DOOM一覧

2008 年 10 月に書いた記事の まとめ

先月のまとめ

先月はゲームで遊んでばかり、マンガを読んで感想を書いてばかりだった。感想書きはともかく、中高生からハタチくらいのころに戻ったようだ。あの時分に、こんな大人になることは想像できなかった……。

さて、そんなことは置いておいて、先月のまとめを書く。

続きを読む


Fragging Free(DOOM 3 Mod)用に SteelSeries マウスパッドを購入

Fragging Free

LET’S HAPPY DOOMING !!!!

ということで(?)今月はずっと「Fragging Free」を楽しんでいる。いや、苦しめられている、が正解かも……。かなり難易度が高く、歯ごたえがあるのだ。「蒟蒻畑」のように(不用意に時事ネタ)(というか、販売中止になったのは「蒟蒻畑」であって「こんにゃくゼリー」じゃないから注意しよう)。

Fragging Free – Doom 3 RoE を作り替えた Mod : 亜細亜ノ蛾

マップにかなりボリュームがあり、「Doom 3: Resurrection of Evil」よりも長く遊べる。今やっと 3/10 のマップをクリアした。全体で、DOOM 3 本編くらいの時間がかかるだろう。

シークレット探しの楽しさが Fragging Free の特徴のひとつである。プレイ中にいつでも「発見したシークレット / シークレットの合計」を見られるのが親切な仕様だ。しかし、達成率 100% を目指すとなると、「他人から見たら何が楽しいか分からない」作業になる。これは、DOOM 1,2 でも同じか。

全世界の Doomguy にプレイして欲しいのだが、どうもイマイチ盛り上がっていないようだ。ドゥーム真理教(© 雑君保プ)・三重県支部長としては、非常に悲しい現実である。

そこで、Fragging Free の特設ページを作る予定だ。何度も更新することになるので、Wiki にしようか。──年内には、なんとか公開したい……。

ゲーム用に道具を用意

快適な DOOMing のために、キーボードとマウス・マウスパッドを新調することにした。

第一弾として、注文したマウスパッドが到着したので紹介する。

布製のマウスパッドというと百円均一でもありそうだが、値段は 10 倍以上。はたして、それだけの価値があるのか。また、購入前に気になったことと、実際の使用感を書く。

続きを読む


Fragging Free – Doom 3 RoE を作り替えた Mod

Fragging Free

「DOOM 3:Resurrection of Evil」(RoE)用の Mod である「Fragging Free」には驚いた! 無料なのが信じられないくらい、完成度が高いのだ。

Fragging Free mod for Doom III – Mod DB

この拡張は DOOM 3 RoE のエンジンを借りながら、まったく別のゲームを作ってしまった。

新しいマップなのはもちろん、武器や敵も一新されている。なんと、敵の AI まで変えているのだ。太ったゾンビが火の玉を投げるのを見たときには、奇妙な感覚がした。

味方のノンプレイヤキャラクタ独自の AI で動くのを序盤から見られる。本当に、これが DOOM とは思えない。

デーモンや車の操作ができるのもすごい! 下の動画は、おなじみの Revenant(骨)をプレイヤが操作している様子だ。

Revenant video
1.jpg2.jpg3.jpg

あまりにも本編と異なるため、チュートリアルがついている。ぜひともこちらからプレイして欲しい。非常に良くできている。最低限の英語さえ読めれば、すぐに Fragging Free の世界になじめるだろう。

チュートリアルの終了後には、ムービーまで流れる。DOOM 3 本編の人物や音声をうまく使って、雰囲気がよく出ているので必見だ。

続きを読む


2008 年 9 月に書いた記事の まとめ

先月のまとめ

先月の初めに、このようなことを書いた。

title="一日には先月のまとめ記事を書く、ということを今年から始めた。そういった継続していることと、変化することとがあると面白いものだ。そこで、唐突だが「です・ます」調から「だ・である」調に変えて、ブログへの意気込みを語った。">

突然ですが、この 9 月からブログ記事の書き方を変えていきます。「リニューアル」というほど大げさではありません。上の段落のように「です・ます」口調から「だ・である」口調に変えたり、すぐに読み終われるような短文の記事を書いたり、あるいは更新を毎日から「気が向いたとき」にしたり──。

2008 年 8 月に書いた記事の まとめ : 亜細亜ノ蛾

──結果は、「だ・である」口調に変えただけで終わった。せめて、更新を毎日から「気が向いたとき」にしたかったのに……。ブログを書くことが好きだということを再認識できた。まぁ、あんまり根を詰めないように、自分のペースでやっていこう。

それにしても、何年もサイト運営をやっているのに、いまだに「訪問者がこのブログに何を求めているのか」が分からない。何も求めてないのかも、と思うとちょっと寂しい。検索サイトからの「一見さん」が 9 割以上という当ブログは、どこへ向かえばいいのだろうか……。

めげることなく、先月に書いた中からおすすめの記事を紹介する。

続きを読む


『雑君青保プ』の重版出来!/ 雑君保プのデビュー前後が明かされる

『雑君青保プ』の第 2 刷りを購入

「重版出来」は「じゅうはんしゅったい」と読む──というトリビアは置いておく。

雑君保プ(ざっくんぽっぷ)先生の集大成『雑君保プ』が手に入らない、と以前に書いた。『雑君保プ』はオンライン書店でも見かけるのだが、『青』はどこにも見当たらなかった。

『雑君青保プ』『雑君赤保プ』 雑君保プの新刊はカラーページが大量! : 亜細亜ノ蛾

ああ、このまま幻の一冊になるのか──と思っていたら、いつの間にか第 2 刷が発行された。いまは Amazon でも取り扱っている。さっそく注文してむさぼるように読んでいる。初版に特別な思い入れのあるような、初物好きじゃなくて良かった(性的な意味でも)。

みなさんも、こんな駄文を読んでいるくらいなら、極上の笑い(とドンヨリ感)を体験してみてはいかがだろうか? (下のリンクから注文するだけで、アナタもワタシも先生も幸せになる──はず)

photo

雑君青保プ (GAME SIDE BOOKS)
雑君保プ
マイクロマガジン社 2008-06-29

雑君赤保プ (GAME SIDE BOOKS) ゾル漫えびいぬ君 P.S.すりーさん (GAME SIDE BOOKS) GAME SIDE (ゲームサイド) 2008年 10月号 [雑誌] GAME SIDE (ゲームサイド) 2008年 08月号 [雑誌]

by G-Tools , 2008/09/30

続きを読む


「DOOM 3:Resurrection of Evil」を開始/ グラフィックカードを変更

DOOM 3:Resurrection of Evil

DOOM 3 の拡張パックを手に入れたが起動できない、と以前に書いた。そのあと、DOOM 3 本編も拡張もアンインストールし、もう一度インストールし直すと、あっさりと起動するようになった。

DOOM 3 用のお勧めマップ/ 旧 DOOM を ZDoom で楽しむ方法 : 亜細亜ノ蛾

ウェブ上では不満の声も聞こえるが、少し遊んだだけでも本編にない魅力を感じられて楽しい。DOOMer ならば、ぜひとも遊んで欲しいところだ。

photo

DOOM 3:Resurrection of Evil 日本語マニュアル付英語版
サイバーフロント 2005-04-05

シリアス サム2 日本語マニュアル付英語版 Best Selection of GAMES ファークライ 日本語版 Crysis 日本語版

by G-Tools , 2008/09/28

ここから先は、ほんの少し遊んでみた感想を書いてみる。

続きを読む


DOOM 3 用のお勧めマップ/ 旧 DOOM を ZDoom で楽しむ方法

DOOM 3 はまだまだ遊べる

前回の記事で書いたとおり、「DOOM 3:Resurrection of Evil」を手に入れたわけだが──、なぜかゲームが開始できない。起動はできるけど、ゲーム開始の前に画面がところどころ壊れているから、ゲームデータの読み込みに失敗しているようだ。うーん……。

と悩んでいても仕方がないので、ユーザが作ったマップで遊ぶことにした。

ということで、「ELDOOM」と「Single-Player Map Pack」というマップを紹介する。

続きを読む


「ハーフライフ 2 オレンジボックス」が 2008/09/26 に価格改定

DOOM 3:Resurrection of Evil

ようやく「DOOM 3」の拡張パックを入手(と書いて「ヤフオクでゲット」)した。忙しいので、ブログは 1 回休み──。

photo

DOOM 3:Resurrection of Evil 日本語マニュアル付英語版
サイバーフロント 2005-04-05

by G-Tools , 2008/09/24

──と言いたいところだが、FPS ファンのために情報を持ってきた(と書いて「宣伝」)。

FPS が苦手だったり、そもそも「FPS って何?」というひとは、id:kowagari さんの名文を 5 万回くらい読んだらいいじゃない。

FPSをやったらいいじゃない – おれはおまえのパパじゃない

続きを読む


Doom 3 を 1:09:37(Nightmare は 1:25:11)でクリアする動画

いまだに DOOM が面白い

「ドゥーム、我が命の光、我が腰の炎、我が罪、我が魂。ドゥ・ウー・ム……」(ウラジーミル・ナボコフの『ロリータ』を汚してごめんなさい)

ということで(?)、20 世紀の時代に封印したはずのDOOM 熱が今ごろ急上昇している。

昨日から、DOOM 1,2 も 最初から遊び始めた(無料の DOOM エンジンがあるので、また紹介する)。プレイステーション時代に苦しめられたマップが、2008 年のいま、ディスプレイに映ることになるとは──。

そんな中、住人が数字で呼ばれる不思議な場所で、DOOM 3 のスレが(まだ)あるのを知った。

そこで出てきた DOOM 3 の動画が強烈だったので、紹介する。

続きを読む


「DOOM 3」 現実味と物語性を引き替えに失ったもの

DOOM 3

「DOOM 3」(PC 版)をようやくクリアした。日本で発売した翌年・2005 年の 1 月 から始めて、もう 3 年以上も過ぎたのか……。といっても、途中で 2 年ほど休んでいたのだが。

photo

DOOM 3 普及版 (日本語マニュアル版)
サイバーフロント 2006-04-04

by G-Tools , 2008/09/19

感想をひと言で言うならば、「面白かった! ──けど、これ『DOOM』か?」となる。それくらい、旧 DOOM からゲーム性を変えた作品だ。

続きを読む