デンゼル・ワシントン一覧

デジャヴ – 運命が彼女に負わせた傷を癒せるか?

『デジャヴ』 (Deja Vu)

IMG_6650
(どこかで見たことがあるね──ハハッ)

意外な展開に驚く、素晴らしいアクション映画です!

主人公はデンゼル・ワシントンが演じるダグ・カーリンで、日本ではなじみの薄い「ATF 捜査官」という役職に就いている。「FBI の特別捜査官」でも「警察官」でもないところに、何かミソがあるのかな──と思わせる役柄です。

ATF とは: アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局 – Wikipedia


出航する寸前のフェリーから、『デジャヴ』は始まりました。日常でありながら非日常・慌ただしくて穏やかな舞台は、映画にピッタリです。効果的なオープニングでしたね。

船の乗客たちは、誰もが嬉しそうな顔をしています。真っ白い服に身を包んだ水兵たちは、さすがにすました表情をしているけれど、それが逆にカモメを思わせる。

──なんとも平和な始まり方です。

──数分後、彼らは爆死する


上記のように、最初から画面に引きずり込まれるような展開が見事です。「フェリーが爆発する」と書く時点でネタバレですが、そうと分かっていても驚かされる映像ですよ!

フェリーの爆発はテロ事件であることを、ダグはすぐに突き止めます。その捜査の手際も鮮やかで、「地道な捜査で犯人にたどり着く映画」だと誰もが──だまされる。

ところが、捜査を支える斬新な装置が登場してから、映画のふんいきが一変します。この装置は非常にキケンで、一歩間違えると捜査どころか、映画の世界そのものが崩壊してしまう。なんとか上手にまとめていましたね。

途中で出てくるカー・アクションも、ほかの映画では観たことがないような仕掛けになっています。上で出てくる装置が、アクションでも生かされている。ほかの監督も、マネしたくて仕方がないでしょうね(過去にもあるかも?)。


自分のように、映画を観ている最中はボケーっとしていると、タイトルの意味に気がつくのは終盤です。それまでは、「どこが『デジャヴ』なんだ?」と思ってしまう。

でも、たとえば、この映画のタイトルを「装置の名前」にしたら──台無しだ! 見終わったあとに「どこからどこまでがデジャヴだったのか?」をじっくりと考えると、背筋がゾクッとしますよ。

続きを読む


インサイド・マン – 銀行強盗が狙う「光るもの」は必ずしも金ならず

『インサイド・マン』 (Inside Man)

court (терен)
(内側か否か──「それが問題だ」)

スタイリッシュな怪盗モノ映画でした!

ただし──、スタイリッシュ(粋・いき)でスマートなのは、「怪盗」の容姿ではありません。彼の頭脳と心意気ですね。映像はどちらかと言うと汗臭い・泥臭い場面が多いのに、怪盗が見せる切れ味によって、画面がビシッと締まります。

怪盗と対決する捜査官も小粋でしたね。

先ほどから「怪盗」なんて呼んでいますが、実際は銀行強盗なのです。銀行を襲うなんて成功率の低い事件を起こすようなバ■だ、と思って接していた捜査官が、途中から犯人の実力を肌で感じる。

銀行強盗のリーダであるダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)とニューヨーク市警のキース・フレイジャー(デンゼル・ワシントン)との頭脳戦が見ものです。

あらすじは、こんな感じです:

──マンハッタン信託銀行に 4 人組の銀行強盗が入り込み、行員と客を人質にとって立てこもる。担当の捜査官が説得するが、なかなか犯人の要求は満たせない。一方、銀行の会長から派遣された弁護士がやってきて──。

なぜ、弁護士──マデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)がかかわってくるのか。観客には明かされますが、捜査官には理由は知らされません。だんだんと、観ている側にも「ただの銀行強盗ではないな」と分かってきて、いっそう盛り上がってきます。

この映画の最大の見どころは、「どうやって犯人グループが銀行から逃げるのか」。大きなトリックは 2 つで、そのうちの 1 つが素晴らしい。そのトリックは、『イーグル・アイ』と同様に、ハッキリと画面に示されています。

みなさんも、トリックの答えを考えてみてくださいね。

イーグル・アイ – 冷酷で非道な正義のヒステリー女 : 亜細亜ノ蛾

続きを読む