• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 コミックス 17 巻 「一発勝負と一話完結」

彩色三連星 3 つの星々は──いつまで輝けるか

バクマン。』 第 17 巻の表紙は、いつも以上に華やかでした! 懐かしくも忘れられない「あの人」が派手にポーズを取っていて、『DEATH NOTE』を思わせます。

そして 2 人のヒロインが、まるで百合の花のように咲いている。「7 ページ」で自分の脳天を撃ち抜いた「くるっ」と回る場面みたいです。やっぱりこの 2 人って──、とっても仲良しですね!

バクマン。 #7 「笑顔と赤面症」 女泣かせのシュージンとミホの親友 | 亜細亜ノ蛾

17 巻の見どころ

この巻も大場つぐみさんのネーム原稿が楽しかった! そのまま採用されたら作品の世界を打ち壊すようなギャグが満載です。「この巻もサービス サービスゥ!」とか言いながら書いているのかなー。

とくに、作中作である『ぱんちらファイト』や『シンジツの教室』を「マジで誰か描いて くれませんかね?」と呼びかけている点に大注目です! これは──スピンオフ来るでェ!


本編では、蒼樹紅と山久編集の やり取りが興味深かった。この 2 人の関係は、ビジネスライクな緊張感があって好きです。

──それは どの作家と編集者でも同じですが、蒼樹の容姿に引かれて山久は担当を引き受けている。それなのに、彼は個人的に口説いたりはしない。あくまでも「面白いマンガ」を描いてもらうために担当している。

一方の蒼樹も、最初は「生理的に受け付けない」とまで山久のことを嫌っていたけれど、彼の正直さに好意を持って──三角関係に突入か!? と思わせる描写です。

平丸一也のことも利用しているし、蒼樹さん──けっこうな悪女(ワル)ですね……。


あとは「143 ページ」の感想でツッコミを入れていた誤植が直っていましたね。コソコソと世界の隅っこ(このブログ)でネチネチ書かないで、編集部へ連絡を入れるのが筋ですケド。

このサイトの記事一覧

サクサク読める(?)過去の記事をどうぞー。

[2] このページの一番上へ戻る