• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 71 ページ 「才能とプライド」 (週刊少年ジャンプ 2010 年 09 号)

tree of gifts (by dee_gee) (by dee_gee)

「ジャンプ」にとって、前例のないことが起こりました。ひとつは連載会議のことと、もうひとつは連載そのものです。

もちろん、『バクマン。』の中にあるジャンプ編集部でのできごとであり、フィクションです。現実世界のジャンプでは、実行できるマンガ家さんがいないでしょう。強いて言えば、『こち亀』の秋本治先生くらいでしょうか。

最近の『バクマン。』を読むと、もう、主人公が誰だか分からなくなりますね。今回の「前代未聞のこと」のせいで、さらに亜城木夢叶の影が薄くなりそうです……。

間違い ありません

会議室に入るまでは浮かれていた雄二郎は、入室後に微妙な表情をしている。なんだこの顔は。雄二郎には「神妙な態度」がまったく似合いませんね。一方の服部は、いつものように無表情です。こういう時には、便利ですね。

ダブル服部は、2 人とも胸に野望を抱いている。ひとりは「面白いマンガを読みたい・載せたい」と考え、もうひとりは「出世したい!」と願う。──メチャメチャ動機が違うところに、2 人の性格が出ています。

ただ、出世して「上の人間」になって、初めてできることもあるでしょう。最終的に服部と雄二郎が目指すところは、同じなのかもしれません。アフロはさておき、はやく服部が会議を仕切るようになって欲しいです。あとは吉田がいれば、瓶子も相田もいらないのでは?(言い過ぎ)

読んでみて ください

連載会議に参加する直前に、服部は封筒を手にしています。小さなコマで描いてあるワリに気になったのですが、中には重要なアイテムが入っていました。我ながら、『DEATH NOTE』の【L】なみの観察眼じゃないかと──は思いませんでしたが。

服部は、岩瀬(秋名愛子)の原作を各編集者へ配りました。ちゃんと人数分を用意していて、用意周到です。しかし、ここで原稿を見せた意味が、キワドイですね。つまりは、岩瀬の書いた原作だけでは力不足で、新妻エイジがネームに起こしたからこそ、ここまで 面白くなったのです。

この場面だけを見ると、「けっきょくはエイジがすごいだけじゃない?」と思った人もいるでしょう。それはそのとおりですが、岩瀬が書いた話は、エイジには考え出せないのです。やはり、2 人だから描けるマンガなんですね。──まぁ、「+NATURAL」の連載が続けば、エイジの話作りも強化されそうですケド。

豪語しています

雄二郎の発言がオカシイです。

入れ知恵 しましたと言いながら「(キリッ)」という表情をしていますが、雄二郎の威張れる要素が一つもない。そもそも、2 本連載して 「ジャンプ」一番の マンガ家に なります! と張り切っていたのは、エイジ自身です。雄二郎は、何でも自分の手柄にしたがる、という証拠ですね。

──まぁ、アフロのことは置いておいて。

この会議の場面は、服部が参加していなければ、かなりキケンでした。当初の予定どおりに、会議を通ってから MONEYS の正体を明かしていたら、かなり問題になったはずです。だから、この「班長以下が連載会議に出席する」ことは、絶対に必要だったと思います。それがどうも、アヤういなぁ……。

とはいえ、服部が言うとおり、看板作家である新妻エイジ 作画とすると それだけで 回してもらえない 恐れがあるので、今回の作戦しか手がないでしょうね。

退室して よし

服部コンビは、あくまでも「事情徴収」で呼ばれただけなので、『+NATURAL』が連載されるかどうかの結果は告げられませんでした。しかし、聞こえるように結果を言ったのは、佐々木編集長の粋な計らいかもしれませんね。

会議から帰ってきた雄二郎を見て、ちょっと見直しました。会議室へ向かって行った姿は(普段と同じく)脳天気に見えましたが、どうも演技だったようです。だから、港浦たちに対しては適当なことを言っている。完全に連載が決まるまでは、MONEYS のことは隠しておくつもりなんですね。

亜城木夢叶の仕事場では、会議の結果を長く待ちすぎて、みんな限界の様子です。何だか毎回、今回は 遅いなと言っているような……。

決まったーー

久しぶりに、連載決定のおめでとうを聞けました!今回は、連載が決まるまでがかなり長く感じましたね。

──ただ、振り返ってみると、『疑探偵 TRAP』の頃と違って、余分に原稿を用意したりといった策略もなく、キャラにも思い入れがない。先行きが不安ですね……。

サイコーとシュージンにとって一番の驚異は、作画 新妻エイジでしょう。この作品の一番の胸囲は、見吉──いや、美雪ママかな(?)。それはともかく、せっかく『タント』が連載を始めても、しばらくはエイジの2 本連載で話題が持ちきりでしょうね。これは──打切りフラグか?

[2] このページの一番上へ戻る