ジョニー・デップ一覧

アリス・イン・ワンダーランド – いつまでも夢見る乙女は霧に消え

『アリス・イン・ワンダーランド』 (Alice in Wonderland)

Alice_01_23_31
(最後にハッキリと──白赤つけよう)

「へんてこりんの ぽんぽこりん」な人物ばかりが出てくる映画です。まさにティム・バートン監督らしい世界を描いた作品でした。なぜ、いままで彼が撮影していなかったのか、不思議に思うくらい。

本作品のストーリィは、世界的に有名な物語である(けれど自分は読んでいない)『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』の後日談です。幼少のころに冒険した「不思議の国」を、成長したアリスが十数年ぶりに訪れて──という感じ。

まるで、以前に流行した「いつまでもオトナになりきれない人」を描いた作品のようですよね? 最後に「現実に帰れ!」と叫ばれそう。

ところが、この映画に出てくる主人公──アリス・キングスレーミア・ワシコウスカ)は現実的な考え方をしていて、「早く夢が覚めないかな」と思いながら冒険をする。しかも、ずっと──しかめっ面なのです。

こんなアリスは、見たことがない!

世に知られている原作をリメイクする場合は、現代的なテーマを盛り込むことが多いです。監督か脚本家の政治的な主張が見え隠れして、残念な結果に終わる映画もある。

『アリス・イン・ワンダーランド』は、そういった説教臭い面がありません。そこが良かった。

ジョニー・デップが演じるマッドハッター(タラント・ハイトップ)などの奇妙な登場人物や、不気味に美しい「アンダーランド」を眺めているだけでも面白い。家族や友だち・恋人と安心して楽しめる傑作です。

続きを読む


『チャーリーとチョコレート工場』 けっしてお子様には……

『チャーリーとチョコレート工場』

主人公のチャーリーは子役(フレディ・ハイモア)で、ジョニー・デップはチョコレート工場長・ウィリー・ウォンカ役です。

ウォンカが経営するチョコレート工場は、スパイ防止のため、一般人は立ち入り禁止です。そこへ、子供を 5 人だけ招待することになったのですが、工場内では不思議な世界が広がっていて──。というファンタジィ映画です。

ものすごく面白いけど、ちょっとお子様には見せられないよね、という映画でした。R15 くらいが、ちょうどいいように思います。

世の親御さん方が、中身を見ずに「子供向け」と判断して、お子様に買い与えるようなことが無いように願います(まぁ、何万枚と子供の手に渡ったとは思うけど)。子供にとっては、ホラー映画と言っても過言ではない内容です。

確かに、

  • 原作は児童文学小説『チョコレート工場の秘密[ad]』(ロアルド・ダール 著)である
  • 全編、美味しそうなお菓子ばかり
  • 基本は「家族愛」の話である
  • 可愛らしい(?)リスが出てくる

──と、どこからどう見ても、「子供と一緒に家族で楽しむ映画」だし、DVD 収録の予告編を見ても、ディズニー映画を実写にしたような、じつに楽しそうな映像です。

しかし、子供が見たらトラウマになるかもしれません。それくらい、ちょっと毒が強い映画です。元が童話といっても、頭に「本当は恐ろしい」が付く感じ。

大人が見て、シュールなブラックユーモアを楽しむ映画ですね。

photo

チャーリーとチョコレート工場 特別版
ジョニー・デップ フレディー・ハイモア デヴィッド・ケリー
ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-02-03
「チャーリーとチョコレート工場」の最安値を楽天市場で探す

ティム・バートンのコープスブライド 特別版 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

by G-Tools , 2007/11/12

続きを読む


『フロム・ヘル』 切り裂きジャック対シャーロック・ホームズ?

『フロム・ヘル』

... フロム・ヘル ...フロム・ヘル 公式サイト

フロム・ヘル – Wikipedia

Yahoo!映画 – フロム・ヘル

これは、「見て得するホラー・ベストテン」の投票を募集したら、確実にランクインしそうな作品です(ホラーにとって、「見て得する」というのは褒め言葉じゃないけど)。ホラーは恐いからあまり見ない、という人にこそ見て欲しいです。

舞台は、霧煙る 1888 年のロンドン。──と、ここでピンとくる人も多いと思いますが、そう、かの有名な切り裂きジャックが出てきます。といっても主人公は、切り裂きジャックを追う警部で、ジョニー・デップが見事に演じています。

最期の方までジャックの正体は明かされないため、ミステリィ物として見ることもできる、贅沢な作りです。

事前に、切り裂きジャック – Wikipedia を見ておくと、より楽しめるかもしれませんね。

photo

フロム・ヘル (新生アルティメット・エディション)
ジョニー・デップ ヘザー・グラハム イアン・ホルム
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-05-18
楽天ブックス: フロム・ヘル

フェイク エクステンデッド・エディション 妹の恋人〈特別編〉 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット (初回限定) ナインスゲート デラックス版 耳に残るは君の歌声

by G-Tools , 2007/10/05

続きを読む


『ナインスゲート』 謎の女の正体とは?(監督の奥様)

『ナインスゲート』

ナインスゲート – Wikipedia

ナインスゲート@映画の森てんこ森: 映画のストーリィがほとんど書いてあります。重要な本の挿絵について解説あり。

魔女や悪魔がはびこる世界の中、ジョニー・デップが魔界を封印する旅に出かける話──

──かと思ってみたら、まったく違う話でした(見る前にあまりストーリィを読まないタイプ)。あと、パッケージから想像したのが、悪魔の力を借りながら戦う封魔士とか、「それなんて『コンスタンティン』?」みたいな話。それも大外れでした。

ストーリィ

ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)は、汚い手も平気で使うことで有名な、プロの「本の探偵」。彼が、ある仕事の依頼を受けるところから話が始まります。

この世に三冊しか存在していない『影の王国への九つの扉(ナインスゲート)』という本を所有する大富豪のコレクタから、この本が本物か偽物か確かめるため、残りの二冊と比べてくる、というのが依頼内容。

報酬に惹かれて依頼を受けたコルソだが、謎の女が現れたり、次々と奇怪な事件が起こり、彼の命も危険にさらされる。

はたして、『ナインスゲート』は本物なのか? この本に隠された謎とは? 謎の女の正体は?

photo

ナインスゲート デラックス版
ジョニー・デップ ロマン・ポランスキー
ジェネオン エンタテインメント 2004-06-25
楽天ブックス: ナインスゲート#デラックス版

リバティーン エド・ウッド フェイク エクステンデッド・エディション ブロウ 妹の恋人〈特別編〉

by G-Tools , 2007/09/24

続きを読む


『シークレット・ウィンドウ』 ジョニー・デップ演技に注目

『シークレット・ウィンドウ』

レンタルビデオ(というか DVD)店に行くと必ず見るのが「サスペンス」の棚。自分の好きな映画の大半はここにあります。よく見ると、レンタル店のコーナ分けはものすごく大ざっぱ(「韓流」コーナとか)ですが──。

『シークレット・ウィンドウ』はどちらかというとホラーかもしれませんが(スティーヴン・キング原作だし)、サスペンスものとして見ることもできます。実際、近所のレンタル店では「サスペンス」の棚にありました。

ジョニー・デップ主演のサスペンス、というのが珍しく、面白そうだったので見てみました。見てみると、主演者 4 人が、それぞれイヤなところだらけで面白い(笑)

シークレット ウインドウ – allcinema

シークレット ウインドウ – Wikipedia

photo

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
ジョニー・デップ スティーヴン・キング デビッド・コープ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-04-22

ネバーランド チャーリーとチョコレート工場 特別版 ナインスゲート デラックス版 エド・ウッド ドンファン

by G-Tools , 2007/07/12

続きを読む