• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 コミックス 5 巻 「文集と写真集」

Toasting Champagne (by Waldo Jaquith) (by Waldo Jaquith)

スーパ面白マンガ『バクマン。』の最新コミックス・第 5 巻が発売され(てい)ました! ──今日の今日まで、買い逃がしていたのです……。

第 5 巻の表紙には、マンガ家にとっては冗談では済まされない状況が描かれています。アシスタントも、インクをこぼした瞬間には背筋が凍ったでしょうね。

どちらかというと、「怒髪天を衝く」な髪型なのはアシスタントのほうですケド。

5 巻の見どころ

この巻は、見どころが多すぎますね!

新しいキャラクタが登場したり、ついに亜城木夢叶の連載が始まったり──。

どの人物にも「血が通っている」ようなリアルさを感じる中、平丸だけは「我々とは違う場所の住人」みたいな感じで、面白いです。新妻エイジですら、まともな人に見えてしまいました。

また、このころの高浜と港浦を見ると、ニヤニヤ笑いが出てきます。そうか、初期のころは、こんな感じだったのか……。

でも、中身の芯は変わらないんですよ。高浜は自分の考えをしっかり持っているし、港浦はマニュアル人間です。サイコーとシュージンが彼らを見たときの印象によって、見せ方を変えているのでしょう。

このサイトの記事一覧

さて、今回も多いぞ! このサイトで書き連ねてきた、感想の一覧です。

5 巻に収録されている「35 ページ」から「43 ページ」までの感想は、下のリンク先からご覧ください。

[2] このページの一番上へ戻る