Nikon D3200

A new addition to the (Nikon) family... After upgrading my lens I couldn't resist upgrading the body as well. Meet my new #Nikon #D3200 with HD video and #Tamron 70-200mm f2.8 lens. Time to start taking more photo gigs so I can pay this sucker off! 豪華なレンズに──ふさわしいカメラ

海外サイトの DxOMarkNikon D3200 をテストした結果が公開されました。

DxOMark - Nikon D3200

総合点は 81 点という驚異の数値ですよ!

どのくらい すごいのかと言うと──、大判デジタルやフルサイズも含めたランキングで 10 位、APS-C では 2 位です(1 位は PENTAX K-5)。

もっとハッキリ言えば、フルサイズ機の CANON EOS 5D Mark III と同じだという──。

DxOMark - Canon EOS 5D Mark III

DxOMark では、純粋にセンサ(映像素子)の性能を比較しています。そのため、「カメラが持つ温かみ」だとか「撮影する楽しさ」といった感覚は数値に表われません。その点は、ほかのサイトを参考いただくとして──。

今回は、Nikon D3200 を含む 9 台のカメラを比べてみました。また、レビュー記事も引用しています。

ライバル機種と比較して、D3200 はどのような特色を持っているのでしょうか……?

D3200 | ニコンイメージング D3200 | ニコンイメージング

DxOMark Compare camera sensors

DxOMark の「Camera Sensor Database」を参考にして、各カメラのデータを見てみましょう!

DxOMark Compare camera sensors でセンサの性能を比較
↓項目 / カメラ→ Nikon D3200 Nikon D7000 Nikon D5100 Nikon D3100 PENTAX K-5 PENTAX K-01 SONY α NEX-7 SONY α77 Canon EOS Kiss X5
総評: Nikon D3200 は初心者向けとは思えない高画質
全体のスコア 81 80 80 67 82 79 81 78 65
色の深度 (bits) 24.1 23.5 23.5 22.5 23.7 23.7 24.1 24.0 22.1
ダイナミック・レンジ (Evs) 13.2 13.9 13.6 11.3 14.1 12.9 13.4 13.2 11.5
許容できる感度の上限 (ISO) 1131 1167 1183 919 1162 1135 1016 801 793

いつものように、キヤノンが「オチ担当」みたいに なっていて、キヤノン・ユーザとしては悲しい限りです。センサを自社製品で作り出せる技術力と姿勢は素晴らしいので、今後も応援していきますよ!

一方、やはり D3200 は優秀な結果ですね! D3100 とは同じシリーズとは思えません。操作感覚などは中・上級者クラスに劣ると思いますが、余計な操作抜きでオート撮影を楽しむ 1 台として持つと良さそう!

赤色のボディも ありますよ!

レビュー記事

毎日 何度も更新を確認している「デジカメinfo」では、海外サイトの D3200 レビュー記事を翻訳されていました。

  • ボディはプラスチックだが、造りはしっかりとしている。液晶モニタはD3100の23万ドットから92.1万ドットに改善されており、使っていて快適だ。
  • ポートレートでは肌色の色再現性は見事だ。風景の青や緑の発色も(特に風景モードのオプションでは)素晴らしい。
  • AF速度は概ね速く、スポーツ撮影でもまずまずの結果を得られる。
  • 2400万画素のエントリーモデルは珍しく、本格的なユーザーにも対応する。ガイドモードは初心者ユーザーが思いのままに撮影するのに大いに助けになる。ボディはしっかりとした造りで、持ちやすく、片手でも扱いやすい。最も重要な画質は、色再現に優れ高感度も自信を持って使えるもので、がっかりすることはない。
  • 良い点: 24MPセンサー、フルHD動画、良好な画質、ゴム引きのグリップ、外部マイクが使えること、メニューが使いやすい。
  • 悪い点: ガイドモードではRAWで撮影できない、エントリーモデルとしては価格が高くより高機能なD5100の方が安価、ライブビューモードでの撮影が遅い。
  • RAWによるSN比(ノイズ)のテストでは、D3100と比較すると全ての感度で改善しており、EOS 1100D(Kiss X50)と互角の結果。
  • RAWによるダイナミックレンジのテストでは、D3100から大きな改善を見せており、ISO100-400では2EVもの差をつけている。
  • エントリーレベルのカメラとしては2400万画素はとても強烈で、そして画素数が増えても画質は犠牲になっていない。

エントリィ・モデルでスポーツの撮影まで対応できるのは驚きですね! てっきり、画質だけは最高で、ほかは「てへぺろっ☆」かと思っていました(?)。

DxOMark の結果を裏付けるように、色の再現性が優れているという結果が出ていますね。機械的なテストにも十分な意味がある──ということです。

現在の お買い得は?

──と D3200 を押してきてアレですけど(ドレ?)、やはり発売されたばかりなので、少々「勉強して欲しい お値段」なんですよね。もちろん、性能からすれば納得できる価格なのですが……。

ここだけの話、Nikon D5100 のダブルズーム・キットと D3200 の本体とが、ほぼ 同じ値段だったりします(2012/06/08 現在──2012/10/13 も状況変わらず!)。それならば、1 つ上のクラスである D5100 のほうが得々気分を味わえそうです。

また、APS-C 最高のセンサを持つ PEXTAX K-5 は、価格と性能のバランスが ずば抜けています! 「初めての 1 台」で中級者クラスを選んでも損はしませんよ!

PENTAX K-5 - 「K-7 革命」後の高い要求に応えるカメラ | 亜細亜ノ蛾

[2] このページの一番上へ戻る