映画・音楽・芸能一覧

『007 スカイフォール』 ジェームズ・ボンドの故郷で散る!

『007 スカイフォール』 (Skyfall)

DSCF1113crop 空が落ちたかのように──静かな島

ダニエル・クレイグジェームズ・ボンド を演じる新しい「007 シリーズ」も、今回で第 3 弾になりました。本作品のテーマは「世代交代」です! ということは──。

冒頭から大迫力のアクションが楽しめる! ──と思いきや、5 分くらいで「いい最終回だった」な空気が流れて、急にオープニング曲が始まって驚きました。本編のシリアスさと「イメージ映像」との融合が素晴らしい!

そして、シリーズ第 1 作の『007 ドクター・ノオ』でショーン・コネリージェームズ・ボンドを演じてから、50 周年を記念する作品となりました!

レトロなアストン・マーチンや古い施設を出しつつも、時代後れにならず「古くて新しい 007」を作り上げています。サム・メンデス監督やスタッフが「007」に かける意気込みを感じました。

お色気シーンも「007」だけに出てきます。もしも お茶の間で流れたら、本編の言葉を借りると「ギリギリ合格ね」な感じ(つまり──)。ちょっと親密になってきた恋人同士や、仲良しの友だちと楽しみたい映画ですね!

続きを読む


『バイオハザード V リトリビューション』 ふたたび東京とアリス

バイオハザード V リトリビューション』 (Resident Evil: Retribution)

The Good Mother たとえ似ていなくても──ママは愛しい

映画版『バイオハザード』シリーズの最新作・『V リトリビューション』は、前作までの不満を解消しつつ、原点に立ち帰った作品でした! 3D 映像や効果音も迫力満点の劇場で観て欲しい!

オープニングは前作・『IV』のラストから始まり、そこから映像が巻き戻されます。──ん? 『ターミネーター』シリーズのように、「前作までは なかったことに」なるのか!?

なにしろ、前作で「第一感染者」役(いわば「街の女性 A」)だった中島 美嘉さんも出演して、ミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリス・アバーナシーと「東京の近く」で戦っています!

下の記事では中島 美嘉さんの演技に絶賛していたミラ・ジョヴォヴィッチですが、本編では思いっきり顔面にハイ・キックを決めていました。女の戦いは恐ろしい……(そういう話!?)。

中島 美嘉
「一緒に演技ができて うれしいですぅー!(タマ盗ったらぁ!)」
ミラ・ジョヴォヴィッチ
「いえいえ、こちらこそー!(鉛玉ブチ込んでやんよ!)」

中島美嘉『バイオハザード』撮影の裏側!ミラ・ジョヴォヴィッチとのアクション対決メイキング公開! – シネマトゥデイ

これは どういうことなのか──は、本編をご覧くださいね!

映画版を初めて観る人前回までを忘れた人も安心です。「忙しい人のための映画版『バイオハザード』」を冒頭で説明してくれます(あいかわらず「撃つとコインが散らばる銃」の説明は ない)。

これまでシリーズを見続けてきた人も、これからの人も、単純に楽しめるアクション映画です!

バイオハザードV リトリビューション - オフィシャルサイト バイオハザードV リトリビューション – オフィシャルサイト

映画『バイオハザードV リトリビューション』予告編 – YouTube

続きを読む


デクスター ~警察官は殺人鬼 シーズン 5 – 良心よりも行動を

デクスター ~警察官は殺人鬼』 シーズン 5(Dexter (season 5))

Dexter
すべての行動は──血が作り出す

デクスター』シリーズのブルーレイ・ボックスがシーズン 1 ~ 6 まで一気に発売されます!

さらに、少なくともシーズン 8 までは続くことが明かされました! あと数年はデックス漬け(血まみれ?)の日々が過ごせそうですね!

ニュース:製作総指揮が明言! 『デクスター』はシーズン8で終了する! | 海外ドラマNAVI


そんな時期に、ようやくシーズン 5 を見たので感想を書きます。今シーズンも おもしろかった!

自分なりに考えたシーズン 5 のテーマは「後悔と前進」です。人間 誰しも後悔する。いつもニコニコと笑ってばかりは いられない。しかし、そこから前を向くことが大事です。

続きを読む


「パナシェ!」 コスプレイヤ えなこさん・五木昶さん・くろねこさん 歌手デビュー!

パナシェ!

006/365 そのカクテルの名は──特別な意味を混ぜ合わせる

大人気コスプレイヤの えなこさん・五木昶(いつき あきら)さん・くろねこさん がアイドル・ユニットを結成してデビューします!

ナタリー - えなこ+五木昶+くろねこ、人気レイヤーが歌手デビュー ナタリー – えなこ+五木昶+くろねこ、人気レイヤーが歌手デビュー

驚きのニュースですが、3 人の人気を考えれば当然ですね! ただ、インターネット上だけで有名な いわゆる「ネット・アイドル」路線ではなく、通常のアイドル・グループとして売り出す点が興味深い。成功して欲しいぞ!

パナシェ!(えなこ、五木昶、くろねこ)オフィシャルサイト パナシェ!(えなこ、五木昶、くろねこ)オフィシャルサイト

ブログ記事で応援

自分は昔からファンでした! (矢口

女子高校生コスプレイヤ! えなこさん・五木昶さん・かぐねさん | 亜細亜ノ蛾

──タイトルにデカデカと「女子高校生コスプレイヤ!」と書いてあるけれど、この記事を書いた当時に世界中(※インターネット)を探しまくって、彼女たちのブログやツイートから証拠を見つけたはず(キモッ!)。

現在は どうなのか、ちょっと調べる気力が……。

続きを読む


『アベンジャーズ』の最強は誰だ!? 脳天気に楽しめるアクション大作!

アベンジャーズ』 (Marvel's The Avengers)

The Avengers 宇宙最強の──頼れる奴ら

頭カラッポの方が 夢詰め込める映画です!

マーベル・コミックに登場するヒーローたちが、アメリカン・コミックス(アメコミ)から映画の世界へ飛び出しました! (3D 的な意味でも)

アイアンマンとソーが戦ったら どちらが強い?」とか「キャプテン・アメリカの盾はソーのムジョルニア(ハンマー)も防げるのか?」といったファンなら一度は考える想像が映像で観られます!

本編が終わったあとのエンディングも楽しめました! 各ヒーローの武器や装備をアップで撮影した(おそらく)CG です。「キャプテンの盾は、傷だらけなのに塗装が はがれなくて不思議だなー」とか思った。

スタッフロールのあとには、「アメコミのファン以外はポカーン」な映像が流れました(いつものこと)。今回は無意味で笑える一場面です。でも、フィル・コールソンクラーク・グレッグ)が出てきて欲しかったな……。


さて、英雄たちを強い順に並べた結果が こちらです! かなり「オレオレ判断」が入っているけれど、大きくは違っていない、はず。

ハルク > ソー >>> アイアンマン >>> ロキ >>> (人類には越えられないカベ) >>> キャプテン・アメリカ > ブラック・ウィドウ >>> ホークアイ

追記: 新作のランキングも ご覧ください!

アベンジャーズ|Avengers|映画 アベンジャーズ|Avengers|映画

続きを読む


『キャプテン・アメリカ』の最重要人物とは!? お気楽ノリで観られる映画!

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 (Captain America: The First Avenger)

Universal Captain America 輝く星条旗は──戦地で目立ちすぎ

愛すべき おバカ映画で楽しめました!

第二次世界大戦中のアメリカとドイツを描いた作品のため、とくに前半は戦争の悲壮感が漂っています。「ナチ■」・「ヒ■ラー」といった単語が飛び交って、なんだか見ていてドキドキしてしまう……。

ところが中盤あたりでコミカルな要素が現われる。後半は完全に「トンデモ科学」なスーパー・ヒーローものとして「こまけぇこたぁいいんだよ!!」と突き抜けます!


のちに「キャプテン・アメリカ」として活躍するスティーブ・ロジャースは、クリス・エヴァンスが熱演しています。いかにも「アメリカの好青年」といった感じで、この役はハマリ役でした。

スティーブの背格好がガラッと変わることに注目ですよ! 前半は(アイス的な意味ではない)「ガリガリ君」なのに、中盤あたりでマッチョマンへと大変身します。どちらかの姿は CG 合成とのこと。下のページにある写真を見れば、一目で分かるでしょう。

クリス・エヴァンス – Wikipedia

続きを読む


『マイティ・ソー』は主役もヒロインも魅力的な名作アクション映画!

マイティ・ソー』 (Thor)

~ Single Double Strike ~
雷の夜に──彼女は空を見続ける

ドタバタ劇のコメディでもあるアクション映画です!

北欧神話の神々を題材にしたアメコミが元になっているため、困った人(神)ばかり出てきます。日本にいる八百万(やおよろず)の神様も荒ぶっていますが、どちらも人々の味方でいてくれるうちは ありがたい、けれど……。

本作品の主人公は『アベンジャーズ』でも活躍します。そして、『アイアンマン』シリーズとも深く関わっている。とくに、『アイアンマン 2』で謎すぎたラストの場面がそのまま『マイティ・ソー』でも出てきますよ!


主人公のソーを演じたクリス・ヘムズワースは、芸歴の浅さを感じさせない演技を見せてくれました。映画の『トロイ』で主役だった ブラッド・ピットに似た好青年です。

ソーの弟であるロキは、トム・ヒドルストンが演じました。彼もハリウッドでは新米だけれど、シェイクスピア劇の舞台を経験していて、この作品の世界観や監督と相性が良い。ミステリアスな役で見事に魅了してくれました。

監督はケネス・ブラナーで、シェイクスピア俳優としても有名です。オペラのような要素のある『マイティ・ソー』にはピッタリですね!

ヒロインのジェーン・フォスター役はナタリー・ポートマンがキュートに演じています! 『ブラック・スワン』とは別人のようでした。「普通の美女」としての彼女が見られるだけで貴重かも!?

続きを読む


『ダークナイト ライジング』のテーマは「希望と絶望」! 両者は表裏一体

ダークナイト ライジング』 (The Dark Knight Rises)

Batman Dinosaur in Pittsburgh - Dino Bat 次のヒーローは──彼かもしれない

希望と絶望」がテーマの映画でした!

こうやって 2 つのキーワードを並べると、前作・『ダークナイト』の感想で書いた「二者択一」の物語に思えますよね? ところが、どちらかと言えば両者の「二面性」を強く感じます。

『ダークナイト』 2 つのテーマ、二者択一と二面性 | 亜細亜ノ蛾


第 3 作目も やはりクリストファー・ノーランが監督しました。原案や脚本・制作総指揮まで関わっていて、「ノーラン節」がスミズミまで行き届いています!

バットマン」ことブルース・ウェインも、前作までと同様にクリスチャン・ベールが熱演しました。そう、前作以上の「熱を感じる演技」に注目しましょう!

今回の敵である「ベイン」は、頭部の半分近くをマスクで覆いながらトム・ハーディが演じています。ムキムキの肉体──よりも彼が心に負った痛み(ペイン)に引かれました。

──主役・敵役も そうですが、執事のアルフレッド・ペニーワースマイケル・ケイン)や、ジェームズ・ゴードンゲイリー・オールドマン)警部補、応用科学部のルーシャス・フォックスモーガン・フリーマン)も、みな一様にドンヨリとしているんですよね……。

そこでアン・ハサウェイ演じるセリーナ・カイルが画面を華々しくしていました! 彼女が いなかったら、ずっと重苦しいムードで気が滅入ります。アンの長~~~い おみ足が素晴らしい!

続きを読む


『P2』は傑作サスペンス・ホラー! 自分が被害者になり得る恐怖を味わえる!

P2

Fire Lane - (Explored) 明るく燃える街灯よ──ビルの階下へ届け

身近に潜む恐怖を描いたサスペンス・ホラーです!

ヒロインのレイチェル・ニコルズが素晴らしかった! クリスマスの寒々としたビルの中を、ドレス 1 枚で疾走する! 彼女の巨n ──髪が激しく揺れ動いています

さらに「18 禁」ということは……?(ごくり……)

彼女だけでも満点を上げたくなる作品で、かの「★前田有一の超映画批評★」でも良い点が付いていました。(おもに男性の)ツボを押さえた良い批評ですね。

超映画批評『P2』70点(100点満点中)


要点だけを押さえた構成も好印象でした。

最低限の必要な人物しか出てこないし、舞台もビルの中だけです。その分だけ、ヒロインに集中できて良い。「デラックス幕の内弁当デザート付き」な映画とは大違いだ。

サスペンスとしてのドキドキ感と、ホラーの恐怖感も味わえます。レイチェルを苦しめる男のクレイジィさが突き抜けている!

ホラー好きな恋人と楽しむと最高ですね! 逆に、「ホラーは苦手なの~(カマトトッ」というコと観ると、もっと愉快な思いができるでしょう。──もちろん自分は、ニタニタしながら夜中に独りで観ましたケド。

続きを読む


『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』は大迫力のシリーズ最高傑作!

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 (Transformers: Dark of the Moon)

Fly me to the MoOn
私を月の裏側まで──連れてって!

シリーズ最高のアクションとシナリオが見事でした!

アポロ 11 号による人類初の月面到着や、チェルノブイリでの痛ましい事故を、実在の人物を含めて劇中に登場させています。現大統領であるバラク・オバマ氏も登場しますが、その扱いの差にも注目ですよ!


前作までと同様にマイケル・ベイ監督の作品で、主役もシャイア・ラブーフで変わっていません。

しかし、ヒロインは前作までのミーガン・フォックスに替わって、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーがサムの新しい恋人役を演じました。いったい何があったのか──。すべては謎に包まれています(棒)。

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン #ミーガン・フォックスの降板 – Wikipedia

続きを読む