• 投稿:
  • カテゴリィ:

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.19 「NGL」

2010-10-21_124129_Canon EOS 7D_28-75mm この世で一番美しい生物が──もっとも強い

第 1 話から繰り返し読み続けているため、すべてのページ・全部のコマが頭に入っています。むしろ昔の自分の顔写真のほうが「こんなんだっけ!?」と驚いたりする。

とくに この巻には、忘れられない場面が いくつも出てきました。最後のページと「アレ」は強烈だったなぁ……。

絵的な衝撃だけではなく、話も するどい。次から次へと絶望が襲いかかってきます。まるで子どもに「太陽は どれくらい大きいのか」を教えるかのように、ていねいに一つ一つ希望を潰してくれました。

あとは神(作者)の手のひらで転がされるだけ──。

本編では どこにも笑える場面がないのに、自身のファンである阪神タイガースのユニフォームを着た登場人物を平然と描く冨樫義博先生は、ホンマに悪魔──いや神やでェ!

No.194 「VS ハギャ隊 1」

気狂いピエロ」(クレイジースロット)は、カイトの意志とは無関係で勝手に しゃべる上に、出る武器を自分で 選べない。今までで一番の不便な能力にしか思えません。

キルアと違って、カイトはギャンブル好きでは なさそうだし、慎重な彼の性格と能力が合っていない。どうして こうなった……。この能力を教えた先生の顔が見てみたいですね! 誰だろう?

ところで、この能力名は映画・『気狂いピエロ』が原案ですね。これからも作品名からの引用が増えてきます。そこから作者の好みを読み解くことも楽しい!


カボチャ・パンツが かわいらしい女性型のキメラアントは、初めて帽子を見た時には、ポムポムプリンかと思いました。よく見ると あまり似ていないけれど、自分は「プリン」という名前あたりと予想したものです。当たらずも遠からず──。

彼女(?)は、何の生物が元になっているのだろう?

もう一体いる部下も、現時点では元の生き物が分かりません。せいぜい、昆虫型かな──と思うくらい。なんとなく、作者のほうでも固まっていないのでは──というスリルを感じます。


キメラアントの女王は、ほかの生物が産むのだと分かりました。現・女王は、どんな生物から生まれたのだろう?

女王自身は、人間の血は薄くしか感じていない。普通に魔獣などが暮らしている世界だから、われわれが知らない「人間よりも美味しい」生き物がいるのかもしれません。世界は広い──。


天空闘技場の 200 階クラスにいた闘士たちは、「洗礼」を受けて念能力を身につけました。あの時は「そんな修得方法もある」程度の「使い捨て設定」だと思ったのに、まさか こんな形で生かしてくるとは……!

HUNTER×HUNTER 7 巻 「これから」 1 - 攫う×習う×繋ぐ | 亜細亜ノ蛾

念を込めた攻撃を食らって、それでも無事に耐えられる人間は少数だから、キメラアントならではの方法でしょうね。これが ほかのマンガだったら、人間もどんどん「洗礼」して戦士を作り出して「インフレ化」したりするはず。

No.195 「VS ハギャ隊 2」

余裕を見せてベラベラしゃべる敵は、「ジャンプ」でも毎週のように(アレとソレで)見かけます。「いかに自分(たち)が優れているか」をダラダラと戦闘中に くっちゃべって萎えてくる。

カエル型の兵士長ほど気味が悪い「提案」をする敵は珍しい。「あきらめて 我々に 捕まる」が最悪の選択肢という点も不気味でした。くじを用意してある点も奇妙だよなぁ。

ただ、この兵士長の判断は失敗で、いっせいに襲いかかるべきでした。混戦になれば、毒が効かないキルアや強いカイトは ともかく、ゴンを戦闘不能にするくらいには善戦できたはず。


カエル型への意趣返しのように、ゴンはアルマジロ型へ「まいった」ルールを勧めています。ゴンには悪気がないだけに、挑発としては超一流ですね。一番タチが悪い。

いつも「正しすぎる」ゴンが学校へ通っていたら、知らぬ間に大勢の敵を作りそう。──それも含めて「学園編」が読みたい!

このアルマジロも念を知らないはずなのに、戦闘状態のゴンを吹き飛ばすほど攻撃力があります。さらに、シッポで方向を変える「追尾弾球」は、シンプルなだけに対処が むずかしい。自信満々で出てきただけの実力者です。

並の念能力者では、下級兵ですら手に負えない──。

しかし、ゴンは並ではなかった。

突進してくるだけの敵は、ゴンにとっては念を練る時間を稼げて有利です。たとえば誰かをかばいながら戦ったり、逃げる敵を追う戦闘のほうが苦手でしょうね。

下痢に そっくりな音を出したアルマジロは、ゴンが初めて自分の手で命を奪った敵に なりました。食べるために生き物を狩ったことは くじら島でもあるはずですが、その意味は まるで違うはず。

倒されたアルマジロは、今までの悪事を反省──することもなく、「レイザーって誰だよ……」と思っていたに違いない。

No.196 「VS ハギャ隊 3」

悪魔のような角を持った牛は強そうな外見ですが、セリフが二流でした。実力は三流です。まるで『幽☆遊☆白書』の初期・飛影みたい(こんなことを言うとファンに■されそう)。

ところが、ラモットは誰に教えられるでもなく、すでにオーラを自由に動かしています。まだ強くなるのか……。

新しく目覚めた力に酔っているラモットと違って、青ざめた表情の「鳥」もペギーも、冷静に力の使い方を考えている。この連携が恐ろしい。

すべては女王と王のために──。


「気狂いピエロ」の 2 番は大きな鎌(カマ)で、そのバカでかさと「あのカマ… かなり ヤバイぜ」というキルアの言葉が味わい深かった。じわじわ来る系の名ゼリフです。

死神の円舞曲」(サイレントワルツ)も 4 番の銃も、静かに相手を葬り去るという意味では似ている。そう、攻撃方法そのものは、物静かなカイトに合っているんですよね。

騒がしいピエロは、カイトの「裏の顔」なのかも。


カエルの兵隊長は、最期に「生前」のことを思い出しています。「人生」で二度も死を味わうなんて、めったにない体験ですが──自分は遠慮したい。

彼が体験した「絶対的強者による 搾取」は、女王に食われる前にも味わっていたかも しれません。その相手は、上司だったり国だったり──奥さまだったり。

もしかして──、アナタも?


カイトが感じた薄く粘っこい不安とは、非情に なりきれないゴンの優しさでした。「仲間想いの奴がいたら どうするんだ…?」という疑問には、近いうちに答えを出す必要があるでしょう。

今までのところでは、「鳥男」もハギャも、仲間を気づかっているようには見えません。ただし、女王のことを「妹のように」思いやるキメラアントを見たら、ゴンなら考え込んでしまいそう。

No.197 「VS ハギャ隊 4」

「コック帽をかぶった豚」は、肉屋に よくいる定番の「共食いキャラ」ですよね! 街なかで見かけても気にしなかったけれど、下の記事を読んでからはニヤニヤしてくる。

ところが、今回の話は笑えません……。手足を切りとっているのはマズいからだろうか──などと考えてしまう。そもそも「共食い」というカニバリズムと直結した言葉自体が、笑える話では ないけれど。

われらがポックルは、この貯蔵庫では 4-933 という番号で呼ばれている……。

幻獣ハンターとして生きていくには、奥歯に解毒剤を仕込んでおくくらいは最低限の準備なのでしょうね。「飲まず食わずで一週間は眠らずにいられる」と言っていたビノールトのように、プロ・ハンターなら生き延びられる──と思いたい。

そう言えば、この手の動物や妖怪をモチーフにした登場人物は、申し合わせたように 1 つの種族につき 1 人なんですよね。「ぬりかべ」ばかり 8 人くらい(全員が無口)出てきたり、ブタが 16 人(みんな大食い)いても良いじゃないか!(良くない)


念を知る前にもゴン・キルアの 2 人組と互角に戦っていたから、現在のラモットは その 10 倍くらいは強くなっていそう。だから王を目指すくらい うぬぼれていても当然です。

しかし、上には はるか上がいた。

女王直属 護衛軍の 1 人が けっこう気さくな態度なのは、予め決められた地位に生まれたからこその余裕です。この軍団長の元になった動物は猫でしょうね。すでにヒョウやライオンがいるけれど、猫属の頂点は、やっぱり猫でした。

凶々しいオーラ」といえばヒソカの専売特許でしたが、おそらく彼以上に軍団長のオーラは不吉らしい。

生まれたばかりで念を使えるだけでも恐ろしいのに、ポックルを見つけ出したのは おそらく「円」(エン)でしょう。もう本能だけで念の高等技術を使いこなしている──。

次のページを見た時には、とうとうポックルも「肉団子」に されたのか──と思いました。その「製造法」は、人間も魚や鳥に対して行なっているけれど、やはり人間相手だと恐怖を感じます。なぜか残っている眼球も毒々しい。

しかし──団子のほうがマシとは想像できなかった。


ラモットの変わり身の速さが おもしろい。しかし、「自分が生まれてきたことの意味」を知った者の強みは底が知れません。強敵としてゴンたちの前に現われる日が来るでしょう。

カイトたちを見てアッサリと逃げ出す「元・百獣の王」も手ごわい。チンケなプライドよりも「学習すること」を身につけた彼は、カエルの兵隊長よりも何倍も やっかいだ。

「強さ」とは、「より強くなれること」です。

No.198 「急襲」

とうとう「ふんふん ニャるほどクチュ クチュ)」の場面が来ました! これ、少年マンガだよなぁ……。

軍団長の手つきだけを見れば「毛糸で編み物」みたいに見える──というコミカルさが、より いっそうの残虐さを強めています。じつに楽しそうですよね……。

もちろん これはマンガ的な演出で、脳を直接いじくって思い通りに自白させる──なんて芸当は不可能です。まさか、こんな情報の引き出し方が できるなんて、本気で信じた人はいませんか? ──はい(挙手)。

だからといって、「 自白剤~」(ドラえもんの声で)なんて出しても おもしろくない。良い味付けでしたね(ポックルに味は付いていないけれど)。

猫型の軍団長は、ネフェルピトーという名前が与えられました。外見の通りに かわいらしい響きだけれど──、もはやキュートな存在には見えない。

でも まぁ、現実世界の猫も、残酷な遊び(ネズミや虫を──)が好きだよなぁ……。G は本当にカンベンして欲しかった!

ネフェルピトーの一人称は「」だけど、男性体なのか女性体なのか不明です。それとも女王と王以外のキメラアントには、性別がないのだろうか。両方 OK ということ?(何が?)


ポックルの おかげで身にしみて(目に焼き付いて)分かったように、今後も念能力者はキメラアントに捕まったら終わりです。「水見式」よりも もっと深い念の知識を奪われる可能性が高い。

また、ラモットによる「授与式」を受けなかった(と思われる)雑務兵だって、念での攻撃に耐えれば念能力を身につけてしまう──。すべてのキメラアントを確実に倒す以外に、人類の道はない。

「鳥型」も「凝」(ギョウ)が できるまでに進化したし、人間にとって良い知らせが何一つありませんね……。こんな時にゴレイヌ神がいれば良いのに! というか、ゴレイヌって──もしかしてゴリラと!!!?


何キロメートルも離れた場所からカイトを見つけ出して、一瞬にして片腕を落とす! ネフェルピトーの嗅覚・視力・脚力は、ほかと比較することが不可能なくらい ずば抜けている。「円」も使っているのかな。

カイトもまた、女王直属護衛軍という「化け物」の存在に気がついている。彼の「円」からは はるかに離れた場所にいても感じるくらいに、ネフェルピトーのオーラが凶悪だからでしょう。

キルアのしたことは、カイトとゴンのことを思っての行動でした。いい判断である以前に、絶望的な実力差の強敵を前にして、素早く体が動いたことは すごい。ゴンのように暴走するか、その場で立ち尽くすのが普通だと思う。

そして──よりによって、こんな時に出た「クレイジースロット」の 3 番が「マジカル・ロッド」て……。ただ、大鎌は もちろんのこと、銃弾ですら余裕で かわされそうだから、直接攻撃が できる武器だったことは幸いかも。

この「急襲」シーンを再現した人 GIF アニメが素晴らしかった! テレビアニメでも、これくらいの迫力が出せるのかな。

お前らほんとハンターハンター好きだな カイトがピトーに腕を吹っ飛ばされるシーンを描いたGIFアニメが凄い件

No.199 「光と影」

師匠のビスケよりもタフで、何時間も走りっぱなしで平気だったキルアが、いまは全身が汗だくになっている。これは体力的な問題ではなく、精神的に まいっているからでしょうね。

ネテロ会長が連れてきた応援部隊の 2 人が、キルアに対して厳しい口調なのは、子どもだからバカにしている──のでは ありません。プロのハンター同士として対等に話してるからです。

とはいえ、モラウも「メガネ・スーツ」もクセが強い(早く名前を明かしてくれー!)。プロのハンターで食っていくとなると、我が強くなるようですね。

この時のキルアが、ネテロたちに千手観音のような印象を持ったことは興味深い。技名からしてキルアは──というかゾルディック家の人間は日本びいきですね。そして、それはネテロも同じかもしれません。


念使いの 気概」について語ったモラウの言葉は、プロの現場で何年も戦ってきた経験から出た考えです。命知らずなムチャのようでいて、生き残るために必要な

プロの格闘家や運動選手でも、モラウと似たような意見になるでしょうね。団体戦では別の考えになると思うけれど、「チームでは勝つ」という意気込みで戦うはず。

ただ、ネフェルピトーのような規格外の化け物相手に「100% 勝つ気で 闘る !!」なんて言っていたら、キルアもゴンも やられていました。

──どちらの考えが正しいのだろう?

モラウたちはキルアに失格の判を押した一方、少数精鋭の部隊を組んだ意味を伝えた上で、キルアとゴンにチャンスを与えるネテロが粋(いき)でした。仲間のはずなのに「刺客」と呼んでいる点も楽しい。


カイトは 生きてる!」と心の底から 100% 信じているゴンを、キルアは「」だと感じています。自分自身は まだ「」の中にいると思うらしい。

傍にいていいかな…?」なんて、いまさら何を聞こうとしているんだろう。しかし、そう考えてしまうほどキルアの闇は深いのでしょうね。キルアが本当に まっすぐゴンを見られるようになって欲しい。


たしかに現時点では、カイトが生きている可能性もありました。腕だって、元どおりになるかもしれない。キルアのように望みを捨てて落ち込んでいる場合ではありません。

そのあたりは先の展開で──と思う間もなく冷酷なラストが突き刺さる……。まったく「そういう話」と知らず中学生のころに読んだ『天狼星』のような印象を受けました。カイトの場合は、「土の中に埋まっているだけ」とも見えますけどね。

無邪気に喜ぶネフェルピトーは、ますます猫のよう。

ただ不思議なことに この軍団長は、「戦利品」(コレクション)を貯蔵する気でいる。今後も「レアモノ」を自分のために集める気で、女王に差し出す気はないのでしょうか。

女王に一番近い立場にいるはずの直属護衛軍が、女王のために動こうとしていない。このことは、人間にとって追い風になると良いのですが……。

おわりに

大好評(※ asiamoth 調べ)の「執筆時のドーデモイー苦労を語るコーナ」(ドンドンドンパフパフ~♪)です!

いつも「あー、オモロかった!」を何千字へと引き延ばすことに苦心するわけですが、サブ・タイトルを決めるにも時間がかかる! 読んだ人には意味が分かる程度の・ネタバレなしで・ひねりのある──という題名を心掛けています。

でも、今回は楽でしたね。なにしろ、本編に「きゅうしゅう」が何個も見つかる。後は 3 つ組み合わせれば「終わりだよ!」(佐倉杏子

アニメ版の『HUNTER×HUNTER』も、もうちょっとセンスのあるサブ・タイトルを付けたら良いのになぁ──と思う。「ゾルディック×ノ×カゾク」ってマンマやがな!

DMM.com アニメ動画ストリーミング配信: 『HUNTER×HUNTER』(新)

[2] このページの一番上へ戻る