• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

ダークナイト

今日(2008/08/09)公開されたばかりの『ダークナイト』(監督: クリストファー・ノーラン)を見てきました! 最高に面白かったです。

大の大人を 152 分間(!)も狭いシートに押し込めて、それでいて大満足で帰らせる──。そのくらいのパワーがある映画でした。

photo
ダークナイト 特別版 [DVD]
クリスチャン・ベール, マイケル・ケイン, ヒース・レジャー, ゲーリー・オールドマン, クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-12-10

インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 スペシャルコレクターズ・エディション 【2枚組】 [DVD] ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 リミテッド・バージョン [DVD] ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD] インクレディブル・ハルク デラックス・コレクターズ・エディション 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD] ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

by G-Tools , 2008/12/09

タイトルに「バットマン」が含まれていないことと、ジョーカーが登場することから、「バットマンが主役か、ジョーカーが主役か分からない」という内容を予想していました。

しかし意外や意外、ノーマークだった「正義感の検事」も主役のひとりと見てもおかしくない話です。さらには、数少ないバットマンの味方である警部補も主役級。

それくらい、主要人物たちは全員、主役を張ってもいいくらいの存在感でした。

アクションもすごい! バットマンは銃に頼らず、バットスーツもほぼ防御のために着ているだけで、下は己の肉体のみ。そのため、徒手空拳が中心。けっこう、バットマンが殴られたり投げられたり、犬に噛まれたり(笑)するので、痛さが伝わってきます。

おなじみのバットモービルが登場すると、一変して大迫力のカーチェイス! さらに、この車両は後半で──。おっと、続きは映画館でどうぞ……(バレバレの画像を貼っておいてなんだけど)。

登場人物について

闇に紛れて悪と戦うバットマンは、昼間は大富豪のブルース・ウェイン。彼を演じるクリスチャン・ベールは、もう、憎たらしいほどのハンサムで上等なスーツが似合い、まるで「おれはバットマンを見に行ったと思ったら、いつのまにか 007 になっていた」感じ。

対するジョーカーはヒース・レジャーが熱演。狂喜して凶器で殺す狂気の男ながら、ときどき子どものような表情を見せるのが印象的でした。テロ行為をたいした目的もなく行い、金に執着せず、仲間も平気で殺す……。永久に架空のキャラクタでいて欲しい存在です。

「暗黒の騎士」(ダークナイト)・バットマンと対になる「光の騎士」(ホワイトナイト)、ハービー・デント検事はアーロン・エッカートが好演。彼の「いいひと」っぷりは、見ていて涙が出てきます。そしてその顛末(てんまつ)も──。

さらに、ゲイリー・オールドマンが(いつもの)異常さを抑えて演じた、ジェームズ・ゴードン警部補にも注目。彼の演技力ならジョーカーでもおかしくないのに、地味な配役だな──、と思っていると、かなり驚かされます。

この 4 人が主人公の話を、ぎゅっと濃縮して一本の映画にまとめた、と考えると、よく 2 時間半で済んだものです。本当、退屈な場面がありませんでした。

ところで、ヒロインのレイチェル・ドーズ(マギー・ジレンホール)は──。「(略)いつの間にか『スパイダーマン』になっていた」と言えば、なんとなく察してもらえるでしょうか……?

まとめ

またいつものように、1 回の記事では書ききれないくらい、言いたいことが多くある作品でした。

自分は、亡くなってからその人を高く評価する態度は嫌いです。ゴッホを例に挙げるまでもなく、「生きているうちに評価しろよ!」と。

しかし、その主張を曲げてでも、ヒース・レジャーのジョーカーは素晴らしかった! と評価したくなります。まさか、ジャック・ニコルソンに勝るとも劣らないジョーカーが現れるとは……。それだけに、彼の死は、本当に惜しいですね。

そういえば、もう 20 年近く前の映画である『バットマン』を見た人には、ニヤリ、とするシーンがラスト付近でありました。バットマンとジョーカーが高層ビルで戦い、そして──というところ。まさに「2008 年版のバットマン」を象徴する戦い方でした。

[2] このページの一番上へ戻る