• 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.324 「執事」 (週刊少年ジャンプ 2011 年 49 号)

Big horns
butler よりは──battler が近い)

ある意味では、『DEATH NOTE』を思わせる話でした。あの作品のように、たくさんのルールが追加されている。

DEATH NOTE (13)』には、連載前の読み切りが収録されています。読み切り版には、世界観を打ち壊しにするアイテムが出てきました。連載でも登場するのではないか──と不安に思った日々が懐かしい。

架空の世界では、神(作者)がルールを決める。神の さじ加減一つで、その世界は唯一無二の存在にもなるし、あるいはガラクタと化す。ときどき、神よりも偉い編集者がいたりしますけどね……。

DEATH NOTE』は、いくつもの「後付けルール」が追加されたけれど、根本的な決まりごとだけは変わらなかった。だから良かったのです。

さて、『HUNTER×HUNTER』は──。

愛の密室

問題: 愛する妹が密室に閉じ込められて、厳重に監視されている。この状況から、アルカを連れて脱出するには?

──この難問のシンプルで残酷な「解答」を見て、ものすごく悔しかった! 前回までに公開された情報によって、十分に脱出する方法が思いつけたはずなのです。シルバと妻に「おねだり」しない理由も、ギリギリ当てられた。

同じようなことは、『HUNTER×HUNTER (10)』の密室でも感じました。あの時も、ヒントが与えられていたのに、まったく考えつかなかったなぁ。くやしすぎたから、ネタにしました。

『ハンター×ハンター』 10 巻の密室にジャンプキャラが挑む! | 亜細亜ノ蛾

そもそも、アルカの能力では、あの部屋からゴンを治せなかった。それをシルバが知っていれば、キルアを連れて行くことは なかったでしょうね。

この直すルールも「後付け設定」ではあるけれど、上手な味付けです。この部屋で「お願い」して終わり! ──よりも、何倍も面白くなっている。

それにしても、「離れた場所にいる母親を人質にする」なんて、冨樫先生にしか思いつけませんね! さすが──と思ったら、20 年前の「週刊少年ジャンプ」で描かれていました。

家庭の事情

前回のイルミにも驚いたけれど、今回のミルキもビックリです。2 人とも、ちゃんとキルアの気持ちを理解している。

──まぁ、理解した上で、他人の命をチリ紙のように使い捨てするから、余計にタチが悪いけれど。実験して 確認済みなどと、サラッと言っている。

ミルキに対して怒っているシルバが、なんだか面白い。登場のたびに「普通の とーちゃん」っぽい印象になります。この格好も、じつはケン・マスターズのコスプレだったりして。

かわいい息子たちは 2 人も家出するし(キルア・カルト)、2 人はヒキコモリになった(アルカ・ミルキ)。おまけに、昔は同じ和装が趣味だった奥さまも、なぜか毎日ひとり仮装パーティを開いている──。

ということで、家業を継いでくれそうなイルミひとりに、オヤジの愛情をコッテリと そそぐシルバを想像すると、笑え──いや、泣けるぜ……。

イルミとヒソカは

キルアの動向をイルミが知っていたのは、何らかの方法で監視しているのでは──と前回の感想で書きました。

HUNTER×HUNTER #323 「依頼」 たびたび道連れ 情はなさげ | 亜細亜ノ蛾

──そうではなく、シルバがイルミに報告したからでしょうね。キルアから久しぶりの電話に喜んで、速攻で連絡したに違いない!

イルミも、「(うわ……オヤジからの電話、テンション高すぎ?)」と思っていたりして。

普通に読めば、イルミ・ヒソカの「悪だくみコンビ」が乗った飛行船は、キルアたちと すれ違いになりそうです。──が、シルバとイルミが連絡していると考えれば、それは ありえません。

もしかして、今回・324 話よりも、前回・ 323 話は あとの時間軸を描いているのでは? 同じ飛行船に、キルアやツボネが乗っているのかもしれません。

ところで──、前回の感想で書き忘れたけれど、1 ページ目の一番下に、ジンらしき人影が見えます。なんとなく、イルミとヒソカの会話を聞いているようにも見える。あとから つながってきたら、楽しいぜ!

父の愛・母の愛

こうやって(勝手な妄想を)考えてみると、ミルキが家に引きこもっていることを、どうしてシルバは許しているのか、よく分かりますね。

──さみしい、からさ……。

たぶん、ナニカへのお願いが「父親を──」だったら、ゾルディック家を守るために、シルバは犠牲になったと思います。そのまま、兄と妹を閉じ込めたでしょう。

では、「ミルキを──」ならば?

母親は、キルアとアルカ・カルトは溺愛しているけれど──、ミルキとは会話をしたことがない。たまたま その場面がないだけなのか、それとも──。

見るからに甘くない

ツボネの名前は、「お局様(おつぼねさま)」から来ているのかな。『天空の城ラピュタ』に出てきそうですよね。得意のセリフは、

40 秒で死滅しな!

──で決まりです。

そう言えば、下の感想で書いたネタが頭に残っていたから、ツボネへの「おねだり」は「小指」かと思ってドキッとしました。

HUNTER×HUNTER #322 「兄妹」 ブラック・オア・ホワイト | 亜細亜ノ蛾

女の戦い

一方のアマネは、西村キヌ先生が描いた「いぶき」っぽい。目つきが厳しいけれど、丸っこい鼻が愛らしいですね。

(まったく関係ないけれど、記事にも書いた「西村キヌコレクション 不知火 舞」のフィギュアを色違いで 2 体も購入して、両方ともオカンに捨てられた思い出が、ジンワリと脳裏に蘇りました……。舞さん……)

いかにも強そうなアマネに対して、おそらく実力で大きく劣るカナリアは、まったく物怖じしていません。すでに命を失う覚悟ができているからです。彼女もまた、成長している。

懐かしいゴトーに対して、アルカは 「女の子」とキルアは言っています。ハッキリと言っているわりには、「女の子」の部分が括弧付きなんですよね。

やっぱり──本当は男の娘なのでは……。

逆・神経衰弱

今回は、登場人物が ものすごく多かった! それでも、「キャラがカブった」りしていない。それどころか、同じマンガに出ているとは思えないくらい、生まれ・育ち・人種、何もかも違う。

長期連載マンガは、「人大杉」になることが宿命です。しかし、ひとり(ひと組)で描いていると、どうしても似たような人物になってくる。初期の登場人物は思い入れが深いため、だんだんと「○○の劣化コピー」が多くなります。

しかし、『HUNTER×HUNTER』は違う。

HUNTER×HUNTER (4)』の 131 ページをご覧ください。ボドロに向かってネテロ会長は、キャラかぶってんな コイツと言って(思って)います。

──そんなこと読者の誰も考えてねェーーーッ! いかに「キャラかぶり」を作者が嫌っているか、よく分かる一コマです。人類史上、これほど人物を描き分けられた人間は、ほかに存在しないのでは──と思いたくなる。

また、前回や今回のラストでは、キルアの表情は「無理に笑っている」ことが一目で分かります。今回のナデナデする場面やチューしてもらう時は、やわらいだ顔になっている。微妙なミリ単位の違いですね。

ところが、ツボネ先生の鼻は、モラウとソックリです。前からも横からも、どこから見ても似ている。もしかして、親子なのでは?

──それを言いだしたら、キルア以外にも鼻が「く」の字の人物は多いけれど。

あとは、アップになった時に、パリストンとシャウアプフが似て見える。「パリストンはプフの分身説」を唱えたくなりますが、あり得ないでしょう。両者は性格も まったく違うし。

「ナニカ」の基準

黒目の時の コイツを 「ナニカ」って 呼んでる──とキルアは父親に語りました。ところが、ツボネに「おねだり」した時の妹を、キルアは「ナニカ」と呼んでいます。

──これは矛盾しているのでは?

おそらく、「ナニカ」がアルカを操っている──というイメージでキルアは考えているのでしょう。「おねだり」をしている時の彼女と、普段のアルカとは、あきらかに別人に見えます。

ただ、前回の後半や今回の冒頭を見ると、普通に「かわいい妹」としてアルカはキルアに甘えている。しかも、「キルア」ではなく、「お兄ちゃん」と呼んでいます。

本名を呼ばない限りは「おねだり」状態ではない──という説を、前回のコメントでいただきました(感謝!)。自分も納得しましたが、あっさりとキルアは「お願い」できている。

最新型パソコンの「尻ぬぐい」が、「死んだふりごっこ」「しりとり」「ナデナデ」で済むところも、妙に軽すぎます。うーん、キルアだけは特別なのかも。

「命令」の意味

「お願い」は 出来なくても 「命令」は 出来る──とは、どういう意味なのでしょうか。

もしも文字どおりに、ナニカに「命令」さえすれば なんでも願いが叶うのであれば──台なしになる。「おねだり」すら不要だったら、ここ数話分が無意味です。さすがに、それは ないでしょうね。

あせっているキルアの表情から考えて、このタイミングでツボネにアルカが「おねだり」するのは、予想外だったに違いありません。だから、「命令」は最後の手段だと思う。

命の選択を

ゴンの件が一段落ついたら、アルカの「おねだり」をキルアが一回 聞いて、そのまま遠くへ離れれば、ほかの被害者は出なくなります。

ただし、キルアが亡くなった場合は、どうしても多くの犠牲者が出る。そのことに目をつむれるほど、キルアは非情になれないはず。また、ツボネが先にやってしまった以上、作者の性格から考えて、同じことは描かないでしょうね。それでは──、

どうやってアルカを「助ける」のだろう?

No.322 「兄妹」の時点で、自分なりの「ナニカ対策」を書きました。でも、その前に、ゴンを治した代償を払う必要がある──。そちらのほうが、超難問です。

今回、キルアの「お願い」で実現したのは、ホッペにチューでした。それにしては、ツボネは痛い「尻ぬぐい」をしている。さらには、母親の命と爪とでは、まったく釣り合っていない。

つまり、「選択式のお願い」の場合は、「お願い」の重さを合計した上で、叶えた分を考慮した「尻ぬぐい」だけが必要だと見ました。

そこから考えたのは、ゴンが眠る病室を完全な密室にして、次の「お願い」をする──というアイデアです。ちょっと(かなり?)無理があるかなぁ……。

  1. 3 秒以内にペロペロキャンディを出して!
  2. できなければ、3 秒以内に(以下省略)
  3. それがダメなら、ゴンを元通りにして!

幼いころ助けた鳥のように、いつか兄妹そろって羽ばたける日が来るのだろうか──。

[2] このページの一番上へ戻る