SIGMA一覧

シグマ DP3 Merrill は中望遠マクロレンズ搭載の一眼レフ画質コンデジ!

SIGMA DP3 Merrill

Yossarian the (Full Frame!) Cat 眼光鋭く──感性を研ぎ澄ませて

ポートレイト撮影に最強のコンデジですよ!

シグマ DP3 Merrillは、35mm 版換算で 75mm の中望遠レンズを搭載したコンパクトなデジタル・カメラです!
しかも、ついにマクロで撮影できるように なりました!
一眼レフ(SD1 Merrill)と同じ映像素子を小型な本体に内蔵してあるため、望遠ならではの豊かなボケ味を楽しめて、グッと寄って撮影も できる。
ポートレイトに生かして欲しい 1 台です!

SIGMA DP3 Merrill — The SIGMA DP3 Merrill Generation SIGMA DP3 Merrill — The SIGMA DP3 Merrill Generation

DP Merrill の 3 台は、本体側には差が ありません。専用に開発されたレンズのみが異なります。これで広角から中望遠までを超・高画質で撮影できますね!

では、実写のサンプル作例おもな特長を見ましょう!
お得なキャッシュバックの情報も ありますよ!

続きを読む


シグマ 35mm F1.4 DG HSM は単焦点・広角レンズの最高峰!

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

Sigma 35mm f/1.4 Sample
たんなる日常が──アートに変わる瞬間

シグマの「35mm F1.4 DG HSM」は、最高性能を誇る単焦点の広角レンズです!

35mm F1.4 DG HSM の特長は:

──つまり、ポートレイトの撮影に最強の一本ですよ!

今回は、実際に 35mm F1.4 で撮影した作例と感想を載せました。とくにキット・レンズしか使っていない人には衝撃の写りでしょう! ぜひ、ご参考にして くださいね!

続きを読む


シグマ DP1 Merrill は一眼デジカメのセンサと広角レンズを搭載!

SIGMA DP1 Merrill

sigma DP1 Merrill & DP2 Merrill
いよいよ整う──夢の 2 台体勢

規格外のカメラ第 2 弾ですよ!

第 1 弾: シグマ DP2 Merrill は一眼レフの SD1 Merrill と同じセンサを内蔵! | 亜細亜ノ蛾

DP1 Merrill は、デジタル一眼カメラの SIGMA SD1 Merrill と同じセンサを内蔵し、35mm 版換算で 28mm・F2.8 のレンズが一体型になったカメラです!

とても「コンデジ」などと何一つ説明していない略称(小型でデジタルの──何?)では呼べません! (←上の記事で呼んでた) 「レンズ一体型デジタル・カメラ」と正しく声をかけたくなる育ちの良さです。

DP1 Merrill で実際に撮影した写真を公式サイトにて ご覧くださいね! とくに羊のモフモフさ(とニオイがキツそうな感じ)に注目です!

実写ギャラリー | SIGMA DP1 Merrill : スペシャルコンテンツ
実写ギャラリー | SIGMA DP1 Merrill : スペシャルコンテンツ

SIGMA DP1 Merrill : スペシャルコンテンツ
SIGMA DP1 Merrill : スペシャルコンテンツ

続きを読む


シグマ DP2 Merrill は一眼レフの SD1 Merrill と同じセンサを内蔵!

SIGMA DP2 Merrill

CP+2012-SIGMA-DP12Merrill-IMG_1403
意志を受け継ぎ──先へ進む

規格外のコンデジがシグマから出ます!

SIGMA DP2 Merrill は、名前のとおり SIGMA DP2SIGMA DP2x と同じシリーズではある。しかし、レンズも中身も別物です。

なんと DP2 Merrill はコンパクト・デジカメのボディに、超高画質デジタル一眼レフ・カメラの SIGMA SD1 Merrill と同じセンサを内蔵してしまいました! まさしく「一眼画質」です!

──などという説明は抜きにして、写真家の小澤太一氏と鹿野貴司氏の撮影した実写画像を見て うっとりしてください!

実写ギャラリー | SIGMA DP2 Merrill : スペシャルコンテンツ
実写ギャラリー | SIGMA DP2 Merrill : スペシャルコンテンツ

SIGMA DP2 Merrill : スペシャルコンテンツ
SIGMA DP2 Merrill : スペシャルコンテンツ

続きを読む


シグマ DP2x – オート・フォーカスの高速化と操作性の向上

SIGMA DP2x

Sigma 17-50 2.8 OS Sample Images
(ぜひとも──ナマを撃ち抜いてほしいカメラ)

シグマからコンパクト・デジタルカメラの DP2x が 発売されました! この期待の新製品は、名前のとおり、シグマ DP2シグマ DP2s の後継機です。

シグマ DP シリーズの 1 番の特長は、高性能なレンズ独自のセンサから生み出される、高画質な写真でしょう。一般的な「コンデジ」よりもセンサの大きい「ミラーレス一眼」が増えてきた今でも、DP シリーズの独自性は変わりません。

とくに DP2 シリーズは、手のひらサイズのデジタル・カメラでありながら、エッジのシャープさと、ボケの美しさとを同時に味わえる。下のページで、参考の画像をご覧ください。まさに「空気感まで写すカメラ」です。

写真で見る、シグマ「DP2x」 – ITmedia デジカメプラス

肝心の「カメラとしての使い心地」は、どうなのでしょう? ここから先に書いていきます。

続きを読む


明るいズームレンズ・17-50mm F2.8 を比較 – 知識よりも正しい判断を

デジタル(APS-C)用 17-50mm F2.8 レンズを比較する

Sigma Girl (この写真が決め手!──ではない)

結論: シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM が最強!


レンズキットについている(おまけのような)レンズから卒業するか、「単焦点レンズだけを使え!」という呪縛から逃れる場合には、タムロンの新しい高倍率ズームがおすすめ──という記事を昨日書きました。

タムロン 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD – 幸福を引き寄せるレンズ : 亜細亜ノ蛾 – Weblog

今回は、上記の「便利なレンズ」から視点を変えて、「明るくてボケがきれいなレンズ」を選んでみましょう。それほど明るくない室内での撮影や、ポートレイト(人物撮影)に向いたレンズですね。

比較するレンズは、下記の 3 本です:

焦点距離は 17-50mm(または 17-55mm)・解放値は全域で F2.8・手ブレ補正を内蔵しているレンズで絞り込み、自分が愛用している Canon EOS 7D との組み合わせを想定しました。


結論は上に書いてあるとおり、シグマのレンズが 1 番です。ここから先は、その理由を深く見ていきましょう。

──あ、もちろん、現時点で上のリンクからレンズを購入すると、幸せになりますよ!(自分もあなたも)

続きを読む


Amazon にてカメラ・レンズがセール中! 貪欲な知性で買いまくれ!

Amazon.co.jp セール・バーゲン・お買い得情報

Yotsuba is having a yard sale!
(できれば──かわいい売り子がいるともっと良い)

Amazon.co.jp: セール・バーゲン・お買い得情報をチェックしていますか? 家庭用電化製品やホーム用品・DVD・ゲームなど、あらゆるジャンルのセールをいつも行っていますよ。

今回は、カメラ・レンズ製品にしぼって、お得な情報をお送りします。

一番の目玉は、キヤノンのキャッシュバックですね。ただ、適用条件が分かりにくいため、ここから詳しく説明していきます。

とくに、値段がこなれてきた Canon EOS 7D を狙っている人は、注目のキャンペーンですよ!

続きを読む


Adobe Photoshop CS5 と Adobe Camera Raw 6 の自動「レンズ補正」

Photoshop CS5

addiction (by {pie})
(レンズ好きにはタマラナイ機能)

フォトショップの最新バージョンである CS5 と言えば、新機能である「コンテンツに応じた塗り」が有名です。ウェブ上でも、いろいろな作例が見られますよね。

たしかに、この機能は面白いし便利です。

けれども──、われわれのようなニュータイプの「カメラ人類」(by. チョートクさん)としては、年がら年中・何やかんやと「応じて塗って」いても仕方がない。

CS4 よりも「環境設定」のメニューが洗練されていたり、(ようやく)切り抜きツールに 3 分割線が表示されたり、動作の速度が(体感的に)向上していたり──というほうが重要です。

よりスマートになった Photoshop の既存機能 – Adobe Photoshop Magazine – Photoshop CS5 – 新機能紹介

中でも、「プロファイルを使った自動レンズ補正」に大・注目しましょう!

たまたま自分が愛用しているレンズである TAMRON SP AF28-75mm F2.8 A09E がプロファイルに登録されていたので、どんな感じに補正されるのか、試してみました。

続きを読む


SIGMA DP2 – 手のひらサイズでデジタル一眼レフカメラ並の高画質

SIGMA DP2

SIGMA DP2 Antique Version (by digitalbear) (by digitalbear)

SIGMA DP2 が欲しい

──昨日と同じような事を書いている。でもでもだって、だがしかし──お散歩の相棒に DP2・本気の撮影には Panasonic LUMIX GH1 があったら、ステキじゃん?(キラッと光る、欠けた前歯)

広角の撮影用に SIGMA DP1 があったら、なお良い。まぁ、それでも横木さんのようなスナップショットを撮れるには、10 年くらい修行が必要かもしれないが……。

『シグマ DP1 マニアック・マニュアル』 横木流スナップショット 2 : 亜細亜ノ蛾

とはいえ、無い袖は振れぬ・無い物ねだり・ナイナイとダウンタウン──(おっと、これは無かった事にしてくれ!)というくらい、「先立つモノ」が ないのである。

参考: お笑い芸人相関図

そういえば、定額給付金って、12 万くらいだったっけ? 振り込みは まだかなー(ただし単位はジンバブエ・ドル)。

──いつものごとく無意味な前置きはこれくらいにして、SIGMA DP2 の魅力を見てみよう。

続きを読む


『シグマ DP1 マニアック・マニュアル』 横木流スナップショット 2

シグマ DP1 マニアック・マニュアル

Live (by williamchu) (by williamchu)

「シグマ DP1」という、「超」が 256 個くらい付くマニア向けのカメラがある。コンパクトデジタルカメラの外見でありながら、中身は一眼レフデジカメの映像素子を持っているのだ。

そのほか、マニュアルフォーカス用にダイアルがあったり、JPEG で撮ると 460 万画素しかなかったり、3 連写するごとに 15 秒も待たされたり、とマニアックすぎる仕様である。「漢(おとこ)のカメラ」と言えるだろう。

さて、今回紹介するのは、その DP1 について書かれた唯一の本である。ほかの高級デジカメは何冊も(軟弱な)マニュアル本が出ているのに、この魅力的なカメラの本を出す勇気があるのは何人もいないようだ。

ところが、カメラと同様に、内容にはクセがある。

タイトルに「SIGMA DP1」とハッキリ書いてありながら、中身は「横木流・撮影術」という感じなのだ。

著者の横木 安良夫(よこぎ あらお)氏といえば、スナップショットの名手である。ここでいうスナップショットとは、「構図や露出などを考えず、お気軽に散歩道などで簡単に撮ること」──ではない。盗み撮りとか速写と言われる手法のことだ。

──念のために言っておくと、「盗み撮り・イコール・性犯罪」と短絡して考えるのはやめよう。むしろ、その思考には注意が必要だ。

本書では、横木氏のお得意とするスナップショットについて、多くのページを割いてある。「DP1 でタクのレオナルドちゃん(ウェルシュ・コーギー)でも撮ろうかしら」というマダムが、うっかりと本書を手に取るとビックリするだろう。

なんだか本書を読むと、氏と同じようなスナップショットの愛好家のために DP1 は作られた、というように思えてしまうのだ。──どちらかと言うと、スナップショットに最適なカメラは「RICOH デジタルカメラ GX200」だと思うが、それはまた書く。

とはいえ、DP1 を買って本書に手を出す人が、「子どもの運動会」や「ウチのペット」ばかりを撮るだろうか。もっといろいろな被写体を求めて街や野に繰り出す人には、本書の作例が大いに参考になる。すべての写真には、撮影データが明記されているのだ。

後半には横木氏が提唱する「CreCo(クリコ)」というレタッチ法も載っている。写真の良さを引き出すこの手法を、ぜひとも試して欲しい。自分も最近ハマっている。

続きを読む