• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

冨樫 義博 『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター) No.33 「厄災」

Surreal Room
閉ざされた扉を開け──世界を飛び出す

前巻に引き続いて本巻も新展開の連続です!
キメラ・アント編」が一段落した直後に「選挙編」も決着しました。そして突然に世界の真実が明かされる。
──「暗黒大陸編」の幕開けです!

そして第33巻にはサプライズが待っていた!
なんと、描きおろしのイラストや設定が載っています! もう何巻ぶりか(何年ぶりか)分からないほど久しぶりですね。

ビヨンドの"狩"の依頼や亡きネテロからの指令に揺れるハンター協会。そしてビヨンドに付き暗躍するパリストンの下へはジンが現れ…。一方、十二支ん欠員にはレオリオとクラピカが!? それぞれの思惑が絡み合い…。

第33巻の見どころ

ついにナニカの正体が明かされる……!?
あい 暗黒大陸出身です」とナニカ自身から語っています(作者に言わされている感!)。本編を読めば うすうす感づく事実ですが、ハッキリと示されると衝撃を受けてしまう。
ついでながら、「リアルなナニカ」が描かれたのは初めてです(よね?)。本編でデフォルメされたナニカはギリギリかわいかったけれど、実際には──。

これでナニカが「どこ」から来たかは分かりました。
しかし問題は「どうやって」です。ようするにナニカの──アルカの母親であるキキョウ・ゾルディックに「プリン」とか「浮き輪」に似たナントカ疑惑ですよ!
次回、「トリラレ)とした視線を妻に向ける夫・シルバ」「センテンス・スプリング砲 発射」「そしてキルアとアルカが禁断の(ry」の三本をお楽しみに!(?)


危険生物 評価リスト」は興味深い。
キメラ蟻亜人種タイプ)よりも、暗黒大陸の「厄災」のほうが危険度は上です。そこまでは予想どおりでした。
ただ、「アイ」の凶暴性がA-2も あったり、キメラ・アントの繁殖力がB-2止まりだったり、意外な点が目立ちます。

この表に人間も加えている点が面白い。
個体では取るに足りない存在でも、国家単位の集団となるとキメラ・アントよりも危険になる。
蟻の王であるメルエムも人間の長であるネテロも、爆弾には勝てなかった。おそらく『H×H』の世界でも地球を何回か終わらせられるだけの兵器が存在するでしょう。
総合的に見て、やっぱり人間にとって一番厄介なのは人間なのでは……?

このサイトの記事一覧

次巻以降の感想も書き続けています!

[2] このページの一番上へ戻る