• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 コミックス 1 巻「夢と現実」

祝・『バクマン。』のコミック 1 巻の発売! こいつァ春から縁起がいいワイ(三重弁なまりの江戸っ子)。

このコミックの見どころは、なんといっても「大場つぐみ・小畑健によるネーム」である。マンガ家のネームを見られる機会が少ない上に、神のようなお二方のネームが見られるのだ。

そのネームが、もう……。

1 巻の見どころ

何も言わずに下記のリンクを見て欲しい。

ToLOVEる☆LOVE バクマン。 大場つぐみ=ガモウひろしが確定したようです

山形県の如月高校野球部キャプテン(四番・ライト)の言葉を借りると──

「このネームでガモウひろしでなければ、それはむしろ大場つぐみのほうがおかしい」

と言えるだろう(?)。

「このメンバーは 後にも先にも 如月高最強だと 確信する」

「このチームで 勝てねっきゃ それは むしろ 野球のルールの方が おかしいなだな」

レベルE (vol.3) (ジャンプ・コミックス)』 p.46

この記事のタイトルにも、さりげなく彼の名を混入してみた。たぶん、100 万人くらい同じネタを書いただろう。

本サイトの記事一覧

さて、この巻に収録されているページ 1 からページ 7 までの感想を紹介する。──このころはまだ「1 話の感想を 1 回で」書いていたのだな……(遠くを見る)。

カーソルを合わせるとページの概要が表示される──が、面倒なのでクリックしてご覧いただきたい(え?)。

  1. バクマン。 NO.1「夢と現実」 大場つぐみと小畑健の新連載! : 亜細亜ノ蛾
  2. バクマン。 NO.2「馬鹿と利口」 頭がいいサイコーとシュウジン : 亜細亜ノ蛾
  3. バクマン。 NO.3「ペンとネーム」 川口たろうとカブラペン : 亜細亜ノ蛾
  4. バクマン。 No.4「親と子」春野美雪と漢の浪マン : 亜細亜ノ蛾
  5. バクマン。 NO.5「時と鍵」 もうひとりの天才と『男の条件』 : 亜細亜ノ蛾
  6. バクマン。 NO.6「ピンとキリ」 シュージンの才能と『ふたつの地球』 : 亜細亜ノ蛾
  7. バクマン。 NO.7「笑顔と赤面症」 女泣かせのシュージンとミホの親友 : 亜細亜ノ蛾

ところで、ページ 3 の感想を書いているあたりから、記事のタイトルを「○○と△△」に統一することに決めた。『バクマン。』本編と合わせたわけである。──そう言いながらも統一されていなかったので、あわてて直した。SEO ? なにそれ?(あんまりタイトルを変えると Google からハブられるらしい……)

[2] このページの一番上へ戻る