『魔法少女まどか☆マギカ』 (PUELLA MAGI MADOKA MAGICA)

Ribbons and Lace
(ありがとう、さようなら──またね!)

いよいよ、最後の 2 話です。第 10 話で、物語の盛り上がりも・視聴者の期待も最高潮に達したと思いますが、第 11 話は余裕でその大台を飛び越えました。いままでに見たことがないような戦闘シーンが展開します!

6 巻のジャケットですが──、まどかさんが「ヨソ行きの衣装」を着ていますね。なんだろう? ──と白々しくフォローするのも、これで最後かと思うと二重に悲しい。

5 巻に引き続き、パッケージから ひどいネタバレ──と見せかけて、実際には「この状況」は あり得ないんですよねぇ……(涙)。

このブログの感想記事

自分は「テレビ見ていない歴・5 年以上」のため、この作品も魔法少女まどか☆マギカ - ニコニコチャンネルで観ていました。たしか、ネタバレ回避のためにコメントを消したりして──。何もかもが懐かしい。

その時の感想は、下のリンクから どうぞ。

第 11 話の戦闘シーンには度肝を抜かされました! 「度肝って なに?」と思いつつも。BD/DVD 版では、さらに大迫力になっているのでしょうか。

第 12 話に出てくる「2 人の姿」も、BD/DVD だと「ごくり……」な ことになっていたりして(それはない──よね?)。

ちょっとだけ心配なのは、「円環の理に導かれて」が修正されていないかどうか。このセリフは、「何も足さない、何も引かない」ほうが良いと思います。あの人のことだから、また 2 回 言ってたりしないかなぁ……。

おわりに

『まど☆マギ』の第 1 話は、「映写機がフィルムを回し始める音」から始まります。そして第 12 話の最後は、「フィルムの再生が終わった音」で終わる。なんとも心憎い演出ですね。

不思議なことに自分のコンピュータには、『まど☆マギ』全 12 話が保存されています。何度もリピート再生を続けていると、「フィルムが始まった→終わった→次のフィルムが始まった」感覚を味わいました。

某・アニメと違い、『まど☆マギ』は「繰り返しの物語」ではない──と思う。たしかに暁美ほむらは「同じ 1 か月間」を何度も繰り返したけれど、彼女の時間旅行そのものがテーマではない。

『魔法少女まどか☆マギカ』は、魔法少女が──暁美ほむらが先に進むための物語だと思います。いつかまた、鹿目まどかに会える日を信じて──。

自分たちも待ち続けましょう。

あの 1 か月間(全 24 話)を繰り返しながら、その先の未来を──二期を。

[2] このページの一番上へ戻る