• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

美味しいホット・コーヒーを飲みたい!

以前にも、美味しいコーヒーについて書きました。

「おいしいコーヒー個人的まとめ」と「冷めた珈琲に塩」 : 亜細亜ノ蛾

──しかし、大事な「何か」が抜けているような、そんな感覚がずっとありました。

コーヒーの美味しさって、淹れ方や挽き方、豆の鮮度だけで決まるのだろうか……?

たとえば、「美味しいコーヒーの喫茶店」という雑誌の情報に釣られて出かけていって、出されたコーヒーを味わったときにも、同じように欠け落ちた「何か」を感じていました。

店内に入って注文し、初めのひと口では美味いと思ったのに、帰るときにはなぜか不満が──。そういうこと、ないですか?

そして最近、その「何か」がわかりました。

THERMOS 真空断熱ケータイマグ

まずは美味しいホット・コーヒーを飲むための、結論。

結論: サーモスの真空断熱ケータイマグを買う

ホット・コーヒーの美味しさ

な……何を言ってるのか わからねーと思うが──。

コーヒーの、もとい、ホット・コーヒーの美味しさって、「ホットであること」が一番、だと思うんですよ。ホットだからこそ美味い。

どんなに美味しいという触れ込みのコーヒーをカフェで出されても、半分くらい飲んでいるうちに「冷めたコーヒー」になります。そうなると、もうそれは「美味しいコーヒー」とは別物になるんですよね。

コーヒーが冷めると、途端に酸味が強くなったり、なにより、大事な香りが損なわれます。

まぁ、もしかすると「本当に美味しいコーヒーは、冷めても美味しい」のかもしれませんが……。しかし、「冷めても美味しいお弁当のおかず」でもあるまいし、ホット・コーヒーは、ホットなうちにで飲みたいものです。

真空断熱マグの実力

ふた月ほど前から、サーモスの真空断熱マグにコーヒーを入れて、職場に持ち込んでいます。もちろん、朝のうちにコーヒーを淹れておくのです。

勤務と通勤、帰宅時間の合計、だいたい 9 時間経ってもまだ温かさを感じるのには驚きました。

普通、コーヒーカップにコーヒーを注いで飲むことを考えると、10 分、いや、5 分 も経たないうちに冷めます。フタ付きのカップでもない限り、どんなに高級な物でも変わらないでしょう。

そのことを考えると、驚異的な保温力です。今では、自宅でコーヒーを飲むときにも、この真空断熱マグを使っています。

じつは、自分が使っているのは上で紹介しているマグの一、二世代前のもので、サイズも 0.35 リットルしかありません。しかし、勤務中にちびちびやる(酒かよ)のには充分。

誕生日プレゼントとしてもらったのですが、最近手に入れた物の中で、一番うれしかったですね。

[2] このページの一番上へ戻る