• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.331 「X 日」(エックスデー) (週刊少年ジャンプ 2012 年 07 号)

St. Joan in Paris
(聖なる者が栄光を手にする──とは限らない)

レオリオのことを高く評価しているジンが興味深かった。一流のハンターから「伸び代 デケーぞ」と言われるなんて、レオリオの将来は約束されたようなものですね! この 2 人が師弟コンビになったら楽しい。

「ケンカ好きで ふてぶてしい」ジンと「意外と情に厚い」レオリオに「冷静な知将」のクラピカと「腕が立ち残酷な」キルアの 4 人が組んで、ついでに「髪型が似ている」(だけ)のマチも加えたら、まんま「アレ」じゃないですかー!

この際だから、タイトルも変えてしまいましょう。亡くなった同胞の「霊」に縛られているクラピカと、「び」好きなジンがいるから、

──『てんで性悪キューピッド』ということで。

亥×戌 = ?

チードル・ヨークシャーとジン・フリークスは昔から縁があるようです。

この 2 人は深い仲にも見えるから、安直に「ゴンの母親がチードルなのでは?」と思ってしまいました。見た目の年齢が当てにならないことは、ビスケで実証済みですからね。

しかし、いくら何でも自分の子どものことを「息子さん」なんて呼ばないでしょう。某作家でもあるまいし、そんな安易な あと付け設定を盛るくらいなら、もっと意表を突いてくるはずです。たとえば──。

ピヨン:
「あ 私の息子だ~~~」
ゴン:
「えっ」

彼女の策は

パリストンが 何考えてるのか わからない」とチードルは言う。「十二支ん」で 1 番の頭脳と思われている彼女でさえ こんな調子だから、ネズミの意図を見抜いているのはジンだけでしょうね。

どうしてもパリストンを会長にしたくなければ、ジンが言うように どんな汚い手を 使っても票を集めておくべきでした。どうして今までチードルが動かなかったのだろうか。

まったくの無策に見えるチードルを怪しんで、「じつは裏でパリストンと組んでいる説」を自分は押してきました。しかし、今回のジンとの やり取りを見ると、それは あり得ませんね。タイタニック号みたいに安定した説であった。

ジンの言葉からすると、今のチードルは「キャラを作っている」らしい。2 人の話す姿は なんだか「クラスの不良と真面目な委員長」みたいです。怒りのあまり「セリフ→対象」という話し方が固まっていないチードルに萌えた!

もしかするとチードルが「犬と人間との半獣人」みたいな容姿なのは、念能力や手術による肉体改造なのだろうか……。ネテロへのラヴがディープすぎます。元会長も あの世で「ないわー」と思っていたりして。

マユの行方

「キメラアント編」は終わっていない……!

「人間の悪意」──化学兵器によってアリの王を倒せることは証明済みです。そのわりには、「宮殿に爆弾を落とす」という手っ取り早い手は使っていない。その疑問が解消されました。

離れた場所でネテロと王を戦わせた理由も、すべてはマユの回収が目的だったのか……! マユの存在は、ビゼフ長官から聞きだしたのでしょうね。

人間よりも頑丈な体と念能力を持ち記録上は存在しない(抹消されているはずの)「5,000 人の兵士」と、おまけに「広大な訓練施設」と「豊富な食料」まで近くにある──。

No.323 「依頼」の感想ハンター協会の会長がハンターたちに できることなんて、何もないように思いましたなんて書きました。しかし、上の軍隊が手に入ったら世界を狩れそうです。

真の強者は

「世界を動かす権力」という点では、ハンター協会よりも上の人間がいる。彼らが「兵器」を動かすことで「武力」の面でもハンターたちを上回るでしょう。

しかしハンターのなかには、それらの力よりも貴重な「念能力」を持った者もいる。まだ実力が未知数のパリストンですら、もしかしたら常人よりは強いかもしれない。なにしろハンターである以上は念能力者のはずです(「ハンター十ヶ条・其之二」)。

両者のパワー・バランスは、絶妙な位置で釣り合っていたと思われます。

ところが、絶大な強さを誇っていたネテロが去り、5,000 の兵隊の行く末も分からない。いまは非常に危険な状況です。ハンターか「上」か、どちらか一方的に力を持つ可能性が見えてきました。

大量に生まれた半獣人たちの存在は、世界が「魔界」や「宇宙」と つながった過去の作品を思い出します。案外、キメラアントたちとも仲良く暮らせるかもしれません。

禁じられた遊戯

パリストンが個人で「半獣人」と「庭」を使って遊ぼうとしている──というジンの読みは、かなりムリがある。たんなる比喩かもしれませんね。とても隠し通せないし、こんな おいしい話を「上の者たち」が黙っていないでしょう。

ただ、いまだに「上の者」の実体が見えないため、パリストンとの力関係が分かりません。パリストンは たんなる「操り人形」なのか、そう思わせておいて 1 人で世界を「遊び場」に変えるつもりなのか──。

いずれにしても、世界中のマフィアたちを束ねる「十老頭」でさえ、たった 3 人の暗殺者で始末できてしまった。トップなんて いくらでも替えられます。パリストンが笑っていられる理由は、そこから来る余裕なのかも。

決まりごと・はかりごと

「ハンター十ヶ条」のなかで きわどいルールは、「其之八」と「其之十」です。これらを組み合わせると、「会長がいなければ副会長は好き勝手できる」・「会長になれば さらに協会を私物化できる」と なってしまう。

パリストンにとっては、副会長のままでも「其之八」により会長代行権で自由に動ける。会長になれば「其之十」を利用して、副会長と参謀諸氏を自分の信者だけで固めるでしょう。「十二支ん」は解散です。

さらには「其之九」のルールを悪用すれば、5,000 人のキメラアントたちもハンターに できそうだけれど──これはメリットが ないでしょうね。

ハンター十ヶ条の解釈という謎めいたジンの言葉は、いったい何を表わしているのだろう? すでに No.328 で明かされた「其之四」を行使して、パリストンを捕まえること──かな。

HUNTER×HUNTER #328 「手配」 その一針が動かす証拠 | 亜細亜ノ蛾

──というか、そこまで話の全体図が見えているのなら、選挙なんて無関係にジンがパリストンを止めるべきですよね。腕力に訴えず民主的に解決しよう──という意思なのでしょうか。手遅れにならないと良いけれど……。

占拠で選挙

栄光の白い槍と 聖なる金色の旗との交換を持ちかけるイックションペは、オンライン・ゲームのネタでしょうね。実在するゲームの話かと検索してみたら、この 2 つのアイテムは『H×H』のオリジナルらしい。

まさかの第 1 話から再アニメ化を果たした今、「グリードアイランド」などのゲーム化も あり得るのでは!?

残念がっているような表情のピヨンが素晴らしかった! 背景が少女マンガのようです。ウサギをモチーフにしたキャラなので、いっそのことセーラー服を着て戦って欲しい。

ただ、パリストンを挑発しながら「副会長派」の裏切りを誘うアナウンスは、あまりにも あからさますぎて逆効果になりそうです。チードルの入れ知恵だと思うけれど、やり方がマズい。

追い詰められたネズミは猫を噛むという。ずる賢い「子」(ね)を追い込んだら、仲間を使って「戌」(いぬ)も「丑」(うし)も食い尽くすのでは……。

密室な病室

おそらく世界で もっとも厳重に警備されているゴンの病室です。ゴレイヌ先輩が 1 人いれば十分だと思いますけどね!

──冗談抜きで「神の共犯者 + 天上不知唯我独損」の「知らないうちに『絶』コンボ」と、「ブラックゴレイヌで入れ替え大作戦」を組み合わせたら最強だよなー。

これだけ外の守りを固めているのに、中に入るとゾルディック家の関係者とゴンしかいない。そういう約束なのは分かるけれど──、なんだかものすごく不安になってくる。穴掘り上手なイルミ兄さんが地下から やって来たりして。

あと、本当にアルカは寝ているだけなのかな……。

おわりに

封鎖された半獣人たちの国、締め切った会議場、閉ざされた病室──。これらのなかで、幸福になれる者は何人いるのだろうか。

[2] このページの一番上へ戻る