• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 23 巻 「オクルコトバ」

Tai-yaki 彼らも いつか──羽ばたけるだろうか

落ち着いた表紙の第 23 巻は、中身が最強にホットでした!まず、表紙をめくって先へ進むと、とある人物の体操服姿が描かれていてドキッとします。

──高校が舞台の作品だから、体操服が出てくるのは普通といえば普通だけれど、この作者が描くと──妙に色気を感じる。

そして、季節感をまるで無視した水着の集合絵が素晴らしい! 本編は けっこうシリアスな話が多いけれど、こうやって おまけ的な要素で楽しませてくれます。

今回も長すぎる感想をどうぞ!

第 199 話 「妹の悩みに悩む兄に悩む妹とその仲間たち 中編」

榛葉道流(しんば みちる)の説明は要領が良くて、彼の優しさを感じました。そもそも、卒業前の大事な時期なのに世話を焼いている点が すごい。彼の入試は大丈夫なのか──と こちらが気になってしまう。

モテモテのキザ男なのに性格が良い──のではなく、人柄の良さで好かれるのでしょうね。残念ながら、スケット団の周辺にいる「ちょっと変わった仲間たち」には、ミチルの良さは伝わらないけれど。

ミチルの立てた作戦は穴だらけで、失敗しか頭に浮かばない。ところが彼の説明が上手で、しかも絵が上手に描けているから、なんとなく成功しそうだと──だまされる。

将来は弁護士か──あるいは詐欺師で大成功しそうです。まぁ、どちらも似(自粛)


安形紗綾(あがた さあや)の態度は素直すぎる! 最近は あまり見かけなくなったけれど、そう言えば彼女はツンデレでしたね。男子の注目を引く術(すべ)を生まれたころから本能で身につけている。

でも、女子からは嫌われていそうだよなぁ……。

サーヤの演技が絶妙にヘタなところは、この作品では おなじみです。ボッスン・ヒメコ・サーヤの 3 人組で お芝居をやったら、見ているほうは ずっとヘンな汗をかき続けそう。

「お兄ちゃん待ち」をしている時の、恥ずかしそうなサーヤの表情が最高でした! こういう状況でもなければ(少年誌では)見られない悩ましさです。

安形が勉強している(?)姿を見て、感動して泣いているサーヤも良かった。色っぽさを感じます。

ゲス界のプリンス・佐倉実(さくら みのる)も出てきたことだし、もう一度ガッツリと「お色気回」を描いて欲しいです! あの「修学旅行編」を超えて──伝説を更新してください!

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 15 巻 感想・2 | 亜細亜ノ蛾


ミチルとサーヤの演技を軌道修正するスイッチは見事でした。台本にないセリフをミチルに言った時も、「ミチルなら返せるはず」と計算したに違いない。知将と呼ぶに ふさわしい男です。

一番の問題になりそうだった椿佐介(つばき さすけ)の件も、あっさりとクリアしました。この入れ替えトリックは何度も出てくるけれど、そのたびに笑ったり感心したりする。

ところが、これだけ大勢で彼のために動いたのに、安形惣司郎(あがた そうじろう)の状態は まったく改善していない。今回も ずっと「かわいそうな兄」役──というか、やっかい者になっている……。

第 200 話 「妹の悩みに悩む兄に悩む妹とその仲間たち 後編」

とうとう 200 回記念です! ──それなのに目の座った兄ちゃん(こんな時でも けっこうオシャレ)でカラーを飾るなんて……。そう思ったから、ページをめくった後の楽園(パラダイス)に目が くらみました!

早乙女浪漫(さおとめ ろまん)が「普通に美少女」として描かれていて うれしい。本編では「ギャグ・マンガ顔」ばかりでしたからね。「黙っていれば美少女」が多い作品です。

サーヤは名前のとおり紗綾さんっぽい。なんとなく慣れたポージングに見えます。

最近の少年マンガの常識どおり、「一部分が控えめな人」は希少価値が高い。そのニーズは、結城澪呼(ゆうき れいこ)が引き受けています。──吉備津百香(きびつ ももか)もアヤシイな。

しかし、澪呼はメイクアップで「化ける」(幽霊的な意味ではなく)のだから、今回もフルメイクして欲しかった。もうスイッチのためにしか化けないのでしょうかね。

クエッチョンはポーズを取ってサービスしている。これは非常に珍しいですね。なにか楽しいことでも あったのでしょうか。──あと、最初は椿が女装した「サス子」かと思った。

高橋千秋(たかはし ちあき)はナディアと化している。キャプテンの所属しているソフトボール部では ここまで日焼けするはずがないため、このカラーのために砂浜で焼いたのでしょう。プロ根性だなー。

森下小麻(もりした こま)は反則です! しかし、コマは もうちょっと おなか周りが「ふくよか」な感じかと思っていた。そのほうが喜ぶファンも多いと思う。

丹生美森(うにゅう みもり)は、コマの次くらいに「大きい」はずです。「希少組」である浅雛菊乃(あさひな きくの)と澪呼が隣にいるから、余計にミモリンが「ごくり……」ですね(?)。

宇佐見羽仁(うさみ はに)は「バニー」化していなくても体形が良いけれど、いつものように表情が沈んでいて残念でした。よく見ると、「営業スマイル」と素顔が混在していますね。

水着なのにヒメコはチョーカ(首のリボン)を身につけています。とても大切な物というよりは、首に傷でもあるのかな──と思ってしまいますよね。あるいは、とてもじゃないけど少年誌では描けない形のホクロがあるとか。

じつは第 1 話から「音声合成機」で話していた! というオチが最終回で明かされたりしそうですが、「修学旅行編」でアッサリとチョーカが外れています。じっくりと読み直しましょうね!


ボッスンは、いつものパーカの上に制服のジャケットを着ているだけで、なんだか かしこまって見えます。彼なりに「ちゃんとした格好」で安形に忠告しに来たのでしょう。

安形とボッスンは良いライバル同士です。サーヤ絡みでのボッスンに対する憎悪も、現在の安形にはないはず。それなのに、異常なくらい安形は藤崎を敵対視しています。そこまでボッスンを嫌う理由があったかな……。

安形の誤解が解けた後も、妹かわいさに腹が立つのは分かるけれど──、「お前だったのか」の場面は恐かった! 異常に殺気立っている。これが違うマンガだったら、変身してボッスンを瞬殺しそうな勢いです。

「恋は盲目」と よく言うように、自分が好きな対象については目も頭も曇る。


ボッスンはサーヤと ほとんど連絡を取っていないのでは──と前巻の感想で書きました。おそらく その推測は当たっていると思う。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 22 巻 感想・2 | 亜細亜ノ蛾

今回の「お兄ちゃん騒動」をきっかけとして、もっと 2 人の距離が縮まって欲しかった。でも、まだまだ先になりそうだなぁ……。


安形は、もしもサーヤの相手が椿だったら「弟みたいだから」許したと言う。では、ボッスンは? 弟よりは自分に近い実力を持った存在として──ひとりの男としてボッスンのことを認めたようです。

客観的に見れば「面白おかしい勘違い話」なのに、一歩間違えば大げんかに発展しそうな緊張感のある描き方でした。藤崎を(将来の)家族として迎え入れる準備が安形にできた──という重要な回だったからでしょう。

ようやく兄の妹離れができるそうです。

第 201 話 「ツッコミ禁止デスマッチ」

スケダン』の世界でも「ジャンプ」が出版されているようです。『トリコ』の名前が普通に出てきました。

バクマン。』の世界の「ジャンプ」には、かつて『バターマン』という架空の作品が載っていました。作中に同じ作品名を出したらヘンだからですね。

バクマン。 #69-1 「特別な仲と田舎」 連載会議と婚姻届 | 亜細亜ノ蛾

『スケダン』では代わりに何を連載しているのだろう? 『助さん』(すけさん)とか?


フライングあるき鯛」の捕獲レベルについて「リーガルマンモスより 高いやないかい!」というヒメコのツッコミは、本家のマンガにも通じるよなぁ……。

バトル・マンガでは、連載を重ねるごとに登場人物の強さが上がっていく(インフレ化)。それで つまらなくなる作品も多い。それに対して『スケット・ダンス』は、ずっと平常運転という感じです。


ツッコミを禁止するネタは定番です。基本的にはボッスンもツッコミ・キャラであるところが面白い。ものすごく久しぶりに登場した武光振蔵(たけみつ しんぞう)のように、ずっとボケ倒す人物ばかりが出てくるからです。

決める時にはビシッと決める──という点では振蔵とボッスンは似ている。しかし、振蔵が活躍する機会なんて、今後は出てくるのかな……。

もしもスケット団が部活動として認められなかったら、ボッスンも振蔵なみに目立たなかったのでは? いや、その時には何かの裏方で活躍していたでしょう。それではマンガにならないけれど。


ロマンとチェリーの共演が楽しかった!

初対面の時から この 2 人は息が合っていましたね。チェリーのゲス攻撃も、ロマンは軽々と受け止めている。──というか、彼女は「その手の話」が好きそうだし、相性はバッチリです!

ロマンは、ボッスンへの淡い恋心を引きずるよりも、チェリーと くっついて欲しいな。

そう言えば、チェリーが自分から女子と接触している場面は、回想シーンのハイタッチが最初で最後です(たぶん)。やはりチェリーにとっても、ロマンは特別な存在なのかもしれない。

第 202 話 「3 年生を送る会奮戦記 前編」

篠原健太先生のカラー・イラストは、目と心に いつまでも残ります。ここで描かれている『不思議の国のアリス』みたいなヒメコも印象的でした。かわいい外見ですが、映画版のアリスのように彼女は勇ましい。

アリス・イン・ワンダーランド - いつまでも夢見る乙女は霧に消え | 亜細亜ノ蛾


1 ページ目から違和感を全開にして突っ走っている! 分かりやすく表現するのであれば、スケット団への相談と冒頭の順番を逆にして、回想シーンで宇佐見のことを描くはずです。

そこを「ティッシュ だらけで きったなーい」から始めるところが笑えます。以前からのファンであれば、即座に理解してニヤリとする演出ですね。──というか、本当にあの校歌が そのまま採用されたのかよ!

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 17 巻 感想・2 | 亜細亜ノ蛾

宇佐見は男性と会話をしないはずなのに、なぜか北大路正也(きたおおじ まさや)の言うことを素直に聞いている。男からの「お願い」には制約がつくけれど、「命令」なら聞くのかもしれませんね(多重人格なところも何か似ているなー)。


宇佐見が中心の話なので目立たないけれど、デージー・ミモリン・キリの配役も、サラッと済ませるには惜しい!

意表を突きすぎた加藤のヤンバルクイナよりも、まったく素のままの丹生をモンゴルからの留学生と呼んでいるところが笑えました。

カッパの福永をごく普通に演じている椿も楽しいですね。ヒメコが椿をイジるのはいつものことだけれど、今回は北大路までノっている。ボッスンも椿も、兄弟そろって すっかりイジられ役が定着してきました。

浅雛はツンツンしている描写が多いけれど、本当は思いやりがある。この場面でも宇佐見のことを気にかけています(お気に入りだから?)。その逆に優しそうな丹生のほうが、意外と気が利かない。


宇佐見が水に濡れるという『To LOVEる』な展開は、「考えたら分かるやろ!」な点でも あの作品に似ています。なんで普通にプールへ入ったんだろう……(「日本語訳: いいぞ もっとやれ!」)。

下に水着を着せるアイデアを出した北大路は、じつに よく「分かってる」男ですね。彼の想像に出てきた宇佐見の姿(水着 + スカート)が素晴らしい! ぜひとも開盟学園の夏服にするべきです!


普段はヒメコやサーヤのオシャレに目が行かないボッスンは、すぐに宇佐見のストッキングに気がついている。それだけ彼女のことを心配していた──という場面ですが、自分も「告白 ですか?」と思ってしまいました。

純粋なラブコメ作品なら、たまたまサーヤが 2 人の会話を聞いていて──という展開になりそうです。今回は「バニーの回」だから余計な要素を入れなかったけれど、この「勘違い三角関係」は いつか描いて欲しい!

本当の自分を自分自身で認めようとしない──という宇佐見の苦労は、ボッスンには何度も見てきた光景です。しかし、そのことを宇佐見は知らない。この すれ違いも、ラブコメ風でモヤモヤしますね!

第 203 話 「3 年生を送る会奮戦記 後編」

スピードワゴンの 小沢みてーな声して !!」と急に実名が出てきて驚きました。てっきりアニメか何かで関係が深いのかと調べたけれど、そのような事実はない(よね?)。作者が好きな芸能人なのでしょうか。

ヒメコに舞台度胸がないことは、テレビ CM の話で証明済みです。もしも彼女が照子のままだったら、グッダグダに終わったかもしれません。結果的にナイスな風邪でしたね。

『SKET DANCE(スケット・ダンス)』 第 14 巻 感想・2 | 亜細亜ノ蛾


宇佐見の格好──黒タイツと「上履き」とのコントラストが美しい。やや反則ぎみながら、男性との会話も自分からクリアしているところも良かった。

SKET DANCE』では、他人から見れば欠点としか言えない部分も そのまま描いています。そして欠点も自分の一部として、意図的に解決しないことが多い。

ほかのマンガであれば、もう そろそろスイッチが片言ながら話し始めているはずです。ヒメコが暴力を振るう場面も完全になくすでしょう。

ところが、宇佐見の男性嫌いと「バニー」の否定については、なんとか折り合いを付けようとしている。作者も新しいことに挑戦しているようです。スイッチやヒメコについても、なんらかの解決策を見せるのかな……。


困った時にチラッとボッスンを見る宇佐見が かわいらしかった。演出的に微妙なところだけれど、ボッスンが声を掛ける前に振り向いていますよね(ボッスンがテレパシィ使いではない場合)。

宇佐見にとって頼りになる男性は、いまのところボッスンだけなのかも。すぐ横にいる椿のことなんて 1 度も見ていないし……。

今回はボッスンの出番を抑えたところも効果的でした。劇の失敗を救ったのはボッスンの ひと言ではあるけれど、あくまでも宇佐見とバニー自身に解決させている。裏方に回したら最強の主人公です!


水着をバニーガールの衣装に見せるという機転が見事です! いつも以上にパタパタと伏線が たたまれていく気持ちよさを味わえました。

元はと言えば水着の発案者は北大路で、彼の演出が あったからこそ宇佐見が生き生きと動けた。そのわりには、北大路は地味な印象で終わりましたね。ボッスン以上に報われない男です。

この「3 年生を送る会」を見て、宇佐見のファンが増えたに違いない。宇佐見自身もバニーを受け入れられたし、これからの彼女が楽しみです! どんなトラブルが待ち受けているんだろう(ごくり……)。

[2] このページの一番上へ戻る