• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 137 ページ 「巻頭カラーとセンターカラー」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 29 号)

Abracadabra!
(成功か失敗か──まだ分からない)

平丸一也は、せっかく絵が上手になったのに、アンケートの順位には結び付きませんでした。たしかに、マンガの絵柄が急に変わったら、読者も戸惑うだけでしょう。

たとえば、下のような作品は、応援しにくい。

変わらずか …………

亜城木夢叶も福田も高浜も、じわじわと票を伸ばしています。「みんなで協力して新妻エイジを倒すぞ!」という感じが、少年マンガらしくて良い!

──と思ったけれど、よく考えたら、「福田組」の全員で票を取り合っていることになります。仲良く協力し合っているようでいて、真剣に競い合っている。彼らの関係は、ずっと変わらないでしょうね。

結果だけを見れば、亜城木・福田・高浜の 3 組が合計して 60 票近く稼いだのに、エイジは 30 票くらいしか落としていない。どこまでも王者の風格です。新妻エイジの実力を、亜城木夢叶も読者も、あらためて思い知らされました。

そんな面白いマンガを、現実世界の「ジャンプ」でも読んでみたい! この夏に帰ってくる(予定の)『HUNTER×HUNTER』が、それくらいの破壊力だったら──、それはとっても嬉しいなって、思ってしまうのでした。

シュージンは、「福田組」の全員で頑張っているから、少し人頼みな ところもあると言っている。しかし、そもそもアンケートの結果は、(気まぐれな)読者が頼りですよね。そこを考えても仕方がありません。

それは 間違いない

1 位を獲れば それが 1 番面白い マンガ──というサイコーの意見には、異論が多そうです。自分も、人気が上位の作品には、いくつか疑問がある。しかし、「ジャンプ」のマンガ家がそれを否定していたら、何も始まりません。

ただ、「面白い」とは何か、読者の 1 人として一度はじっくりと考えたほうが、より作品を楽しめる。「売れている作品(のみ)を評価する」という傾向が最近は強いけれど、自分の目で見て評価をするべきです。


『正義の三肩』が、『CROW』を抜く作品の候補として、編集部で一番人気になっている! ついに高浜の時代が来ました! 「高浜昇陽を O☆U☆E☆N する集い」会員としては、喜ばしい限りです。

亜城木コンビは、その結果を聞いて、ハトがマスケット(銃)を食らったような顔をしている。これまでも『三肩』は『PCP』のすぐ下の順位だったのに、この 2 人は まるで意識していなかった。だから、不意を突かれたのです。

師弟愛なんて、彼らには──ないのか……。

いけますよ 港浦さん…

あせらず物静かな高浜に、威厳を感じました。おだやかな表情だけれど、心は燃えている。だんだんと物語を盛り上げていき、巻頭カラーの回に劇的な展開を合わせる──という計算に自信があるからですね。

──担当者の港浦が、そんな状況を把握していないのは、けっこうマズいんですけどね……(いつものこと)。彼のカラ元気を見ていると、高浜は「あきれ顔」をしているように思える(いつm)。


『僕には通じない』は、意外にも順位が下がりましたね! 平丸には、画力なんて必要なかったのか?

気持ちがネガティブになると、アイデアがわき出してくる──という平丸の特殊能力も、今回ばかりは発動していません。今回だけならギャグで済むけれど、とっくにその才能が なくなっていたら──。

ただ、それならそれで、絵を上達するのも話を考えるのも、才能ではなく努力で成し遂げる──となればいい。その時こそ、マンガ家としての平丸一也の人生が始まる──かも。

今のところ、中井巧朗だけが得をしているような……。

来週は 更に面白い

「カラーの回には票が集まる」ということが、常識的な法則として今回は何度も出てきます。とくに、センタ・カラーよりも巻頭カラーが良いらしい。

しかし、自分には、巻頭ページは うれしくありません。なぜなら、ページがめくりにくい。広告やプレゼントにまぎれて、マンガのカラー・ページを読み落とすこともあります。

──これって私だけでしょうか?【知恵袋】


『ロードレーサー GIRI』は、アニメの効果も期待できる上に巻頭カラーで、かなりの票を集めそうです。そのわりには、『三肩』の次という評価でした。ここから推測できるように、よっぽど今回の『三肩』が面白いのでしょうね。

「ジャンプ」でレース物が載った最後は、いつだっただろう……? いくら記憶をたどっても、思い出せません。『バクマン。』の中で名前が出て来た『よろしくメカドック』を覚えているくらい。「面白いバイク・マンガ」は、作者の願いなのかも。

えっ 変わらず?

福田真太は、新キャラと ニューマシンの 効果なしという結果を聞いても、いたって冷静です。雄二郎との打合せではノリノリだっただけに、ショックを受けそうなのですが……。まぁ、3 位は悔しがる順位ではないか。

この場面で福田の態度が変わらなかったのは、まだ勝負をする週ではなかったからです。本番は、1 か月後に取ってある。──気の長い話ですよねぇ、いつも思うけれど……。

週刊連載マンガのカラー・イラストに 1 か月も時間をかけるのは、あまり例を見ないでしょう。それだけ気合いを入れて取り組めば、アンケートにも生きてくる──と言いたいところですが、逆効果なのでは?

福田のマンガは、勢いで読者を巻き込むタイプです。荒々しい絵柄にも それが表われている。多くの時間を費やしたせいで、せっかくの勢いが死んでしまいそうです。それとも、油絵でも描くつもりだったりして。

その前に、福田はカラーが苦手そうだよなぁ……。

[2] このページの一番上へ戻る