2ch一覧

『七つの怖い扉』 井戸から消えない死体

2ch には良くできた創作が、いわゆる「コピペ」として出回っています。可愛い AA(アスキーアート)もいいですが、ちょっと背筋が寒くなるような、怖いコピペが好きです。

中でもお気に入りが、これ。

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていなかった

次の日も、次の日も死体はそのままだった

これは「オチ」の一行が無いバージョンで、初めて見たときに「なぜ?」を考えるのが恐ろしかった。その後、最後の一行があるバージョンを見て、「なぁんだ」と思いました。やはりこれは、上記のままで終わっている方が美しい。

『七つの怖い扉』

つい最近、このコピペの元ネタがあることを知りました。阿刀田 高氏の『迷路』という短篇です。

さっそく、収録されている本を探し、『七つの怖い扉』を読みました。タイトル通り、七人の作家が書いた、七つの短篇が載っています。

photo

七つの怖い扉 (新潮文庫)
阿刀田 高 高橋 克彦 小池 真理子
新潮社 2001-12
Yahoo! ショッピング: 七つの怖い扉ad
楽天ブックス: 七つの怖い扉

ゆがんだ闇 七つの危険な真実 記憶の隠れ家 翠迷宮 堪忍箱

by G-Tools , 2007/07/18

続きを読む


『なつみ STEP!』に感じる違和感とは

なつみ STEP!

『なつみ STEP!』という Flash 作品をご存じでしょうか? 知らない人は幸い! ぜひ、前知識なしにこの可愛らしい作品を見てください。

NATSUMI STEP! なつみSTEP!

リンク先の「swf」をクリックすると、ブラウザの画面一杯で鑑賞することもできます。賑やかな 2 ちゃんねるキャラクタが『線路は続くよどこまでも』のテーマに合わせて、楽しい物語を繰り広げます──。

──ん? でもなんか違和感が……。そう思って何度も見てみると、なにやら意味不明のシーンがいくつもあります。

さらに、「おまけ 2」という作品もあり、こちらも謎。はて──?

続きを読む


松本人志監督の『大日本人』がカンヌで叩かれた、か?

カンヌで『大日本人』

印刷工・松本人志と映画監督・松本人志 : 亜細亜ノ蛾 でさりげなく紹介した、ダウンタウン・松本人志監督作品、『大日本人』がカンヌで酷評を受けた、というニュースを読みました。

痛いニュース(ノ∀`):松本人志ショック、カンヌで"強烈洗礼"「監督の才能ないのでは」との声も

──まぁ、ソースは 2 チャンネルだし、ソースのソースは ZAKZAK だしなぁ……。まだ個人ブロガが現地から伝えてくれた方が信頼できそうな印象。

まぁ、先日書いた、森博嗣さんの中古販売の著作品についての記事同様、「なにをやっても書いても、注目される人は注目される」ということですね。そして、一部の心ない人から叩かれやすい。

森博嗣氏の「中古品の著作権」について : 亜細亜ノ蛾

森博嗣氏の「中古品の著作権」補足記事 : 亜細亜ノ蛾

なにせ、現地の一部から厳しい声も聞こえてきたくらい、どんな名作でも起こりそうな事なのに、なんかメッキが剥がれてきたみたいなことを言うひとがいますからね。なんというか、もの凄く「行間を読む」というか言ってないことを読み取るマンが大増殖中ですね……。

世間の評価は別として、自分の目で頭で、早く味わいたい作品です。

松本人志 第1回監督作品 大日本人 公式サイト


キーボードはオモシロ記事をブクマする・書くためにある

ブロガ必見記事!

今日はとにかく、この記事に感動した!

ネコプロトコル – あなたのキーボードは「ブログやWEBの文句を書く」ためにあるのか?

すべてのブログ書きとブログ読みは、一字一句漏らさず読め!ですよ。

自分も、ついうっかり「今日は面白い記事がなかった」とか「今日は特に書くこともないので──」と言ってしまいがち。そんなときは、上記の記事を読み返すことにします。

いつか、珠玉のオモシロ記事が書けるように──。

「もっと2ちゃんねるをやるべきだ」

──と、イイ感じになったところで下記の記事をご覧いただきたい。

Discommunicative – 最近の若者はブログばかり見ているせいでリテラシが低い。もっと2ちゃんねるをやるべきだ。

ど、どうでしょうか。2 ちゃんねるは「まとめサイト」しか見ないので、賛同しかねますね……。

例えば、上記のネコプロトコル(オーシマさん)の記事で、「ブログ」の部分を「2 ちゃんねる」と置き換えてみると──。


映画版『デスノート』とテレビ業界のルール

テレビ業界の「暗黙のルール」?

映画版『デスノート』に関する(本当は関しない)ちょっとビックリニュース。

大ヒットの「デスノート」を巡ってフジテレビが映画を製作した日本テレビに激怒している。「デスノート」は6月に前編、11月に後編が公開されたが、日テレは後編の公開直前に前編を地上波放送した。これが後編のヒットにつながったが、通常、地上波放送は1年後というのが業界内の“暗黙のルール”で、これを無視した日テレのやり方にフジ・亀山千広映画事業局長が噛み付いているというもの。フジもこのことを認めている。

映画「デスノート」をめぐってフジが日テレに激怒 | エキサイトニュース

Via: 痛いニュース(ノ∀`):「業界の暗黙のルール破られた!」 映画デスノートめぐりフジが日テレに激怒

──そんなルールはデスノートに書いてありませんがなにか? というか、そんな「暗黙のルール」いらねぇー !! って、がっこうのせんせいがいってたよ。

デスノートが破ったルール

『デスノート』という作品は、「週刊少年ジャンプ」(または「少年マンガ」)における、

  • 主人公はイイ奴だ
  • 主人公は仲間思い
  • 主人公は女に弱い
  • 主人公は世界を救うために活躍すべし
  • 主人公は「父親を越えること」が人生最大の目的だ
  • 主人公が●ぬなんてとんでもない!

という「暗黙のルール」を破った作品。それに比べて、テレビ業界のルールなど、小さい小さい。

あと、asiamoth 的には「ジャンプの主人公は、頭頂部の髪の毛がツンツン」という「暗黙のルール」を破っている、数少ない作品であるところも、注目いただきたい(新人作家さんは、是非ともこのルールを破ったキャラデザインを!)。

まとめ

というか、「いち会社の社員が言っていることを大々的に取り上げ、複数人で寄って集って叩く」のも、ちょっと、大人げないような……。「フジテレビ映画事業局長」の発言が、どれくらいの力を持っているかは存じませんが(TV 見ないし)。

えっと、「映画『デスノート』のやり方は新しい! 我が社でも次の新しいメディアを創っていこう!」という局は、無いのでしょうか……。


デスノートのコラは終わらない

デスノコラまとめ

[ デスノート コラまとめ] by ハムスター速報 2ろぐ ~きなこもちプロファイル~をまずはご覧ください。懐かしいコラマンガがたくさんあって楽しいです。

「密室」や「Lと恐怖」のシンプルさ、「飴と鞭」や「萌ジャック」の意外なオチがイイ。一番好きなのは「もしも美空ナオミが……」(>>41)かな。

──「コスプレ」は反則だろ。

Via: どらみそら。 – デスノート コラ after story 「終わらないパズル」(痕跡症候群様経由)

「終わらないパズル」

[ デスノート コラ after story 「終わらないパズル」] by ハムスター速報 2ろぐ ~きなこもちプロファイル~は新しい作品でしょうか? デスノートの「あの後」がニア視点で描かれています。L とニアとの会話は是非とも聞いてみたかった……。

Via: どらみそら。 – デスノート コラ after story 「終わらないパズル」(痕跡症候群様経由)

チビりゅーざきの可愛さは異常。

次に流行るのは?

それにしても、『デスノートコラ』がこれほど愛されるのは何故でしょうか? 原作の面白さはいうまでもないですが、これほどコラージュされた作品もありません。小畑健氏の整った静的な絵は、コラ職人がいじりたくなる要素があるのでしょう。

現在、週刊少年ジャンプ誌上で、小畑健氏が描く『ラルΩグラド』が連載されています。わずか三話にして「週刊少年ジャンプ」や「少年マンガ」の決まり事というかモラルというかおっぱ●をファ●クしまくっているイカした作品です。

──さて、次に『ラルΩグラド』のコラが流行るのでしょうか……(その前に「ウルトラジャンプ」へ移籍、に 1000 ガバス)。


【フツーに】新ジャンル「マッド詩人・姉」【だめー】

2006-12-06T10:31:30+09:00 追記

ちょ wwwwwwww

photo

姉ちゃんの詩集
サマー
講談社 2006-12-20

みなみけ+今日の5の2キャラファンBOOK それでも町は廻っている 1 (1) 宙のまにまに 2 (2) 涼宮ハルヒの憂鬱(4) 涼宮ハルヒフィギュア付き限定版 それでも町は廻っている 2 (2)

by G-Tools , 2006/12/06

今世紀最後の天才現る

いま、「サマー」「ルイーゼ」という単語に脊髄反射できないアナタはマズい! (断言)

サマーの軌跡(奇跡)

すべてはここから始まった……!

1 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします :佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 17:18:48.19 ID:JzYKHIEU0

姉の内面真理に迫る・・・!

⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto | 姉ちゃんの自作詩集発見した

サマー(姉)とルイーゼ(弟)のスペック(初期)はこちら

37 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします :佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 17:29:42.37 ID:JzYKHIEU0

高2、背がでかい、頭いい、友達たくさん、人気者

厨房、趣味はvip、友達とかいない

正直姉の人生が羨ましい

⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto | 姉ちゃんの自作詩集発見した

初めはおとなしめのポエムだったのだが、下記あたりからサマーの本領発揮!

337 :以下、佐賀県庁にかわりまして佐賀県民がお送りします :佐賀暦2006年,2006/10/27(佐賀県と汚職) 18:45:06.66 ID:JzYKHIEU0

「愛」

ラブ・・・v

アイアイアイアイ暴走中!

とめらんないよ 超特急!!

乗りたい? だめー

フツーにだめー

⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto | 姉ちゃんの自作詩集発見した

まぁ、このあたりは可愛らしいもんだ。

しかし……

続きを読む


“Tun-Tere”(ツン照れ)と呼ばれた子(子?)

#### 前回までのあらすじ(読み飛ばせ!)
[hxxk.jp](http://hxxk.jp/ “hxxk.jp”)の中の人に[asiamoth さんはツン照れ](http://hxxk.jp/2006/10/03/2355 “hxxk.jp – [PR] ソーシャルブックマークで付けられたコメントを取りこぼさないために – for ?B and del.icio.us”)と煽られ(てないってば)、「そんな餌で俺様が釣られクマ――(AA略)」──
──ということで、
1. ツン照れキャラを定着
2. あわよくば人気サイトに
3. アサマシでウハウハ
になるために必要なこと、つまりtodoの整理(ここがネタフリね)をすることにした。(1と2が繋がってないことに気が付いていない)

続きを読む


『Web Standards with MT ver.3.2 Strict』へコメント、その心情

[hxxk.jp](http://hxxk.jp/ “hxxk.jp”)の真琴さんが、MT3.2用のテンプレートを作成しています。
[Web Standards with MT ver.3.2 Strict](http://hxxk.jp/template/mt_3_2_strict/ “Web Standards with MT ver.3.2 Strict”)
ほうほう、と喜び勇んで見に行ったところ、typoを発見したのでコメントしました。
>2005年10月10日 22:34 : asiamoth
>“data-based-archive”は“date-based-archive”ですよね?
>シンプルでいじりやすいテンプレートが好きなので、期待しています。
>[Web Standards with MT ver.3.2 Strict : この構造やマークアップが変だよ、などのご意見はこの記事へ。](http://hxxk.jp/template/mt_3_2_strict/200510/100056#comment-1157 “Web Standards with MT ver.3.2 Strict : この構造やマークアップが変だよ、などのご意見はこの記事へ。”)
──で、我ながらこんなコメントないよなー、と反省した次第。素っ気ないというか、重箱の隅をつつくだけつついて、自分の希望だけ押しつけているような──。

続きを読む


ツンデレホテル

[閑。: ツンデレホテル](http://www.timekiller.jp/archives/2005/08/06/021725.html “閑。: ツンデレホテル”)
これ、激しくイイ!!
安易に風俗にしなかったのがイイ。
#### ツンデレとは?
>「普段はツンツン、二人っきりの時は急にしおらしくなってデレデレといちゃつく」 ようなタイプのキャラクターの事をさして言います。
>[ツンデレ初心者の方へ](http://www013.upp.so-net.ne.jp/gon/tundere/introduction.html “ツンデレ初心者の方へ”)