一覧

『眠れる美女』 川端康成 – 触れられる遠さ

『眠れる美女』 川端康成・著

2010-07-02_134949_Canon EOS 7D_28-75mm
目覚めてくれるからこそ──愛でられる

この川端康成氏が世界へ向かって挑発する耽美な短編小説集は大好きで、寝る前に何度も拾い読みしています。美しい表現の文章に没頭していると──とても寝苦しい夜になる。

表題作の『眠れる美女』は、文字どおりに眠っている若い女性たちと、年老いた男性が一緒に眠る話です。なんだか ほのぼのとした童話のような印象ですよね。

──しかし、その場所は あやしい女主人が経営する(かどうかも不明な)宿で、何人も登場する女性たちは薬物によって眠らされている。しかも、おそらく全員が未成年で、裸の状態です。

おもしろそうでしょ?

世のラノベ作家は、身近なところでパクってバレてばかりいないで、この名作を下敷きにして自分を試せばいいのに──などと思ったりします。グズグズしているうちに森博嗣先生が発表してしまいましたね。

『少し変わった子あります』 森博嗣 – 有料と抽象の ご飯 | 亜細亜ノ蛾


同時に収録されている『片腕』も楽しい。こちらも題名の通り「女性の片腕」と男の話です。なんの前触れもなく、男が娘から片腕を借りる場面から物語は始まる。

──え?

そう、こちらは幻想小説といった感じの話ですね。設定だけを見れば こちらも絵本に描けそうなメルヘンだけれど、(そうか?)、全体的に狂気が満ちている。きわどい場面は皆無ですが、なんだかエロティックです。


もう一作の『散りぬるを』は、森博嗣先生が「ミステリィ作品」として紹介していた(『MORI LOG ACADEMY』だったかな?)ので興味を持ちました。

ある殺人犯の内面に迫る作品で、殺人事件を犯した過程の記録と犯人の精神鑑定が繰り返し出てきます。

──なるほど、たしかにミステリィ的な一面もありますが、幻想的な印象が濃いですね。犯人と同化するような点では、『羊たちの沈黙』の前作・『レッド・ドラゴン』と似ています。

以上の 3 作品について感想を書いていきます!

続きを読む


『少し変わった子あります』 森博嗣 – 有料と抽象の ご飯

『少し変わった子あります』 森博嗣・著

夕焼け空、鉄塔
(幾何学的に切りとられた空の下で──命をいただく)

「森博嗣 版・『眠れる美女』」という表現がしっくりと来る一冊でした。両作品の共通点は こんなにも挙げられます。

  • 盛りを過ぎた男性が主人公
  • 友人から「変わった店」の話を聞く
  • 店というよりは「家」に近い場所である
  • 女性と一対一で会う
  • 短い章ごとに別の女性が登場する短編集

もちろん、自他ともに認めるアマノジャクな森先生のことだから、まったく同じようには書かれていませんよ。むしろ正反対の作品に感じる人も多いんじゃないかな。

日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した大作家である川端康成氏の著作といえども、『眠れる美女』を自分の子どもに読ませたい親はいないでしょう。その点、『変わった子』は大丈夫ですよ!

ここから先は中身に触れていきましょう。なるべく「具体的なネタバレ」のない「抽象的な感想」を書きました。

続きを読む


野火ノビタ 批評全仕事 『総評』 – 『HUNTER×HUNTER』感想序文

野火ノビタ 批評全仕事 『総評』

2011-12-31_225801_Canon EOS 7D_28-75mm
(作者には花束を──批評には愛を)

この暴力的な愛の文面で溢れた文字だらけの同人誌は、「感想書き」の自分にとって聖書(バイブル)です。いつまでも越えられない壁として、目の前に熱く厚く立ちはだかっている。

野火さんは現在、もう批評を書かれていないようです。繰り返し『総評』に圧倒されてきた者としては残念な気持ちが半分で、あとの半分は幸福な気持ちで満ちている。

なぜ「野火さんの批評が聞けないこと」を喜んでいるのかは、あとで説明しますね。『HUNTER×HUNTER』のファンならば共感してくれるはず。

なにしろ『総評』の配本は 13 年以上も前であるため、現在の入手は困難です。ざっくり調べたところ、この記事の最初にある表紙の写真ですら、いまでは激レアだったりする。

2003 年に日本評論社から発行された野火さんの批評本・『大人は判ってくれない』であれば、まだ手に入れやすいようです。『幽☆遊☆白書』や『H×H』・『エヴァンゲリオン』の批評も読めるはず。

さて──、中途半端な形で『H×H』の感想を始めたことを、これまで ずっと気にしていました。最初の感想は「キメラアント編」の途中からで、文体も視点もヒドすぎる。書き直したい!

2004 VOL.18 : HUNTER×HUNTER | 亜細亜ノ蛾

そこで、来年から──というか明日から、『H×H』第 1 巻の感想を書き始めます。いつかは最新刊に追いつくでしょう。

その前に、どうしても野火さんの『総評』をしておきたかった。──なぜか『SAW V』の感想で彼女の名前を挙げていますけれど。

ソウ 5 (SAW V) – テーマは「殺人と更正との差」──あるいは狂気 | 亜細亜ノ蛾

続きを読む


『ラッコ 11 号 番貝編』 小説でラッコ大暴れ!? 2011/12/29 発売

『ラッコ 11 号 番貝編 闘え! 平帆水産株式会社第一宣伝部部長』

Sea Otters in Morro Bay, CA 06 May 2008
(闘士の 1 日は修行から始まる──かもしれない)

めりくりー(棒)。──と気分良く季節の あいさつが済んだ所で、ちゃっちゃと【PR】に行きますね。

なんと! われらが(というかオレの)『バクマン。』の作中作である『ラッコ 11 号』が小説になりました!

『ラッコ11号番貝編 闘え!平帆水産株式会社第一宣伝部部長』『ヒキコモリパワード メタルジャック!』発売直前! | JUMP j-BOOKS
『ラッコ11号番貝編 闘え!平帆水産株式会社第一宣伝部部長』『ヒキコモリパワード メタルジャック!』発売直前! | JUMP j-BOOKS

著者について

原作者の平丸一也氏(わらい)は置いておいて、著者は「ひなた しょう」氏です。『ラッコ』と同時発売の『ヒキコモリパワード メタルジャック!』で、ダブル・デビュー作を華々しく飾る。

なんとも強烈な「新人作家」ですね。『DEATH NOTE』がデビュー作(本当に?)の大場つぐみさんみたい。

(『元気のさく花ばたけ』という絵本の著者である「日向 笑(ひなた しょう)」氏との関連も気になる)

続きを読む


「名作のタイトルに一文字足すとよく分からなくなる」が笑える!

名作のタイトルに一文字足すとよく分からなくなる

夏目漱石
(文豪も天国から喜んでいる──ようには見えない)

すっかり「全手動・犯罪歴告白機」→「全自動・人生終了機」と化している(?) Twitter で、おもしろいハッシュタグ(グループ)が流行しています!

「読んで字のごとく」なネタをお楽しみください。

個人的に好きな作品

上に載っていない中では、下の 2 つも面白かった。

個人的なベスト・スリー(順不同)は こちらです!

老人と海苔」も すごいですね。「日本語の ずるさ」を感じました。この手のネタでは、日本語が圧倒的に有利でしょうね。

どんな時でもキャラ(語尾)を崩さない、はるかぜちゃんの「地黒執事(ω)」も楽しい。

続きを読む


『カンガルー日和』 村上春樹 – 夢でしか逢えない彼女

『カンガルー日和』 村上春樹・著

G'day
(哲学者のような──カンガルーもいる)

部屋の明かりをすこし弱めて、読書をするのにピッタリな夜ですね。こんな夜には、物語が恋しくなります。

そう、人間の想像力こそが、人間を幸せにする

村上春樹氏の小説を読むと、物語の力を思い知ります。とくに、短編小説が素晴らしい。短い枚数の中に、よくこんなにも奇跡を詰め込めるものだ──と感動します。

『カンガルー日和』もバツグンの切れ味でした。

本を開くと、中には 23 編もの素敵なストーリィが眠っています。さっと読めてしまうページ数なのに、ひとつひとつの話が 1 冊分の長編に化けそうなパワーを秘めている。事実、長編になったり映画になったり(!)しました。

楽しい比喩も満載です。エサをあさる父親カンガルーのことを、才能が枯れ尽きてしまった作曲家のような顔つきと表現している。こんな言い回しは、ほかの誰にも思いつけません!

続きを読む


『中井精也の鉄道スナップ撮影術 ゆる鉄』 – ゆるくても甘くはない

『中井精也の鉄道スナップ撮影術 ゆる鉄』

2009-12-06_11-16-37_DMC-GH1_f4.5_1-640s_iso125_17mm
(いつでも近くには──電車と空があった)

この本には「ゆる鉄」の魅力がタップリと詰まっています。鉄道写真にも電車にもあまり興味がなかった自分でも、本書を読んで車両たちに会いたくなりました。電車が吸い込んできた時代の空気を吸いたい。

そもそも、「ゆる鉄」とは何か?

──著者の中井精也さんが言うには、ローカル線に乗っているときに感じるような「ゆるい雰囲気」を写真として表現したモノのことです。あくまでもこの「ふんいき」が大事なんですね。

じつは、「ゆる鉄」写真の主役は鉄道ではない

では、どうすれば良いのか──は本書をご覧ください。

この本に触発されて、自分が撮影した中から「ゆる鉄」な写真をまとめました。また撮りに行こう!

ゆる鉄には気合いを入れて – a set on Flickr

続きを読む


『伊豆の踊子』 川端康成 – 自分自身の道を迷う踊子と「私」

『伊豆の踊子』 川端康成・著

nanadaru (39)
(思ったよりも──かたそうな踊子)

まさか川端康成の名作を紹介する日が来るとは、昔の自分には想像ができませんでした。文学の世界なんて、興味はなかったのです。読んだとしても、探偵小説(ミステリィ)か、好きな映画を小説化した本くらいでした。

そういう人にこそ、この『伊豆の踊子』はピッタリです。なぜなら、川端康成の作品の中でも、この短編は非情に読みやすい。

ただし、現代の日本と比べると、『踊子』で描かれる世界──昔の日本(1910 年代くらい?)は、まるで異世界です。

まず、私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり──と最初に主人公が自己紹介をした時点で、つまずく。「ハタチで高校生──留年?」と思ってしまう。そのほか、「当時の日本」を知らなければ、疑問に思うことが多いです。

そもそも、「おどりこ」って──、何?

ということで、この短編小説は、ファンタジィと思って読みましょう! 分からないところは、自由に想像して補えばいい。

日本人として生まれたからには、川端康成が描く美しい日本語の世界を、一度は体験して欲しいですね。

自分は、上の新潮文庫版で読みました。いまなら、荒木飛呂彦氏が表紙を描いた版もありますよ!

続きを読む


『美の壺』(単行本) – 外国の美を知り、日本の美を味わう

『美の壺』 – 編集: NHK「美の壺」制作班

Day 024
(羊羹にも──ツボがある?)

自分の人生からテレビ番組を見る習慣がなくなってから、もう何年にもなります。最近では、母親が観ているテレビの画面をぼんやりと、食事の時に眺めているくらいです(おもに録画してある「韓ドラ」)。

8時だョ!全員集合』を観るか『オレたちひょうきん族』にするか真剣に悩んでいた「あのころ」には、想像もつかない未来まで来てしまいました。

そんな現在の自分でも素晴らしいと思えるテレビ番組は、NHK テレビの『美の壺』です。「美術評論番組」という堅苦しい肩書を持っていますが、非常に分かりやすい。的を射たやさしい言葉で、美術品の味わい方(ツボ)を解説してくれる。

ナレーションと谷啓さんとのゆるふわ愛されトークが聞けなくなり、さみしい限りです。

美の壺 – Wikipedia

さて、その『美の壺』が単行本になって書店に並んでいました。初めて見た 1 冊は『根付』(ねつけ)です。もう、表紙の「仔犬」を見ただけで、かわいらしくて自然に笑みがこぼれてくる。中身の写真も素晴らしい!

日本の「わびさび」が好きな人はもちろん、マンガの『へうげもの』ファンにも楽しめる内容ですよ! 写真を眺めているだけで、うっとりしてきます。

今回は、『美の壺』・単行本の中から、上記の『根付』を始めとして、『アールヌーヴォーのガラス』『魯山人の器』『織部焼』『和菓子』を紹介します。BGM には『NHK「美の壺」ブルーノート・コレクション』をどうぞ──。

続きを読む


『容疑者 X の献身』 東野圭吾 – 殺人事件と愛の真実とは?

『容疑者 X の献身』 東野圭吾・著

X Marks the Spot
(X ──論理的思考と真実との交点)

悲しすぎるラヴ・ストーリィですね……。

本作品は、テレビドラマでも有名な『探偵ガリレオ』シリーズの小説・第 3 弾です。自分はこのシリーズの作品を初めて読みましたが、何の問題もなく楽しめました。

『容疑者 X の献身』は、物語の骨格だけを見ると、『刑事コロンボ』シリーズや『古畑任三郎』シリーズによく似ています。読者の目の前で殺人事件が起こり、事件を隠すための工作が始まる。そして、事件の真相を暴くために、探偵がかかわってきて──といった感じ。

しかし、この作品は、そう単純な話ではありません。

この物語の「容疑者」となるのは、幾何の問題に見せかけて、じつは関数の問題を作るような数学教師です。彼は、自分の愛する母娘のために、事件を隠そうとする。狂おしいまでの冷酷さで……。

多くの読者は、「容疑者」によって、思いこみによる盲点を突かれているかもしれませんよ。

小説家の二階堂黎人氏は、『容疑者 X』の「真相」を自身のサイトにて公開されています。かなり面白い仮説なので、ぜひともご覧ください。

作品中で探偵役によって語られた「推理」(想像)を真実だと思っている人は、二階堂氏の説にはかなり驚きますよ! それは、のちほど紹介します。

続きを読む