• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

日本語の作文技術

読む側にとってわかりやすい文章を書くこと──その方法をまとめた 1 冊で、1982 年の初版から多くの愛読者を生んでいる(読むだけではなく、実践者も増えて欲しいところだ)。

本書がユニークなのは、「わかりやすい文章」を説明するために、「わかりにくい文章」──つまり「悪文」を多く出しているところ。悪文は新聞記事からの引用が多く、本当にプロが書いたのか疑問を持つ文章も多い。

「わかりにくい文章」の中には、一見しただけでは悪文と気がつかない場合もある。さらに、なぜ悪文になっているのかを説明できる人は少ない。本書を読むと、まず悪文の悪文たるポイントが見抜けるようになり、修正も容易になる。

「てにをは」や「、」(読点)・「修飾の順列」は、今までなんとなく書いていたが、本書を読んで はっきりと法則が分かった。これだけでも本書を手に取る価値がある。何度も読み直し、多くの文章を書き、完全に自分のものにしたい。

ところで、日本語の作文技術 - Google 検索から、本書の要点を箇条書きにしているページが見つかる。ただ、それを見ただけで(本書を読んだ気になって)、すぐさま文章が上手になる──という人は少ないだろう。そんな人は、きちんとした文章を元から書いていたはずだ。

photo
日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多 勝一
朝日新聞社出版局 1982-01
楽天ブックス: 日本語の作文技術

実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫) 理科系の作文技術 (中公新書 (624)) 中学生からの作文技術 (朝日選書) 伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書) 日本語練習帳 (岩波新書)

by G-Tools , 2008/09/04

さて、この記事のタイトルである、本書を薦めにくい理由とは──。

対象読者はだれか

「日本語を日常的に書く人、とくに文章を書く職業の方には必携の 1 冊です!」

──このように紹介されているのをよく見るし、自分もそう言いたい。しかし、何かが引っかかって強くお勧めできない。なぜだろうか──と悩んで読み返すと、最初の章に手がかりがあった。

第一章 なぜ作文の「技術」か

ここで作文を考える場合、対象とする文章はあくまで実用的なものであって、文学的なものは扱わないことを前提としたい。

日本語の作文技術 (朝日文庫)』 p.9

本書が取り扱う「実用的」な文章とは何か。次の 4 つを挙げている。

  1. 論文
  2. 評論
  3. 解説記事
  4. 新聞記事

下に行くほど「事実的」なのだそうだ。──ウェブ上の情報に毒されている人は、素直に納得ができないのでは? それは別の話なので置いておくとして……。

つまり、上記の実用的・事実的な文章を書くための本なのだ。後半になるほど、「自分で取材をして、客観的な『事実』を集めて、(新聞)記事にする」話に特化していく。

「ブログ(ケータイ小説でも可)を書いているが、自分の文章に自信がない。もっと読みやすい文を書きたい」

という人には、同じ本多 勝一氏の著作の中でも、もう少し簡単に読める本を探したほうが良いかもしれない。

まとめ

前半でお勧めしたと思ったら、後半で急に逆のことを言って、申し訳ない。「正直に書く」難しさを感じ取っていただければ幸い(そんな人はいないと思うが)。

古い技術書ながら今でも通用する内容だし、書いてあることも理解しやすい。しかし、「単なる how-to 本」を求める人には手に余る。──そういう意味で、お勧めしにくいということ。

自分が書いた文章の読者を想定して、彼らに分かりやすく伝えたい。──そんな殊勝な心がけの人には、ぜひとも読んで欲しい。読んで得られるものは多いはずだ。

[2] このページの一番上へ戻る