• 投稿:
  • カテゴリィ:

暗殺教室』 第 90 話 「イケメンの時間」

2010-10-28_114700_Canon EOS 7D_18-270mm 色男は──みんなを影から支援する

暗殺教室』が今週号の巻頭カラーを飾りました!

まずは、読者から応募された暗殺者・「生せんせー」(いかせんせー)と殺せんせーが、「なかよく けんかしな」といった絵です。──にぎやかに料理をしているようにしか見えないケド。
「殺」に対する「生」は すぐに思いつきそうだけれど、暗殺方法や設定・造形が素晴らしい! 堀部イトナに触手を植え付けたシロに生せんせーを作ってもらい、本編でも活躍させて欲しいです!

タイトルのイラストは南国風で さわやかでした!
運転席には烏間 惟臣がクールに ほほえみ、助手席ではイリーナ・イェラビッチが大はしゃぎしている。
──彼女には、後部座席の生徒たちがジャマだったに違いない。


ところで、表紙は『ニセコイ』だったから、どんなに かわいらしい(そして「ごくり……」な)カラー・イラストが見られるかと思った人は多いでしょうね。
ワクワクしながら表紙をめくると、タコとイカがケンカしている──なんて想像の限界を超えている(『To LOVEる』の 矢吹 健太朗先生なら生唾ゴクリな絵に なったはず)。

特性は違えども

やっと磯貝 悠馬のメイン回です!
同じくイケメンな前原 陽斗は とっくに主役を務めたのに、E 組の委員長は主役の回まで控えめでした。
この 2 人は仲が良い(意味深)けれど、性格から何から まるっきり違うところが面白い。──髪の毛の色から連想したけれど、『HUNTER×HUNTER』のゴンとキルアに似ているかも。


磯貝シェフが作る「きんぎょ汁」のレシピは、『暗殺教室 (9)』で描き下ろされています。
──「うち貧乏だから 百円で一食分 浮いたのは ありがたいわ」と言う磯貝にドン引きしていたのに、家まで押しかけて食べさせてもらった前原も、そうとうの天然ですね!
磯貝家の家計が貧しい理由は、「毎日のように前原が遊びに来る」だったりして。

暗殺教室 第 9 巻 「衝撃の時間」 足下から死神が立つ | 亜細亜ノ蛾

天然対決

いつも笑顔で「天然の マダムキラー」と言えば──。
食戟のソーマ』に登場する裸の大将もとい露出狂もとい一色 慧が思い浮かびます。彼もイケメンですね!
しかし、じつは一式には腹黒い部分があって、たまにドロリと見え隠れする。それが楽しい! ラスボスは彼なのでは──と想像しました(ラスボス?)。


一方、磯貝には裏表が ありません。
現実世界には そんな人は少数ですが、いても面白みがなかったりする。
ところが、磯貝には積み重ねて 身につけた人徳が あり、クラスのリーダとして みんなから慕われています。
単純に いい奴だもん あいつ」と親友が言い切り、同級生が即座に同意するなんて、なかなか見られる光景ではありません。

──とか書いたけれど、「アホ毛貧乏!!」と騒いでいる場面では、わりと全員が本気で腹を立てているような……。こういう状況では傍観者に徹するはずの潮田 渚まで、冷めた顔で紙くずを投げている。
ただ、これは「磯貝が退学すること」に ついて許せない気持ちの表われでしょうね。こんなにも真剣に思ってもらえるなんて うらやましい!

彼女の思惑

磯貝に対して、いちいち「イケメンだ!!」と目を輝かせる(そして岡島 大河には汚物を見るような目を向ける)茅野カエデに笑いました(ついでに渚まで ほほが赤い!)。
茅野が(絶壁の)胸をときめかせた相手と言えば、片岡メグ矢田 桃花くらいでした。彼女が掘られ──もといホレかけた人物が女性ばかりなので、てっきり「そっちの住人」だと確信していたのに(どっち?)。
きっと、「磯貝くんなら 胸の凹凸なんて気にしないで つきあってくれる!」と茅野は信じているのでしょうね(さすがに へこんではいない──かなぁ……?)。

磯貝
「──ごめん。G カップ未満は恋愛対象じゃないんだ……」
茅野
「イケメ──ええええっ!!!?」

──意外な好みが発覚したりして。

支配者の真意

浅野 学秀の狙いが読めません。
ただたんに「外人部隊を要請して棒倒しで圧勝する」だけだろうか?
その程度では、学秀の顔の広さを誇示するだけです。浅野 學峯理事長が冒頭で語った「いかにルールの隙を突き どのように 持ち駒を使いこなすか」という「リーダーの適正」を示せません。

たぶん、まだ「裏ルール」が隠されているのでしょう。
人数の違いが決定的な力の差と なるような、なにかの仕掛けを用意してあるのかも。外国人の 4 人は、その部分を増強するために呼んだのでは?
あるいは、「棒倒しに参加した」時点で E 組(というか校則違反の磯貝)が詰んでいる──という恐ろしい計画も ありそう。

おわりに

題名は、「色男金と力はなかりけりから借りました。
ことわざと同じで磯貝の家には財力が ない。しかし、先導者としての力が十分にあるため、今回のタイトルに決めました。
これだけ人徳がある磯貝は、社会に出て大きく成功するでしょう。すると何一つ弱点が なくなりますね!
それまでに地球が残っていれば──。

[2] このページの一番上へ戻る