ジム・カヴィーゼル一覧

デジャヴ – 運命が彼女に負わせた傷を癒せるか?

『デジャヴ』 (Deja Vu)

IMG_6650
(どこかで見たことがあるね──ハハッ)

意外な展開に驚く、素晴らしいアクション映画です!

主人公はデンゼル・ワシントンが演じるダグ・カーリンで、日本ではなじみの薄い「ATF 捜査官」という役職に就いている。「FBI の特別捜査官」でも「警察官」でもないところに、何かミソがあるのかな──と思わせる役柄です。

ATF とは: アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局 – Wikipedia


出航する寸前のフェリーから、『デジャヴ』は始まりました。日常でありながら非日常・慌ただしくて穏やかな舞台は、映画にピッタリです。効果的なオープニングでしたね。

船の乗客たちは、誰もが嬉しそうな顔をしています。真っ白い服に身を包んだ水兵たちは、さすがにすました表情をしているけれど、それが逆にカモメを思わせる。

──なんとも平和な始まり方です。

──数分後、彼らは爆死する


上記のように、最初から画面に引きずり込まれるような展開が見事です。「フェリーが爆発する」と書く時点でネタバレですが、そうと分かっていても驚かされる映像ですよ!

フェリーの爆発はテロ事件であることを、ダグはすぐに突き止めます。その捜査の手際も鮮やかで、「地道な捜査で犯人にたどり着く映画」だと誰もが──だまされる。

ところが、捜査を支える斬新な装置が登場してから、映画のふんいきが一変します。この装置は非常にキケンで、一歩間違えると捜査どころか、映画の世界そのものが崩壊してしまう。なんとか上手にまとめていましたね。

途中で出てくるカー・アクションも、ほかの映画では観たことがないような仕掛けになっています。上で出てくる装置が、アクションでも生かされている。ほかの監督も、マネしたくて仕方がないでしょうね(過去にもあるかも?)。


自分のように、映画を観ている最中はボケーっとしていると、タイトルの意味に気がつくのは終盤です。それまでは、「どこが『デジャヴ』なんだ?」と思ってしまう。

でも、たとえば、この映画のタイトルを「装置の名前」にしたら──台無しだ! 見終わったあとに「どこからどこまでがデジャヴだったのか?」をじっくりと考えると、背筋がゾクッとしますよ。

続きを読む


『unknown/アンノウン』 極限状態で芽生える友情

『unknown/アンノウン』

unknown -アンノウン-unknown -アンノウン- オフィシャルサイト

Yahoo!映画 – unknown アンノウン

超映画批評『unknown アンノウン』60点(100点満点中)

unknown/アンノウン – Wikipedia

──目が覚めると廃工場。出口のない工場に閉じこめられた 5 人の男たち……。それに、途中で金属用の「のこぎり」なんてアイテムも出てきて、『SAW』みたいな展開になると思いきや、まったく雰囲気が違う映画でした。

まず、何らかの原因で 5 人全員が記憶を失っている、という状況が面白い。

1 人は椅子に縛られ、1 人は手錠で繋がれ銃で撃たれた跡がある──。いったい、ここで何があったのか。そして、なぜ全員が記憶を失っているのか。

そして、徐々に戻ってきた記憶と落ちていた新聞の記事によると、

「5 人のうち、2 人は誘拐された人質で、残りは誘拐犯」

であることがわかるのです。じつに、サスペンスやミステリィのファン垂涎のシチュエーション!

びっくりするようなどんでん返しがあったり(お約束だが見抜けないはず)、最後まで楽しめる作品です。

photo

unknown/アンノウン
ジム・カヴィーゼル グレッグ・キニア バリー・ペッパー
ポニーキャニオン 2007-07-04
unknown/アンノウン

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) スモーキン・エース デジャヴ カオス<CHAOS> DTSスペシャル・エディション あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション

by G-Tools , 2007/10/23

続きを読む