• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

日々是みげも

毎日、何らかの形でMigemoを利用しています。便利すぎです。

Migemoの情報を探していると、SKK辞書のWikiに、Migemoに関する記述がありました。

(Migemoは)SKK 辞書を利用しています。標準ではL辞書からmigemo辞書を作成するようですが、代わりにML辞書を使用すると高速かつ程良いヒットが得られるようです。

リンク集 - SkkWiki

「ようです」というのがかなり気になります。気になったからには、確認したい──。

ということで、ML辞書からMigemo辞書作ってみました!

*migemo-dict.zip

利用の際は上記のZIPファイルを解凍し、標準の“migemo-dict”と入れ替えてください。もちろん、“migemo-dict”はバックアップを忘れずに!

ML辞書は1MByteも無いので手頃です。しかし、ここからmigemo-dictを作るのは大変だった──。

Migemo辞書のレシピ

  1. SKK ML辞書をダウンロード
  2. /をタブに変換
  3. コメントを削除(;[^\t\n]+\tを削除してから;[^\t\n]+$を削除)
  4. ^[^\t]の数が多い順に並べる
  5. 元のmigemo-dictから「一文字記号」をコピー

──とまぁ、こんな感じ(数ヶ月前の話なのでうろ覚え)。

おそらく、二度手間・三度手間の余分な作業が混じっていると思います。こういったときに、簡単にスクリプトが組めれば──。

もう一つの方法

上記以外にも、こんな方法があります。

おい!あふを語ろうぜ!Ver.15を見ると、

あーくとう から上は全部削ったら、サイズが半分以下になった

と書いてあります。

最初は「?」だったのですが、標準の“migemo-dict”をテキストエディタで開いて、納得。

「あーくとう」で検索すると、中間あたりに見つかります。

よくよく見てみると、“migemo-dict”は、Migemoで補完する単語が「文字数の多い順」に並んでいます。

要するに、そんなに文字数の多い物を補完しても仕方がないので削除しよう、ということです。

「あーくとう」から上を削除すると、辞書サイズは1.2MByteくらいになります。こっちでもいいかも。

使ってみた感想

上記の二つの辞書でしばらく使ってみましたが、どちらも、得に違和感はないですね。

以前と比べて、何か検索できなくなった、ということもありません。

むしろ、もう少し、辞書のサイズを減らしても良さそうです。またいい方法が見つかったら、記事にしてみます。

[2] このページの一番上へ戻る