『魔法少女まどか☆マギカ』 (PUELLA MAGI MADOKA MAGICA)

Ballerina
(踊る踊る少女たち──誰の手のひらで?)

「ほのぼのとした日常風景を描いた作品」のようなジャケットが特徴的で、眺めていると何とも不思議な気持ちになる第 3 巻です。もちろん、内容は──。

第 6 話で語られる「ソウルジェムの真実」が衝撃的でした。第 3 話でも「魔法少女になるということ」について、壮絶な場面で暁美ほむらが語っていたけれど──、あれでもまだ生ぬるかった

このブログの感想記事

以前に書いた感想の記事は、こちらをどうぞ:

魔法少女まどか☆マギカ 第 5・6 話 - 後悔よりもお菓子を食うかい? : 亜細亜ノ蛾

最高に格好良かった第 5 話の戦闘シーンに修正が入るかどうか、注目です。テレビ放送のままでも見応えは十分だけれど、BD/DVD でのお楽しみが あったらいいな──と思ってしまうのでした。

キュゥべえがソウルジェムを取り出すポーズは、第 5 話だけ違う──。その点にも、個人的には大注目です。以降に出てくる ほかの少女の時とは、胸囲的な差があるからかな……(巴マミの時は、どうだったんだろう?)。

おわりに

ちょうど折り返し地点の第 6 話まで来たので、第 1 話からまた観てみるのも面白い。キュゥべえと この作品に対する印象が、ガラッと変わっているはずです。そして、第 10 話を観たあとには、別の作品のように見えてくる──。

『まど☆マギ』には、大きな見どころが毎回のように用意されていますね。あと 6 話分、中だるみなく続いていきます!

[2] このページの一番上へ戻る