CANON一覧

ニコン COOLPIX P300・キヤノン PowerShot S95 のスペックを比較!

Nikon COOLPIX P300 vs. Canon PowerShot S95

Untitled by joliot, on Flickr
(いつの時代も──ライバルでいて欲しいメーカ)

ニコンの COOLPIX P300 は、Amazon.co.jp コンパクトデジタルカメラのベストセラーで すくなくとも 1 か月以上は 1 位を取り続けていました。

ところが最近になって、キヤノンの PowerShot S95 と入れ替わったりして、大きく順位が変動しています。不況と言われて久しい今日このごろですが、欲しい物・必要な物を買う人が多いわけですね。

ニコン P300 と キヤノン S95 は、よく比較されるライバル機種同士です。そこで今回は、じっくりと両方の機種を比較してみました。

購入の比較に・あるいは 2 台とも買う決意を固める手助けになれば幸いです!

Nikon COOLPIX P300 vs. Canon PowerShot S95
↓項目 / 機種名→ Nikon COOLPIX P300 Canon PowerShot S95
総評: 明るいレンズの P300・大型センサの S95
画素数 総画素: 1275 万画素・有効画素: 1220 万画素 総画素: 1040 万画素・有効画素: 1000 万画素
映像素子 1/2.3 型 CMOS 1/1.7 型 CCD
F値 F1.8 ~ F4.9 F2 ~ F4.9
焦点距離 24 mm ~ 100 mm 28 mm ~ 105 mm
最短撮影距離 30cm (標準)・3cm (マクロ) 5cm (標準)・5cm (マクロ)
撮影感度 ISO160 ~ ISO3200 ISO80 ~ ISO3200
記録フォーマット JPEG JPEG/RAW
液晶モニタ 3 インチ・92 万ドット 3 インチ・46.1 万ドット
動画撮影サイズ・方式 1920×1080・MPEG-4AVC/H.264 1280×720・MOV
幅x高さx奥行き 103×58.3×32 mm 99.8×58.4×29.5 mm

続きを読む


キヤノン IXY 600F は 6 つのブレを防ぐ! 8 倍ズーム薄型デジカメ

Canon IXY 600F

2010-06-14_022252_Canon EOS 7D_28-75mm
(失敗も「味」だと言えば──通ぶれる)

キヤノンがコンパクト・デジカメを本気で作ったら こうなる! ──という気合いの入ったデジタル・カメラが、IXY 600F です! これは すごいぞ……。

Canon の公式サイト内に、IXY 600F のスペシャル・ページが用意してあります。画像と動画を多用した分かりやすい作りになっているので、ぜひ ご覧くださいね。

キヤノン:IXY SPECIAL
キヤノン:IXY SPECIAL

IXY 600F の数ある(ありすぎる)特長から、個人的に「いいね!」と思った部分だけを抜き出しても──こんなに残ってしまいました!

  • キヤノン:IXY 600F|特長 高倍率ズーム
    • 光学 8 倍ズームの同クラスで世界最薄
    • 最大約 32 倍の「セーフティズーム」
  • キヤノン:IXY 600F|特長 マルチシーンIS×こだわりオート
    • 状況に応じてブレの補正を切り替える「マルチシーン IS」
    • 角度ブレとシフトブレを同時に抑える「ハイブリッド IS」
    • 動画の撮影用に 2 種類など、合計で 6 種類のブレ補正
    • 自動で設定調整する「こだわりオート」は 32 シーンを認識
    • 人物・動物にピントを自動で合わせる「主役フォーカス」
    • 動く被写体にピントと露出を合わせ続ける「サーボ AF/AE」
    • 目をつむった人物を警告する「目つむり検出」
  • キヤノン:IXY 600F|特長 高感度&高画質
    • オートモード時の最高感度は ISO1600
    • 「高感度センサー」でノイズの発生を抑える
  • キヤノン:IXY 600F|特長 フルハイビジョン動画
    • 最大でフルハイビジョン 1920×1080/24fps の動画を記録
    • 動画の撮影時に光学ズームが可能
    • 被写体に合ったシーンを自動判別する「こだわりムービー」
    • 「ジオラマ風動画」でミニチュア風の動画を録画
    • 240fps で撮影・30fpsで再生する「ハイスピード動画」
  • キヤノン:IXY 600F|特長 その他
    • 1 秒間に最高で約 8.7 枚を撮影する「ハイスピード連写」
    • 「スマイル」・「ウィンク」・人数の増加を自動的に認識して撮影

続きを読む


ソニー α77 と ニコン D7000・キヤノン EOS 7D などを比較テスト!

Sony α77 (SLT-A77VQ)

Jackpot!
(777──2 つで十分ですよ?)

カメラ・レンズの情報が満載の海外サイト・DxOMark にて、Sony α77 の映像素子をテストした結果が発表されていました! 早い!

DxOMark - Sony A77, measurements and review of the world-first 24 MP APS-C camera
DxOMark – Sony A77, measurements and review of the world-first 24 MP APS-C camera

英文で分量の多い文章に圧倒されますね!

肝心のテストは、リンクの先に 3 つも用意されています。α77 を含む 合計で 7 台分のテスト結果を比較する──のは大変なので、テストから漏れた Sony α900 を加えた 8 台分のテスト結果を表でまとめました

下で表にする 8 台は、以下のとおりです。

α77 は、どんな結果になったんだろう──。

続きを読む


Nikon D3100 に「レッド」が追加! 赤色デジタル一眼カメラ特集

本体が赤い一眼デジタルカメラ特集

Acer Palmatum - Japanese Maple
(秋が深まり──カメラも赤くなる?)

ニコンから真っ赤な 「D3100」 が登場します!

ご覧のとおり、ド派手ですよね! 「通常の 3 倍速い」──わけではありませんが、黒色の 3 倍くらいは かわいらしくて目立ちそう。

発売の予定日は 2011 年 9 月 17 日です。数量限定のため、忘れないうちに上のリンク先から予約しておきましょうね!

ニコンの D3100 は、かなりの実力を持ったカメラです。以前に記事で書いたとおり、評判が良くて売れ続けている。

5 万円前後で買えるレンズ付きデジタル一眼カメラ 3 機種 | 亜細亜ノ蛾

初めての「デジイチ」に D3100 はピッタリです。また、「2 台目のお手軽カメラ」として購入すると、その画質の良さに驚くでしょう。

ここから先は、同じような「情熱の赤」に燃える一眼デジカメを紹介します。どれも「もえ上がれー!」(『魔法少女まどか☆マギカ (5)』)という感じ(漢字が違う?)で、情熱の秋・芸術の秋に似合いそう!

続きを読む


Canon スピードライト 270EX II – 手軽にワイヤレス発光とバウンス

Canon スピードライト 270EX II

270
(二度目の衝撃を──あなたに)

キヤノンから、コンパクトな外部ストロボ・Canon スピードライト 270EX II が登場しました。270EX II という名前から分かるとおり、自分も愛用している Canon スピードライト 270EX の後継機です。

前機種の参考: Canon EOS 7D でポートレイト撮影するための便利な機材 : 亜細亜ノ蛾

270EX II の特徴は下のとおり:

  • ガイドナンバ: ワイド側は 22・テレ側は 27
  • バウンス角: 縦 90 度
  • スレーブ機能: 搭載
  • 電源: 単 3 電池 2 本
  • 発光間隔: 約 0.1 ~ 3.9 秒
  • 発光回数: 約 100 ~ 680 回
  • 外形寸法: 65.8×65.2×77mm
  • 重量: 155g

前の機種・270EX と同様に、コンパクトな外形でありながらバウンス発光もできる。「ストロボのポン焚きでまっ白」という、アリガチな状況を避けられるわけです。

270EX から大きく違うところは、2 種類のワイヤレス発光に対応しました。この機能により、撮影の幅が大きく広がります。オークションに出品する際の「ブツ撮り」や、ペットの撮影に ぴったりですね。

続きを読む


キヤノン EOS Kiss X5, ニコン D5100, ソニー α55 – どれを選ぶ?

Canon EOS Kiss X5, Nikon D5100, Sony α55

Session with Magda Psiuk, Sony Poland, Lubin 選ぶ基準は──人それぞれだけれど

デジタル一眼(レフ)カメラを初めて買う場合は、初心者から中級者へ向けたモデルが面白い。具体的には、下に挙げているキヤノン・ニコン・ソニーの 3 機種が おすすめです:

どれも巨大なメーカだけあって、もっと「初心者向けのカメラ」も発売している(Canon EOS Kiss X50, Nikon D3100, Sony NEX-5)。それでも、上の 3 機種を勧めます。──それはなぜか?

エントリィ・モデルは、上位機種に比べて「できないこと」が多いからです。

ボタンを簡略した分だけ、操作が複雑になっていたりもする。けっきょく、上のクラスよりも「カメラの腕前」が問われるのです。この手のカメラは、上級者が持つとサマになる

今回は、X5, D5100, α55 の「5 三兄弟」(語呂が悪く苦しいネーミング)のどれが狙い目か、くわしく見ていきましょう。

2012/07/25 追記: 現在では後継機が登場しています! どちらも最新型に ふさわしい実力を持っていますよ!

続きを読む


キヤノン スピードライト 320EX – 動画撮影に便利な LED ライト

Canon スピードライト 320EX

IMG_3996
(すくなくとも──このライトよりは手に入れやすい)

キヤノンの新しいスピードライトが登場しました! 待ちに待ったこの期待の新人は、いままでの純正ストロボにはない機能を持っている。

ボディ前面の LED ライトが一番の特長です:

  • モデリングライトや動画記録時の定常光として利用可能
  • ライブビューや動画撮影時の AF 補助光にも使える
  • 連続照射時間: 最長 4 時間(アルカリ乾電池使用時)
  • 動画記録時の到達距離: 約 1m(ISO3200・F5.6)

愛機・Canon EOS 7D で自分も動画撮影を楽しんでいますが、暗い場所では撮影を ためらってしまう。そのせいで、「こねこちゃん」たちの素敵なお姿を撮り逃したなぁ……(回想)。この LED ライトを、もっと早く手に入れたかった!

もう一つの面白い機能は、「リモートレリーズ」です。このボタンを押すと、ストロボ側からカメラのシャッタが切れる。三脚にカメラを固定しておいて、適切な位置にストロボを持っていき、そこから撮影できるわけですね。

そのほかの特長は、下記のとおり:

  • ガイドナンバ: ワイド側は 24・テレ側は 32
  • 照射角: ワイド 24mm・テレ 55mm(35mm 判)
  • バウンス角: 縦 90 度・左 180 度・右 90 度
  • スレーブ機能: 搭載
  • 電源: 単 3 電池 4 本
  • 発光間隔: 約 0.1~2.3 秒
  • 発光回数: 約 180~1000 回
  • 外形寸法: 70×115×78.4mm
  • 重量: 275g

ぜひ、下記のリンクからお買い求めください。

続きを読む


Amazon にて Canon EOS 7D とストロボのセット購入で割り引きセール

Amazon.co.jp のバーゲン・セール情報

everything's in your hands
(手のひらにのる太陽──それがストロボ)

Amazon.co.jp で 2011 年・春のバーゲンが開催中です。さまざまな商品が値引きされている中で、気になったのは下のキャンペーンでした。

Amazon.co.jpメッセージ
Amazon.co.jp: 2000円分を割引!Canon「EOS 7D」とストロボあわせて買うと割引

Canon EOS 7D と、ストロボ(スピードライト)とを一緒にカートへ入れると割り引きになります。価格がこなれてきた 7D を手に入れるチャンスですよ!

さて、どのストロボを購入するかが、じつに悩ましい!

続きを読む


明るいズームレンズ・17-50mm F2.8 を比較 – 知識よりも正しい判断を

デジタル(APS-C)用 17-50mm F2.8 レンズを比較する

Sigma Girl (この写真が決め手!──ではない)

結論: シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM が最強!


レンズキットについている(おまけのような)レンズから卒業するか、「単焦点レンズだけを使え!」という呪縛から逃れる場合には、タムロンの新しい高倍率ズームがおすすめ──という記事を昨日書きました。

タムロン 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD – 幸福を引き寄せるレンズ : 亜細亜ノ蛾 – Weblog

今回は、上記の「便利なレンズ」から視点を変えて、「明るくてボケがきれいなレンズ」を選んでみましょう。それほど明るくない室内での撮影や、ポートレイト(人物撮影)に向いたレンズですね。

比較するレンズは、下記の 3 本です:

焦点距離は 17-50mm(または 17-55mm)・解放値は全域で F2.8・手ブレ補正を内蔵しているレンズで絞り込み、自分が愛用している Canon EOS 7D との組み合わせを想定しました。


結論は上に書いてあるとおり、シグマのレンズが 1 番です。ここから先は、その理由を深く見ていきましょう。

──あ、もちろん、現時点で上のリンクからレンズを購入すると、幸せになりますよ!(自分もあなたも)

続きを読む


タムロン 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD – 幸福を引き寄せるレンズ

TAMRON 18-270mm F3.5-6.3 DiII VC PZD

2010-10-31_164318_Canon EOS 7D_18-270mm
(タムロンなら──きっと手ブレを止めてくれる)

結論: 高倍率ズームのレンズを使いましょう!

上の結論が出た理由はあとで書くとして──、いまならタムロンの新しいレンズが「買い」です! 下のページで見てのとおり、広く写し取ることも、ボケを味わうこともできる。

交換レンズ 高倍率ズームならタムロン B008

この素晴らしいレンズのズームの倍率は「18-270mm・15 倍」という世界最高クラスで、どのメーカよりもビシッと止める「手ブレ補正(VC)」が付いています。

この記事の一番上にある写真は、旧 18-270mm で撮りました。「片手を猫にかじられながら、シャッタ・スピードは 1/20 秒」というムチャな状況です。それでも、タムロンの VC は手ブレをピシャッと止めて、猫(とオレの腕毛)のモサモサ感がよく出ている。

じつは、15 倍ズームと手ブレ補正だけなら、旧 18-270mm(TAMRON B003)と違いがありません。タムロンは 2 年も前から、とんでもないレンズを生み出していました。

さらに新製品には、タムロン初の「超音波モーター(PZD)」を搭載しています。これが旧 18-270mm 使いの自分には、うらやましい! 旧レンズは、たまに「オートフォーカスがもっさり」しますからね……。

交換レンズ 高倍率ズームならタムロン ピエゾドライブ搭載/PZD(Piezo Drive) B008

超・高性能のままコンパクトになった、PZD 付き 18-270mm は絶対におすすめですよ! 単焦点レンズ派の人は、18mm・28mm・35mm・50mm・70mm・100mm・200mm ──をまとめて買ったと思えばいいのです。

ぜひ、下のリンクからどうぞ!

続きを読む