映画一覧

チェンジリング – 人を傷つけて喜ぶ人間──それは誰だ?

『チェンジリング』 (Changeling)

ポンデリング ショコラとアーモンド
(間違えたリングを交換しにいく話──ではない)

最高に胸くそが悪くなる映画でした。

──って、「できが悪い作品」という意味ではないですよ! 出演者たちの演技も映像も脚本も、すべて一級品です。

ところが、見終わったあとで「あー、面白かったー!」とニッコリできる映画ではありません。映画の中で起こった「史実に基づいた事件」が痛ましくて、エンド・クレジットが流れている時にボーッとしてしまいました。

なにより、犯人に腹が立つ!

でもこれは、クリント・イーストウッド監督と犯人役の役者に対する、最大の賛辞ですよ。最大の惨事でもあるけれど……。


見どころの 1 つは、主演を演じているのがアンジェリーナ・ジョリーであること。セクシィな彼女は、本作品でも「入浴シーン」を披露するのですが──、けっして色っぽくはない。貞淑な母親であるクリスティン・コリンズを見事に演じていました。

彼女の一人息子──ウォルター(ガトリン・グリフィス)が行方不明になるところから、物語は動き始めます。毎日毎日、息子のことを気にかけるクリスティンの元へ、5 か月も経ってからウォルター発見の知らせが届くのですが──、

戻ってきた「ウォルター」は、まったくの別人だった。

ウォルターを名乗る少年──アーサー・ハッチンズ(デヴォン・コンティ)の目的は分かりません。自分は途中まで、ミステリィかと思って観ていました。


もう一つの見どころは、1920 年代後半のロサンゼルスを再現した映像です。クリスティンの勤める電話会社や街並みが、古くて新しくて美しい。

いつもなら、衣装の内側からあふれんばかりの肉体美を誇るアンジェリーナ・ジョリーだけれど、この時代の洋服を身につけると、おしとやかに見えます。彼女の変わった一面を見るためだけにでも、ぜひご覧ください。

続きを読む


消えた天使 – 女を殴ってから髪をなでる者──それが彼の敵

『消えた天使』 (The Flock)

Devotion
(願いは 1 つ──無事でいますように)

きわどい題材のサスペンス映画です。


リチャード・ギアが演じるエロル・バベッジは、公共安全局で監察官をしている。性犯罪登録者の監察を続けてきて、心身ともに疲れ果てていた。

引退間近のエロルは、新人のアリスン・ラウリー(クレア・デインズ)に仕事を教えていたのだが、誘拐された女性を捜査し始めて──。


こういったストーリィ展開で、何しろリチャード・ギアが主演の映画だから──、「正義の味方であるギア様が、紳士的に事件をまるっと解決する!」──となりそうですよね? 違うよ。全然違うよ。


本作品でリチャード・ギアが演じるエロルは、アルコール中毒で切れやすい性格です。元・性犯罪者たちのところへ(異常にしつこく)通い続けているのも、仕事熱心というよりも、「何か」にとりつかれている感じがする。

ある意味では、エロルは犯罪者以上に犯罪者らしい。

冒頭で引用されているニーチェの有名な言葉も、この物語が「ある方向」を向いていることを感じさせます──。

怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。

ニーチェ格言集

はたしてエロルは、みずから犯罪者となってしまうのか? 何しろ名前がエロルだし……(それは関係ない)。


この映画と『96 時間』は題材が似ていて、娘を持つ親御さんにとっては、想像もしたくない話です。それに、『96 時間』は「悪・即・斬」な話だから良いけれど、『消えた天使』は──ちょっと娘さんと一緒には観にくい感じ。

96 時間 – 空気と光と家族の愛──これだけあれば親父は走れる : 亜細亜ノ蛾


基本的にはサスペンス映画で、ハラハラドキドキな展開に満足できました。マニアックなお色気の場面もあり、そういう方面でも楽しめます。とくに(アマチュア)カメラマンの自分には、「そういう世界もあるのか!」と思ったり。

さらに、「犯人は誰だ?」というミステリィ要素まであって、なかなかゴージャスです。その犯人の演技も圧倒的で、ラスト付近の場面ではギア様を食っていました! ──あ、演技力でね。

アヴリル・ラヴィーンが出演していることも、ファンには見逃せません。彼女が演じているベアトリス・ベルという人物は、「なんちゃってアヴリル」を思わせるキケンな役でした。

どこがあぶないのかは、見てのお楽しみです──。

続きを読む


26 世紀青年 – 教育よりも刺激を求めた末の世界

『26 世紀青年』 (Idiocracy)

Book and the Green Laser
(「でんかいしつは──ニャんにでもきくニャ!」)

隠れた傑作 SF コメディです!

主人公のジョー・バウアーズ(ルーク・ウィルソン)とヒロインのリタ(マーヤ・ルドルフ)が人工冬眠から目覚めた 26 世紀の世界では、「頭にゆとりある人」ばかりになっていた──という内容で、なかなか笑ってばかりもいられません。

法律のことなど何も知らない弁護士のドクター・レクサス(ジャスティン・ロング)やプロレス・チャンピオンの合衆国大統領などが出てきます。国民たちは、リビングでイス代わりのトイレに腰掛けて、スポーツ・ドリンクを水代わりに飲み、下品なテレビ番組を見ている。

お子様に「ユニークな名前」をつけたり、計画なく子どもを作ったりする現在の世界を見ていると、この映画みたいな世界になりそうでこわい……。

(まともな親なら参考にならない)参考: DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)

[ad]

監督は、『ビーバス & バットヘッド』の制作と声優を担当した マイク・ジャッジです。

あのアニメを知っている人なら、『26 世紀青年』は「B&B の実写版」で通じるでしょう。「脳みその容量が足りなさそうな人たち」の描写ならお得意の監督です!

スポーツ・ドリンクでポップコーンを流し込みながら観て欲しい映画でした。そうすれば、明日から仕事や勉強をがんばりたくなるはずです。

続きを読む


セブン – この悪夢を体験すれば彼を理解した──と思えるのか?

『セブン』 (Se7en)

project 365: day 227
(ハートが奪われるような──赤く染まる「7」)

至高のサスペンス・ホラーです!

この作品は有名すぎて、未見の人はすくないでしょうね。まだこの「究極の悪夢」を体験していない人は、お正月映画にピッタリです!(もう、正月気分も終わっているケド)


主役は 2 人で、退職を目前にひかえた刑事: ウィリアム・サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな若手刑事: デイヴィッド・ミルズ(ブラッド・ピット)との対比が面白い。

この配役なら普通は、サマセットは指導する役に徹して、ミルズを主人公にするはず。2 人とも大スターだけれど、なにより引退が間近の刑事役だし──、フリーマンはシブすぎる。

ところが、監督のデヴィッド・フィンチャー自身が語っているように、「『セブン』はサマセットの物語」なのです。この刑事が、何を見て何を考えるのか──。そこが見どころです。


タイトルになっている『セブン』とは、「七つの大罪」を指している。連続殺人犯が、「大食・強欲・怠惰──」を犯した(と犯人が思い込んでいる)人たちを「罰して」いきます。──過剰すぎるやり方で。

七つの大罪 – Wikipedia

犯人に「裁かれた」被害者たちのグロテスクな姿が、強く強くあとに残る映画です。しかし、もっと忘れられない最悪のできごとが、最後におこるのでした──。

自分の大切な人と一緒に観て、ぜひとも感想を話し合って欲しい映画です。自分が○○だったら、どうするか──と。登場人物が極端にすくなくして、ていねいに描いてある作品なので、感情移入もしやすいです。

でも、相手が「箱の中身はなんだったの?」などと言う──ちょっと抜けた人だったら、むずかしいけれど……。

続きを読む


96 時間 – 空気と光と家族の愛──これだけあれば親父は走れる

『96 時間』 (Taken)

878 Paris Notre Dame 08:34
(世界の都にも──光と闇がある)

スピーディな展開が楽しめる良質アクション映画です!

この映画で自分がもっとも好きなところは、「シンプルさ」ですね。ストーリィは単純で、「さらわれた娘を救い出す父親の話」とまとめられる。

迫力あるカー・チェイスや銃撃戦が何度も出てきますが、父親には「最後まで敵の銃弾は食らわない」という「主人公補正」がついています。次から次へとピンチの連続だけれど、敵の数が多い日も安心。

制作にあたったリュック・ベッソンが監督した『レオン』よりは、アーノルド・シュワルツェネッガーがロケット・ランチャを逆向きに撃つ映画や、スティーヴン・セガール主演の映画に近い感じです。


──まるで、中身がない映画みたいに思えますよね?

ところが、『96 時間』は娯楽映画としてギリギリのラインを保ちながら、現実に起こりそうな恐怖感を演出しています。その味付けが素晴らしい!

父親のブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)は元・CIA の工作員で、数々の困難な状況に対処するスピードが早かったり、敵を排除する際にためらいがない点も納得ができます。

娘のキム・ミルズ(マギー・グレイス)はかわいらしい! でも、頭が常夏の女友だちを持ったせいで、旅行先でキケンな目にあってしまう。

そのトラブルに巻き込まれた場所が、とあるスラム街──ではなく、パリなのです! しかも路地裏でもなんでもなく、空港から下りた直後でした。

じつはパリには、無法地帯が多いのです……。


お気楽に見られる映画かと思いきや、パリの暗部を見せつけられる。そして、CIA で鍛え上げられた実践的なテクニックで、父親は冷酷に敵を始末していく──。シンプルさとリアルさが、見事に融合していました。

ベースとなっている部分は定番だけれど飽きずに味わえて、上手に味付けをしてある──「かっぱえびせん・トリュフソース添え ~森の妖精に誘われて~」といった感じ(?)。


誰にでもお勧めできる映画ですが、上記の通り、パリの暗黒面として人身売買の現場が出てきます。その場面にはセクシィさなど皆無で、この世の地獄や悪夢としか言いようがない。

でも──、世のお父さんと娘さんには、この映画を一緒に観られるような関係を築いて欲しいですね。恋人同士で観る「お正月映画」としてもピッタリです!

できれば、パリへ旅行へ行く前に観てください──。

続きを読む


カオス – 観客をだますには配役から

『カオス』 (Chaos)

Intravenous I
(ウソを混ぜ入れたのは──点滴の中だけ?)

絶対にだまされるトリッキィな傑作です!

この映画には主役級が 3 人いて、それぞれが味のある演技をしている。キャスティングも絶妙です。ほかの映画で彼らを知っていると、よりいっそう『カオス』を楽しめる。

まずは、ジェイソン・ステイサムがクエンティン・コナーズ刑事を演じています。彼は、『アドレナリン』で見せたイカレた主人公役が最高にハマっていました。『セルラー』での悪役も印象深く、ワルな男を演じさせたら天下一品ですね!

もう 1 人の主役はローレンツという名前で、銀行強盗のリーダです。彼を演じているウェズリー・スナイプスは、なんといっても『ブレイド』シリーズが有名でしょう。剣を構えた彼の写真は、映画を観たことがない人でも知っているはず。


ここまで話せば、『カオス』の展開も分かりますよね!

──シアトルの銀行が強盗に襲われた。強盗のリーダであるローレンツは銀行員と客を人質に取り、逃走用の車を要求する。クエンティン・コナーズ刑事はまわりの声を聞かず、単独で銀行に侵入し、激しい銃撃戦を繰り広げるのだった──。

こんな感じで、「汚れた刑事」をジェイソン・ステイサムが荒っぽく演じて、「無頼漢な強盗」のウェズリー・スナイプスをガンガン撃ちまくる! 人質も撃つ! 途中からなぜか「銃 vs 剣」の対決になり、街中を巻き込んだ一大アクションに!

──は、なりません。まったく。ぜんぜん。


本当はどんな話かと言うと──、ローレンツが銀行強盗のリーダで、クエンティン・コナーズ刑事が彼を追う構図は変わらない。しかし、今回のジェイソン・ステイサムは妙におとなしく、ルールを守る男なのです。同僚からの信頼も厚い。

じつは、『カオス』に登場する新米の刑事──シェーン・デッカーこそが、真の主役です。彼を演じたライアン・フィリップは、キリッとした二枚目だけれど、上記の 2 人と比べると──いかにも頼りない。

前半のシェーン・デッカーは、「そんな捜査で大丈夫か?」と声をかけたくなるけれど、クエンティン・コナーズのおかげで急成長していく。コナーズがデッカーを守る場面もあり、意外と心温まる話です。


ところが、『カオス』だけに単純ではなかった──。

最後の展開──「種明かし」は、ちょっと見抜けないと思います。自分は、すっかりだまされた。「そんなところに仕掛けがあったのか!」と驚くタイプの話で、だまされると分かっていても最後にビックリするはずです。

全体的に分かりやすい演出だし、(ちゃんと観ていれば)謎解きも「え、どういうこと!?」とはならないでしょう。途中のカー・アクションもリアルで素晴らしい! 友人や恋人と気軽に楽しめて、最後にドッキリ・にっこりできる映画です。

続きを読む


デジャヴ – 運命が彼女に負わせた傷を癒せるか?

『デジャヴ』 (Deja Vu)

IMG_6650
(どこかで見たことがあるね──ハハッ)

意外な展開に驚く、素晴らしいアクション映画です!

主人公はデンゼル・ワシントンが演じるダグ・カーリンで、日本ではなじみの薄い「ATF 捜査官」という役職に就いている。「FBI の特別捜査官」でも「警察官」でもないところに、何かミソがあるのかな──と思わせる役柄です。

ATF とは: アルコール・タバコ・火器及び爆発物取締局 – Wikipedia


出航する寸前のフェリーから、『デジャヴ』は始まりました。日常でありながら非日常・慌ただしくて穏やかな舞台は、映画にピッタリです。効果的なオープニングでしたね。

船の乗客たちは、誰もが嬉しそうな顔をしています。真っ白い服に身を包んだ水兵たちは、さすがにすました表情をしているけれど、それが逆にカモメを思わせる。

──なんとも平和な始まり方です。

──数分後、彼らは爆死する


上記のように、最初から画面に引きずり込まれるような展開が見事です。「フェリーが爆発する」と書く時点でネタバレですが、そうと分かっていても驚かされる映像ですよ!

フェリーの爆発はテロ事件であることを、ダグはすぐに突き止めます。その捜査の手際も鮮やかで、「地道な捜査で犯人にたどり着く映画」だと誰もが──だまされる。

ところが、捜査を支える斬新な装置が登場してから、映画のふんいきが一変します。この装置は非常にキケンで、一歩間違えると捜査どころか、映画の世界そのものが崩壊してしまう。なんとか上手にまとめていましたね。

途中で出てくるカー・アクションも、ほかの映画では観たことがないような仕掛けになっています。上で出てくる装置が、アクションでも生かされている。ほかの監督も、マネしたくて仕方がないでしょうね(過去にもあるかも?)。


自分のように、映画を観ている最中はボケーっとしていると、タイトルの意味に気がつくのは終盤です。それまでは、「どこが『デジャヴ』なんだ?」と思ってしまう。

でも、たとえば、この映画のタイトルを「装置の名前」にしたら──台無しだ! 見終わったあとに「どこからどこまでがデジャヴだったのか?」をじっくりと考えると、背筋がゾクッとしますよ。

続きを読む


トロン: レガシー – コンピュータ内の「グリッド」も自然の一部

『トロン: レガシー』(Tron: Legacy)

at Aoyama
(人間の限界と自然の強さを示す──傘)

どこか懐かしさを覚える最新 SF でした。


主人公のサム・フリン(ギャレット・ヘドランド)は、子どものころに父親が失踪して以降は、不良になってしまう。そしてバイクで暴走したり、ハッキングして会社に忍び込んだりする。

──それ何て『ターミネーター 2』?

『トロン: レガシー』のストーリィも言ってしまえば、『スターウォーズ』(旧 3 部作)なんですよね。「週刊少年ジャンプ」のマンガ大半も同じだけれど、「父と息子との関係」は物語にしやすいのだろうか?

ということで、本作品は細かいことを考えずに、ひたすら最新の映像を楽しむ映画です。サムがコンピュータの世界──「グリッド」に入り込んですぐに、なんの説明もなく「ゲーム」が始まるスピード感が楽しい。

YouTube – 映画『トロン:レガシー』予告編


ゲームに使われる「ライト・サイクル」(バイク)や「ディスク」(ID 用円盤)・逃走用の「ライト・ランナー」(車)は格好良かった! ライト──ナントカ言うと思われる飛行機(名称不明)での空中戦も素晴らしい。

個人的には、ライト・サイクルやディスクで戦うゲームの場面を、もっと延々と鑑賞していたかったです。映画の 8 割はゲームで良かった気がする。DVD/BD が出たら、リピート再生しよう。

後半に出てくるサムとトロンが戦う場面も、すこし消化不良でしたね。もっとハデにして、「今の時代だからこそ実現できる戦闘」を目にしたかった。


「ケヴィン・フリン」という重要な人物を、前作と同じジェフ・ブリッジスが演じているところも注目です。61 歳のジェフからは、28 年の歳月を感じさせる。前作のファンには、感慨深いところでしょう。

ところが、前作にも出てきた「クルー」という人物(プログラム)は、当時と同じような顔をしている。まるで 30 代のジェフ・ブリッジスそのものなのです!

この「同じ俳優の 30 代と 60 代の姿が共演していること」が、じつは『トロン: レガシー』の目玉だったりする。あまりにも自然な映像であるため、誰も気がつかないでしょうね。

これからは、女優のメイク・アップも CG で──となるかもしれません。

続きを読む


ミスト – 「いかがでした?」「あれが本だったら、壁に投げただろう」

『ミスト』 (The Mist)

Vampire Season
(霧が出てきたな──店内でビールを勝手に飲もう)

つまらないホラー映画です。

これはもう、「愛すべき駄作」でもなんでもなくて、ひたすら退屈な映画でしたね。たまには、こういう映画も紹介してみましょう。『ハプニング』よりはマシだし……。


この映画の見どころは──どこにもありません。

この映画を絶賛している人の多くは、キャッチコピーの「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」を取り上げています(よくこんな映画に、プロが 90 点も付けたものだ……)。

参考: 超映画批評『ミスト』90点(100点満点中)

自分の心には、ラストも「なんじゃそりゃ!」でした。あきらかに、過大評価されている。この駄作を支援している人に向けて、ラストシーンを一行で論破します。この記事の後半をご覧ください。


これから観る人へのアドバイス:

「ホラー映画は 90 分間」という伝統(?)を無視して、本作品は 125 分間もあります。そして、前半がものすごく、かったるい

前半の 1 時間は、このような時間の配分になっています(カッコ内は asiamoth の体感による)。

  • ダラダラした状況説明: 30 分間
  • 頑固な弁護士を説得する: 45 分間
  • 触手さんとのお遊戯: 60 分間
  • 女教祖様のありがたい講釈: 1,000 分間
  • この映画で失った貴重な時間: priceless

──とこのように、前半は、本当に見るだけムダな内容になっています。そのため、これからこの映画を観ようという風変わりな人は、

まず、DVD を真っ二つに折りましょう

そして、前半部分のディスクは捨てて、後半から再生すればいいのです。「後半」の目安は、「夜、ホームセンタの中に巨大な虫が入ってくるところ」ですね。そこから見始めても、まったく問題はありません。

──後半も退屈だけどねッ!

続きを読む


クローサー – 涙とともに味わわなければ、恋の味は分からない

『クローサー』 (Closer)

涙 ~ Namida
(涙をお拭きよ──深く味わったあとで)

スリリングな恋愛を描いた映画です。

一組の男女が偶然に路上で知り合って、恋をする──。そんな「恋愛映画」らしい始まり方をします。まったくタイプが異なる 2 人だけど、案外、お似合いそうにも見える。

あともう一組、小粋なウソから出会う男女が出てきます。こちらは「え、そんな出会いで付き合うの?」と驚くけれど、恋の始まりには理由や理論は必要ありません。

このようにステキな始まり方をする映画なので、さぞかし美しい恋愛模様が見られる──と思うでしょう。付き合い始めた恋人同士が観るのに、ピッタリな映画に思える。たしかに素晴らしい傑作なのですが──、

──ただ甘いだけの恋ではなかった……。


キャストは、以下の通りです(カッコ内は日本語吹き替え版の声優)。

なんという豪華なキャスト陣でしょうか!

主演・助演の全員が、アカデミー賞に受賞・またはノミネートの経験者です。『クローサー』自体も、ゴールデン・グローブ賞を 2 部門も受賞しました。

参考: クローサー (2004年の映画) – Wikipedia


この映画は、アリスを演じたナタリー・ポートマンが、なんといっても一番輝いています!

アリスは、「元・ストリッパ」だという衝撃の告白をする。でも、「どうせ『──という設定』だけだろう」と誰もが思う。なにしろ、まだ『レオン』のマチルダ役で見せた、あどけなさが少し残っているのです。

まさか、ナタリー・ポートマンがストリップをするなんて──。そう思っていたら! なんと!(続きは映画で)


監督は、あの超有名な恋愛映画・『卒業』を撮ったマイク・ニコルズです。そのためか、終わり方が深く印象に残る。

『卒業』がハッピィ・エンドかどうかは、議論が分かれるところですよね。『クローサー』も、いったい誰が幸せをつかんだのか、見終わったあとで考えてみると面白い。


いつも映画を紹介する時は、「誰と観ることをお勧めするか」を考えます。『クローサー』は──、むずかしい!

恋愛期間の短い男女が──と言うか、恋愛経験のすくない人がこの映画を観るのは、刺激的すぎます。恋愛恐怖症になりそう。むしろ、不倫の相手や浮気相手と一緒に観たほうが、あらゆる意味で良いかもしれません。

『クローサー』を観て、真実を知りたがる男・ウソをつきたがる女にうんざりするなら──、

──火遊びはやめましょう。

続きを読む