• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

マイナなツールに光を!

実は、ここ数ヶ月ほど『窓使いの憂鬱』をいじくりまわしています。ここの更新が滞っていた原因のひとつだったり。

窓使いの憂鬱窓使いの憂鬱

簡単に言うとWindows2000, WindowsXP で動く汎用キーバインディング変更ソフトなのですが、アプリケーションソフト毎にキーバインドを変更できたり、日本語入力だけをカスタマイズできたり、細かい指定ができるのが素晴らしい!

ただ、設定を変更するためには独自フォーマットのテキストファイルを編集する必要があります。このあたりが、「初心者お断り」なツールと言われるところですね。

自分も、去年くらいから識っていましたが、何となく手が出せずにいました。──が、よく考えたらXyzzyの設定をチマチマ変更するのが好きな自分に、しっくり合っていました。

『窓使いの憂鬱』(以下、)は、書くことが多すぎてまとめられない(XyzzyやMovable Typeのように)のですが、これからは、ちょっとしたTipsを書いていこうと思います。

──「リカバリ後にインストールするツール10」みたいな記事のほとんどが「某Vect●r」や「某の杜」の人気ツールばかりという現状に

糸色 望 し た !

ということで、asiamothはマイナなツールを応援します。

今回は、繭で「親指コントロール」を実現する方法(のひとつ)を紹介します。

「Emacs風キーバインドにしたのはいいけど、左小指が痛くて──」

という人はぜひどうぞ。

親指コントロールって?

「親指コントロール」とは (1)

コントロールキーを親指で押せる位置に配置することの総称。左手親指コントロール、右手親指コントロールなどがある。

色々書くとこ(仮) - 親指コントロール

「親指コントロール」について、初めて知ったページ。

UNIX 系のマシンではキーボードのレイアウトをちょっといじって る。コントロールキーを「変換」「無変換」キーに割り当てているのだ。 名付けて「親指コントロール」。これのおかげで手首のひねりが減って、 手首痛も快方に向かっているわけ。

[を] 親指コントロール

検索してみると、たつをさんのところでも書かれていましたね。

繭では

こんな感じに設定しました。

# 繭使いの憂鬱 <2> を参考に
 mod control        += !!無変換    # 無変換を押しっぱなしで Ctrl
 key *無変換         = *BackSpace  # 無変換を押してすぐ離すと BS
#  key R-*無変換     = &Ignore     # しばらく無変換を押したあとで離すとキャンセル
 key R-*無変換       = *LControl   # ↑だとCtrlが押されたままになるのでこっちで

初めは、コメントアウトしてある3行目のように設定していたのですが、不具合が出たので4行目のようにしました。

3行目の設定だと、Firefoxで無変換Ctrl) + Tabを押してタブを切り替えたあと、ホイールスクロールしようとすると、必ず文字サイズ変更になります。

つまり、Ctrlが押されたままの状態になっているわけです。

繭的に言うと「ワンショットモディファイアはD-だけWindowsに送って、U-を送っていないのが原因」なのではないかと。

いろいろ試行錯誤して、いまの形に落ち着きました。便利!

[2] このページの一番上へ戻る