きな作家の単行本は欲しくなる。

小説の世界では、もっと「文庫派」が多いでしょうね。「単行本派」→「ハードカバー派」→「小説雑誌派」の順番で少数派になるはず。

マンガ・アニメ作品に出てくる読書好きの人物も、さすがに小説の雑誌を読んでいる状況は すくないのでは? これから創作する人は、もっと極端な「小説の同人誌を愛読する人物」を出すべきでしょう!

ちゃんと売れてるし

原作者であるシュージンが打合せの中心になるのは当然です。しかし今回はサイコーがリードしている。

もともとマンガを見る目は編集者並に(港浦以上に)確かだし、マンガ家歴も長くなってきたし、サイコーのアイデアが原作に生かされたこともある。月刊と週刊の連載を描けるようにもなった。

将来はサイコーが原作と作画を 1 人で担当することも あり得ますね。過去に何度か挑戦しているけれど、成功したとは言えなかった。

ただし、「サイコーが 1 人でマンガを描いた時こそ、本当に真城最高と新妻エイジが勝負したと言える」のでは ありません。現在でも、亜城木夢叶として立派に戦っている。

サイコーが強気の姿勢で攻め続けられるのは、読めば読むほど 面白くなっていく原作をシュージンが書いてくれるからです。

「REVERSI」に 出せるか?

『走れ! 大発タント』の「ニワチピ」は良かった。キモかわいい! テキトーに描いたっぽかったけれど、サイコーの引き出しが広がったと思う。

『タント』は、作品の ふんいきやキャラは良いんですけどね。もうちょっと化ける可能性はあった。担当がダメだったのかな(それだ!)。

ところが『REVERSI』の世界では、マスコット キャラは諸刃の剣だと思う。シリアスな空気が好きだった読者は、「けっきょく今のマンガ業界は萌えかよ!」と(大げさなことを言いつつ)離れるかもしれない。

DEATH NOTE』の弥海砂みたいに、甘すぎない人物であれば良いかな。彼女は「ミサミサ」と呼ばれていたし、スイーツ()なところも あるけれど、作品の世界観と合っていた。


しっかりと考えれば考えるほど良いアイデアが出てくる。いい流れです。そもそも『REVERSI』の出だしは好調なのに、3 人で協力してより良くしようとしている。その姿勢が素晴らしい。

こうやって最善を尽くしている人たちを見ると、「マンガの神様」も ひいきしたくなるでしょう。今回のサイコーは「神が舞い降りた」かのように見える。

あとは、心に ゆとりがあるからかもしれない。

追い詰められた状態であれば、「息継ぎの回を入れる」なんて発想は出てきません。「もっと派手な的を たくさん出そう」とか、「きわどい衣装の悪魔と戦わせよう」といった間違った方向へ突っ走る。

そうやってインフレ・バトルへ突入したり、何を描きたいのか分からなくなったり、ころころと雑誌が変わったりする作品が多い。

『REVERSI』には じっくりと腰を据えて取り組み、亜城木夢叶の代表作品として育てて欲しいですね。

そして たまには、『PCP』の近況を描いてください……。安之城舞の成長具合とか!

[2] このページの一番上へ戻る