• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 コミックス 16 巻 「新人とベテラン」

An apprehensive Butterstick
(見えそうで見えない──ようで見えている)

新年あけました あとの 2012 年 1 月 4 日に『バクマン。』 第 16 巻が発売されます!

なにしろ手元にコミックスもタイムマシンもないから、中身が分からないままにアフィ──じゃなくて紹介しましょう。いつもやっていることだから慣れたものです。

2012-01-04T23:42:41+09:00 追記

コミックスを購入したので、記事を書き直しました。この巻もネームを紹介するページが最高に面白いですよ!

16 巻の表紙は新妻エイジでした! 15 巻の感想でも書いたように、アニメを意識しているようなイラストです。普段はかなり地味ぃーな感じなだけに、ポップで良いですね!

バクマン。 15 巻 「励みと想い」 異動願と「殴りなさい」 | 亜細亜ノ蛾

この調子で次の表紙はヒロインを頼みますよ……。

16 巻の見どころ

表紙から ずっと新妻エイジのターン! が続いています。おもしろいだけではなくて格好いいし、彼を主役にした作品も作れそうですね。──一日中マンガを描いて終わるけれど。

服部の想像したエイジは、ものすごい格好で執筆していました(p.76)。特殊な趣味を感じさせる想像力ですね。ところが大場つぐみさんのネームでは、もっと ぶっ飛んだポーズで描いている。

大場ネームの面白さで言えば、ダイエットに挑む中井の体形が すさまじかった。もはや人間じゃない。まだ小畑健さんは抑えて描いていたのですね。

大場さんが描くと、高浜も「きのこヘチマ人間」です。

「福田組」の組員たちが、久しぶりにエイジの仕事場へ集まる場面も良かった。各作家の熱い思いが見える。それでもエイジは ずば抜けていて、まさにラスボスといった感じでした。コンティニューができないから無理ゲーです。

「岩瀬の回」とも言える「140 ページ」も味わい深かった。最近は出番が一段と減ってきたけれど、良いキャラだから岩瀬を活躍させて欲しいです!

このサイトの記事一覧

感想はリンク先から お読みください。短くてサッと読めるため、出かける前やトイレの時・お休み前にピッタリですねー(棒)。

[2] このページの一番上へ戻る