北京オリンピック閉幕

北京オリンピックが終わりましたね。

自分は、オリンピックにも野球にもまったく興味がありません。なので詳しくないですが、いろいろと言われているようですね──、野球について。

Google ニュース検索: 星野ジャパン

終わったことは終わったこととして、前向きに行きましょう(生きましょう)。

ただ、不平不満をため込むと精神にも体にも良くないです。匿名掲示板に書き込むか、同僚や友人・脳内の恋人などと話し合うかして、絶対的に安全な位置で優越感を味わいましょう。

そのあとで、一呼吸を置いたら、続きをどうぞ……。

人間は笑う葦である

さてここで、再読している本から引用します。

首相とプロ野球の監督は、多くの人の批判の対象になっている。妻やこどもに手を焼き(ほとんどの男がそうだ)、首相の氏名も正確に書けないような人が、野球監督や首相を見て「自分ならもっとうまくやれる」とかたく信じているのだ。(……)

首相や野球監督ほど、多くの人から「自分ならもっとうまくやれる」と思われている仕事は珍しいのである。

人間は笑う葦である (文春文庫)』 p.102-p.103

首相動静

上は、『首相になれといわれたら』というエッセイの中の一節です。

同じエッセイの中にある、橋本元首相と首相番記者のやりとりを記録した、「首相動静」からの引用も面白い。

記者「出生率の低下は相変わらず低水準のようだが」

首相「君はこどもがいるのか」

記者「いません」

首相「強制的にこどもをつくれといわれて、つくるか」

記者「いえ」

首相「そうだろう。こういうことは国が強制してできることではないんだ。出生率が低水準なことは憂うべきことだが、国としてはどうしようもできない。こういうことは皆で考えていかねばならない。だいたいこどものいないやつがそんな質問をするなよ」

(九十六年六月三十日)

人間は笑う葦である (文春文庫)』 p.118

──最後のひと言が強烈ですが、おおむね正論ですね。

そのほか、記者のあまりにも無神経・無能な質問、政治と関係がない質問をばったばったと切り倒す(元)首相を見て、やはりすごい人物が総理大臣になるのだな、と思いました(小学生の感想)。

photo
人間は笑う葦である (文春文庫)
土屋 賢二
文藝春秋 2001-02

汝みずからを笑え (文春文庫) 棚から哲学 (文春文庫) ツチヤの軽はずみ (文春文庫) ソクラテスの口説き方 哲学者かく笑えり (講談社文庫)

by G-Tools , 2008/08/24

まとめ

結論: 言うは易く行うは難し

[2] このページの一番上へ戻る