一覧

フォトテクニックデジタル 2010年 09月号 – 女性の肌を美しく表現

フォトテクニックデジタル 2010年 09月号

2010-06-26_042450_Canon EOS 7D_28-75mm
(「ワタシも、お肌のザラザラが気になって──」)

今月号のフォトテクニックデジタルは「買い」です!

とくに、女性のポートレイトを撮影するカメラマンは、アマチュアもプロも必見でしょう。「イマドキのカメラマンは、これくらいの知識・技術は最低でも持っておきたい」という情報がつまっています。

まず、付録の「困った時の Adobe Photoshop レタッチ逆引き辞典」が素晴らしい!

この手のタイトルでムックがよく出ていて、だいたい 1,000 円以上はします。今回の付録は、それらのムックと十分に張り合える内容でした。

さらに、特集の「女の子の“肌描写・重視”撮影 & プリントマニュアル」が最高ですね!

この特集には、大小さまざまの使えるテクニックが多くて、涙が出てきます(実際は無表情)。中でも、「RAW 現像 & レタッチ」のコーナが自分には刺激的でした。

そして、「真夏のビシバシ添削スペシャル」も面白い。

読者から送られてきた写真に対して、プロの写真家が「もっとこうしたら良いのに」とアドバイスを書かれている。「この写真は良い・悪い」だけではなく、具体的な修正案を示しているのがグーです。

グラビアも見どころタップリでした!

「これでお値段──ナント! 驚きの 1,180 円! 1,180 円ですよッ!(棒)」「これはお買い得ですねー!(棒)」「みなさん、この機会にぜひ! ぜひッ!(下のリンクから)定期購読をどうぞーッ!!(棒──、いやマジで)」

さて、ここからは、より具体的にオススメのページを紹介していきますね。

続きを読む


『目薬αで殺菌します』 森博嗣 – 事件よりも大事な恋心とパソコン

『目薬αで殺菌します』 森博嗣・著

Sony's full-frame Alpha 900 with Zeiss 24-70 F2.8
(自分の目にも欲しい──「α」)

《G シリーズ》の 7 作目は、タイトルがギリシャ文字から始まらない、初めての作品です。そのことに意味があるのか、と思って読んでみると──分かりませんでした。次回作以降で明らかになる、のかな……。

今回は、加部谷恵美(かべや めぐみ)のキャラクタが、ググッと前に出てきた感じです。いままでは、西之園萌絵(にしのその もえ)のうしろに埋もれていた印象だったりする(ヒドイ)。

海月及介(くらげ きゅうすけ)や山吹早月(やまぶき さつき)は、というと──逆に、どんどんと物語から離れていくように感じましたね。犀川創平(さいかわ そうへい)なんて、探偵役どころか神の領域に近づいている……。

あと、《G シリーズ》の「G」とは何か、ちょっとした思い付きを最後に書きました。我ながら、面白いと思う。

続きを読む


『ηなのに夢のよう』 森博嗣 – 夢見るような十年間(の終わり)

『ηなのに夢のよう』 森博嗣・著

2010-04-04_17-41-00_Canon EOS 7D_f8.0_1-25s_iso400_18mm
(「夢よ、覚めないでくれ!」)

《G シリーズ》の第 6 弾は、盛りだくさんの内容です! 過去シリーズのファンは、必読の 1 冊となっていました。

もう、ビックリするくらいに、ゲストが何人も出てきます。とくに、《V シリーズ》からの出演者が多いですね。いや、いまのところはゲスト扱いですが、もしかすると──今後の中心人物になりそうな気配もしました。

ミステリィ小説として読むと、事件の解決編が、前代未聞と言ってもいいくらいの終わり方です。まぁ、「森作品にありがちなこと」という感じですけれど……。

読み終わってみると、詰め込みすぎではないかと思うくらいの、大ボリュームです。しかし、本の厚みは薄い。余分なところが削ぎ落とされているのでしょう。

それでも、こういうシャレた会話がサラッと出てくる。

「ちょっと、月を見て、悲しくなってしまったの」

「今日は、月は出ていないだろう」

「そのようですね」(……)

「ああ、じゃあね、出しておくよ」

「え、何をです?」

「月を」

ηなのに夢のよう』 p.168-169

2010-08-07T22:19:46+09:00 追記

ものすごく下らなくて、なおかつ下品なことを思いついてしまいました。とっさに月のことを西之園が話したのは、体調のことも影響していたのでは──という想像です。ふざけた文体の日記でどうぞ。

そんな男にはブルームーンを – 亜細亜ノ蛾 – ダイアリー

続きを読む


『よくわかる! ポートレートレッスン』 – さまざまな光と色を生かす

『よくわかる! ポートレートレッスン』 小澤太一・著

asiamothの脳内イメージ - 脳内メーカー (by asiamoth)
(欲わかる──ではない)

ポートレイトを撮影する全員に読んで欲しい、絶対にオススメの一冊です!

タイトルに〈よくわかる〉とあるので、超が 3 つくらい付く初心者向けと思いますよね?

実際には、レフ板を片手に公園で撮影する初心者・中級者から、スタジオで撮影する上級者まで、幅広く役立つ内容です。写真集として眺めるのもいい感じ。

一番の特長は、解説が分かりやすいことです!

作例の写真は撮影の意図が明確で、明解な説明が書かれている。写真の参考書には、一番大事な点ですよね。「とにかく分かりやすく見せよう」という著者の意気込みが、誌面から伝わりました。

続きを読む


『λに歯がない』 森博嗣 – 死体に歯はない・天才に死はない

『λに歯がない』 森博嗣・著

tooth officer mouth pocket (by mmmcrafts)
(λになくても、歯に──歯がある)

人間のコンテンツって、何ですか?

λに歯がない』 p.109

ギリシャ文字がつきまとう一連の事件を描いた、G シリーズの 5 作目になります。浮遊工作室 (近況報告) によると G シリーズは全 12 作のため、折り返し地点まで、あとすこし。

この『λ』あたりから、ひとつひとつの事件を追うことよりも、その周辺を描くことが多くなってきます。ギリシャ文字の事件たちは、いったい何を目指そうとしているのか……。その背後にいるのは?

本作では、人間の生死について議論する、といった場面が出てきます。過去のシリーズ作品を読んだ人には、感慨深いモノがありますね。そうか、あのコがこんな話をできるようになったのか──、と。

そう、G シリーズとほかのシリーズとをつなぐ結びつきも、じょじょに強くなってきました。過去のシリーズで解決済みと思っていたデキゴトが、考え直す必要が出てきたり──。

もちろん、ミステリィとしても楽しめます。今回は密室での殺人であり、連続殺人事件でもある。トリックの解き方もクールです。

なにしろ、謎を解くのはあの人だから──。

すでに上の文庫版が出ていますが、自分はノベルス版で読みました。だって、出るのが遅いんだもん!

続きを読む


カール ブックスタンダー NO.820 – 雑誌や本を固定する台の傑作品!

カール ブックスタンダー No.820 – カール事務機

820 (by daveknapik)
(「へぇ、あんたも 820 っていうんだ」)

「私はいつも──、孤独と戦っているんだ……」

ということで(?)、ブログを書く時は、いつも独りで「アーデモある……、コーデモある……」と悩みながらキーボードをタイプしています。

そんな〈百万光年の孤独〉(?)を背負った自分にも、パートナいる。それが、今回ご紹介する書見台です。

この、CARL とシンプルなロゴが入った憎いヤツ、最高ですよ! 名前は、〈No.820〉くんです。うん、名前もシンプル。

続きを読む


『脳ミソを哲学する』 筒井康隆 – 科学の扉をツツイたら

『脳ミソを哲学する』 筒井康隆・著

salted fish guts (烏賊の塩辛) #7925 (by Nemo's great uncle)
(脳ミソっぽい──イカ)

ホリプロ所属(!)の小説家・筒井康隆さんが、科学者たちと一対一で対談する──という内容です。

「科学者たち」と乱暴にまとめましたが、動物行動学者もいればイカ学者・解剖学者や評論家もいる。いろんなジャンルの人たちが登場します。

インタビュア役の筒井さんを含めた、10 人が 10 人とも一流の聞き手・話し手のため、快適に読めました。「専門家の話」というと、専門用語ばかりが出てきて分かりにくいのでは──という心配はご無用ですよ。

自分が読んだ文庫版は、1995 年に出版された『脳ミソを哲学する [単行本]』が元になっています。対談の内容は、ほぼそのままのハズ。

それにもかかわらず、本書には次の一文が出てきました。

ところで、いま、若者の科学離れということが言われます。

脳ミソを哲学する (講談社プラスアルファ文庫) [文庫]』 p.21

おお、これぞ、最近になって言われている、「若者の○○離れ」ではないですか! なんという、時代を先取りした書籍でしょう……!

ということではなく──、これはただ単に、

マスコミは、いつまでも同じことを言っている

と受け取るべきでしょう。やれやれだぜ……。

続きを読む


青春──トーキョースクールガール – 100 人の少女×写真の自由さ

『青春──トーキョースクールガール』 小林 基行 (著)

Off To School (by josefnovak33)
(こんな感じの写真集──ではない)

写真家の小林基行さん(現在は「小林幹幸」さん)は、自分がいつもブログの更新を楽しみにしている 1 人です。

MOTOYUKI KOBAYASHI BLOG|小林幹幸フォトグライフ|ブログ

それに、『フォトテクニックデジタル』で連載している「スクールガール」シリーズも好きですね。この雑誌自体はたまにしか買わないケド……。

ところが──、彼の出した写真集を自分は 1 冊も持っていません。せっかくなので──、と買ってみた『トーキョースクールガール』は、大当たりでした!

この写真集は、モデルの表情が素晴らしい!

おそらく、この本に出てくる女子高校生の制服を着た 100 人の少女たちは、全員がプロ──モデル事務所に登録されている人たちだと思うんですね。

だから、「破顔」としか言いようのない笑顔も、物憂げなうつむいた顔も──、演技ではあるのでしょう。

それでも、写真を見ている側には、自然な表情と見分けがつかない。そこが──スゴイのです。こんな表情は、ほかの写真集では見たことがありません。

自分もポートレイト──コスプレイヤさんをよく撮影します。だんだんと「自分のスタイル」らしきモノが身についてきたけれど──、ちょっとマンネリ気味な時期かも。そこで、この写真集は強烈な起爆剤になりました!

ああ、もっと写真は自由に撮っても良いのだな、と気付かせてくれた 1 冊です。

続きを読む


『新釈 走れメロス』 森見登美彦 – 男の友情とは「ちょっと手加減」

『新釈 走れメロス 他四篇』

20080405 哲学の道・鴨川の桜 201 (by merec0) (by merec0)

この本は、大切な友だちから借りて読みました(そればっかり)。

最初は「新訳(しんやく)」かと思って、なんだかお堅いイメージがあったのですが、よく見ると「新釈(しんしゃく)」となっている。「新しい解釈」のことで、ようするに「パロディ物」ですね。「生まれ変わった釈由美子」──のことではありません(書いて後悔した)。

本の題名にもなっている『走れメロス』の新釈は、パロディらしく思いっきり笑える話になっています。自分が過去に読んだ 2 作品と同じで、オモシロオカシイ大笑いできる内容になっている。

ところがほかの短編は、シンミリとしたセツナイ話に仕上がっているんですよね。そういえば、上に名前を挙げた作品も、芯の部分は切なさが流れています。それをオモチロイ要素でコーティングしてある、という印象でした。

全 5 篇の中で自分が一番好きな話は、『桜の森の満開の下』です。笑える部分を徹底的に削ぎ落とし、正体の知れない不安が全編を包み込んでいる。そして、最後のなんとも切ないこと……。

森見さんが書く小説は、ほかの作品とリンクしているところが面白いです。『走れメロス』の 5 篇もそれぞれ同じ人物が出てくるし、ほかの本ともつながっている。ファンサービスというよりも、「自分の子ども」たちに対する作者の愛情を感じました。

続きを読む


フォトテクニックデジタル 2010-04 ポートレイト撮影に必携!

フォトテクニックデジタル 2010年 04月号

Ein neuer Sheriff ist in der Stadt... (by Mario Sixtus) (by Mario Sixtus)

今月号の「フォトテクニックデジタル」は面白かったです。今すぐ(下のリンクから)買いに行きましょう!

カメラ雑誌というモノは、たいていが「お偉いセンセイがたがお撮りになった、どこに面白みがあるのか分からないグラビア」から始まり、「各メーカからのケンキンによってページ数と内容が決定する商品カタログ」のページで埋め尽くされ、残るページは「初心者向けの how-to モノ」というアリサマです。

そんなウゾウムゾウの「写真家とカメラの宣伝雑誌」の中、「フォトテクニックデジタル」は見どころが多い、と思う(宣伝なのは変わらないケド)。

この雑誌は、以前からポートレイトの撮影に力を入れています。今月号は、初心者が一番迷いやすい「ポージング」について、小冊子が付録でついてくる。これは持ち運びに便利で、「こんな感じのポーズを」とモデルさんに指示が出しやすいです。

さらに、ポートレイトを含めた各状況別に、「RAW 現像」とレタッチの特集を組んである。ページ数を多く取っていて、初心者から中級者まで幅広く参考になりますよ!

ここからは、各特集について個別に感想を書いていきます。

続きを読む