映画・音楽・芸能一覧

DMM.com コミックレンタルで『バクマン。』・『H×H』も最新巻まで借りられる!

DMM.com コミックレンタル

A Nervous Groom 借りてきた猫のように──おしゃれに着飾る

「み~んな大好き♪ ディー・エム・エム♪」で おなじみ(※)の DMM.com では、下記のように さまざまなサービスが利用できます(※: さっき考えた)。

一つ一つに小一時間を使って一所懸命に おすすめしたいところですが、今回は DMM.com コミックレンタルを一点集中で紹介しますね!

DMM.com コミックレンタル
DMM.com コミックレンタル

普段から旧巻は半額ですが、現在は「春の半額キャンペーン」を開催中のため、 バクマン。』のコミック全巻レンタルHUNTER×HUNTER』のコミック全巻レンタルすべて半額で借りられます

続きを読む


ドラゴン・タトゥーの女 – 愚かな男は女で愚かさを増す

『ドラゴン・タトゥーの女』 (The Girl with the Dragon Tattoo)

Dragon Fly ドラゴンは飛び去っても──代わりがいる

タイトルから想像できるように、ブルース・リーの幻の遺作をリメイクしたアクション映画です! 監督はクエンティン・タランティーノで、お得意の多弁すぎるトークと、残虐すぎるバイオレンスが見どころでした。

しがない探偵の元へ、謎の女が仕事を依頼しに来る。彼女に刻まれたタトゥ──そこに隠された秘宝の謎とは? やがて襲い来る悪の組織との闘い! 国中を巻き込んだ紛争の末に、衝撃の結末が! それは──、

──ここまでの話は全部ウソでした!

本当は、自分が大好きなデヴィッド・フィンチャー監督の映画です。彼の作品のなかで一番ふんいきが近いのは、『セブン』や『ゾディアック』でしょう。間違っても『ベンジャミン・バトン』のように ほのぼの路線ではありません。

自分は まったく内容を知らずに劇場へ足へ運んで、「ダニエル・クレイグが主演だし、お気楽なスタイリッシュ・アクション映画だろう」──とノンキに観ていたから、いろんな場面でアゴが外れそうになりました。

ストーリィは「40 年前に失踪した少女の真相を暴く」というミステリィ的な内容ですが、じつは主題は そこにはありません。

この映画の大半は、ヒロインを演じるルーニー・マーラが かわいい! ──という成分で構成されています。だから いっそう、アレな場面で息苦しくなる……。

これから『ドラゴン・タトゥーの女』を観る人は、あまり情報を仕入れずに劇場で観てください。とくに女性の方は、信頼できるパートナと一緒に行きましょう

映画が終わったあとで「誰と一緒に観たかったか」を考えると、ちょっとした「人生の棚卸し」というか友だち選びの手助けになるかも。

続きを読む


デクスター ~警察官は殺人鬼 シーズン 4 – 彼女を力強く守る者は誰か

『デクスター ~警察官は殺人鬼』 シーズン 4(Dexter (season 4))

Adelaide the Sphinx
心安まるバスルーム──に忍び寄る影

デクスター』のシーズン「4」は、日本では「死」を連想させて忌み嫌われる番号です。ところが赤ちゃんが写っているパッケージはコミカルで、むしろ「誕生」を思わせるのですが──、

今シーズンのテーマは「別れ」でした。

思いもかけないタイミングで、いろんな人たちが このドラマの世界から去っていきます。「この人だけは、このまま幸せになって欲しい」──なんて祈りたくなる人物ほど危ない。

そしてシーズンの最後は誰もが驚きます!

続きを読む


『ソルト』 – 第 1 回チキチキ アンジェリーナ・ジョリー七変化!

『ソルト』 (Salt)

Grains of salt
制限したほうが良いモノと──制御できない彼女)

アンジェリーナ・ジョリーの魅力が十二分に味わえる傑作映画です! おもしろかったー!

かなり残酷な冒頭の場面にも注目です。

痛々しいジョリーの姿は、『チェンジリング』を思い出しました。『キル・ビル』にも近い。凝視するには勇気がいります。

チェンジリング – 人を傷つけて喜ぶ人間──それは誰だ? | 亜細亜ノ蛾

ところが、スッキリとした後味が残りました。つぎつぎに謎が謎を呼ぶ展開と、アンジェリーナのアクションで、最後まで楽しめる。

アンジェリーナ・ジョリーが■■になる場面も驚いた!

基本的には「ソルトの超人ぶりを楽しむ作品」なので、家族や友だち・恋人と一緒に観て欲しい映画ですね。また観たいな──というか、続きが観たい映画です。

続きを読む


『ナイトライダー』と『BTTF』の競演! iPhone とGoPro HD で撮影

『ナイトライダー』と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

Le chevalier du Chateau de Vincennes
(鉄の馬も騎士も──いまは もういない)

ニュース・サイト「ガニュース!」でも紹介した下の動画が、最近のお気に入りです。

ナイトライダー・KITTとEVデロリアン夢の競演! – YouTube

なんとも独特な味のある映像に仕上がっている。黒が締まっていて(= 黒色が濃くて)、ドロッとした質感が魅力的です。カメラ好きには たまらない動画ですよ!

この動画の詳細は、下のページをご覧ください。

ナイトライダー・KITTとEVデロリアン夢の競演! – Soundtrack Detective

なんと、撮影に使ったのは iPhone 4 と GoPro HD というカメラとのこと。どちらも「ビデオカメラ」として見れば、十分にお値打ちな価格です。お手軽・お気軽モデルですね。それであの映像が撮れるのだから すごい!

GoPro HD は防水・防塵仕様で、耐衝撃に すぐれています。今回のように車内だけではなく、屋外のスポーツにも向いている。

GoPro HD Helmet HERO(ゴープロHD ヘルメットヒーロー) – 株式会社エバニュー Whizz Div. –

春は花見に・夏は海で・秋は山へ・冬はスキーに──と一年中 大活躍です!

続きを読む


ノーカントリー – 最後に老人が望むのは平穏な日々──なのか

『ノーカントリー』 (No Country for Old Men)

Beef!
(つながれたまま生きるか──それとも)

アレックス』と同じで、あらすじを書くだけなら 2 行で終わってしまうけれど、ずっと心に残る映画です。映像的にも内容的にも、「暴力的な映画」という点で両者は共通している。

『アレックス』 悪意と悪趣味の固まりのような超暴力映画 : 亜細亜ノ蛾

ずばり! 『ノーカントリー』は、こんな映画です:

あらすじ:
「ギャングの金をパクったら、
おかっぱ頭のターミネーターが追ってきたでござる の巻」

言ってしまえば「これだけ」の内容の映画なのに、最後まで観客を引っ張っていく引力が すごい。その力の正体とは──。

ハビエル・バルデムが演じている、殺し屋のアントン・シガーが、素晴らしく不気味でした! この風変わりな殺人鬼の魅力で、122 分間の大半が成り立っている。

ジャンルで言えば「スリラー映画」に入りますが、ホラーと思って観たほうが分かりやすいでしょう。「家族愛」や「夫婦愛」も一応は出てくるけれど、いっさい期待せず、仲の良い友だちか恋人と・あるいは 1 人でゆっくりとお楽しみください。

続きを読む


第 9 地区 – 待ち続ける価値はあるのか

『第 9 地区』 (District 9)

District 9_01_43_27
(ただただ──帰りを待つ日々)

本作品は、地球へ やって来た宇宙人と、彼らと接する人間を描いています。ジャンルで言えば「SF アクション映画」になってしまいますが、そういったカテゴライズでは くくれません。

この手の映画では、「地球外生物と人間との戦い」か「宇宙人と人間との心温まる交流」のどちらかを描写する──と相場が決まっています。ところが、『第 9 地区』は、「それ以外」の話を見事に描きました!

ぜひとも大勢の人に観て欲しい映画です!

ただし、いろんな方向へ「毒」を持った触手が伸びている作品であるため、鑑賞には心の準備をお忘れなく……。なにしろ、あのヨハネスブルクが舞台です。下のページで面白おかしく書かれている内容も、冗談は半分──もないと思う。

ヨハネスブルク – アンサイクロペディア

注目して欲しい部分は、人間の主人公──ヴィカス・ファン・デ・メルヴェシャールト・コプリー)が、とんでもなく性格が悪いことです。こんなに最後まで主役に感情移入も共感もできない作品は、ほかにはありません。

真の主役は、地球での名前をクリストファー・ジョンソンと名付けられたエイリアンです。ヴィカスよりも、人間らしい。演じたジェイソン・コープの姿は、本編ではいっさい見られませんが、大きな拍手を贈りましょう。

続きを読む


アリス・イン・ワンダーランド – いつまでも夢見る乙女は霧に消え

『アリス・イン・ワンダーランド』 (Alice in Wonderland)

Alice_01_23_31
(最後にハッキリと──白赤つけよう)

「へんてこりんの ぽんぽこりん」な人物ばかりが出てくる映画です。まさにティム・バートン監督らしい世界を描いた作品でした。なぜ、いままで彼が撮影していなかったのか、不思議に思うくらい。

本作品のストーリィは、世界的に有名な物語である(けれど自分は読んでいない)『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』の後日談です。幼少のころに冒険した「不思議の国」を、成長したアリスが十数年ぶりに訪れて──という感じ。

まるで、以前に流行した「いつまでもオトナになりきれない人」を描いた作品のようですよね? 最後に「現実に帰れ!」と叫ばれそう。

ところが、この映画に出てくる主人公──アリス・キングスレーミア・ワシコウスカ)は現実的な考え方をしていて、「早く夢が覚めないかな」と思いながら冒険をする。しかも、ずっと──しかめっ面なのです。

こんなアリスは、見たことがない!

世に知られている原作をリメイクする場合は、現代的なテーマを盛り込むことが多いです。監督か脚本家の政治的な主張が見え隠れして、残念な結果に終わる映画もある。

『アリス・イン・ワンダーランド』は、そういった説教臭い面がありません。そこが良かった。

ジョニー・デップが演じるマッドハッター(タラント・ハイトップ)などの奇妙な登場人物や、不気味に美しい「アンダーランド」を眺めているだけでも面白い。家族や友だち・恋人と安心して楽しめる傑作です。

続きを読む


タイタニック – 豪華客船を沈めたのは──本当は誰?

『タイタニック』(Titanic)

Titanic-11
(「空を飛んでいる」のは──二度目だったりする)

あまりにも有名すぎる映画です。すくなくとも、映画好きを自称する人ならば、観ていないと おかしい。でも、自分は最近になってようやく手を出しました。

観てみると、やはり面白かったですね。さすが、興行収入の記録でギネスブックに載っただけのことはあります。しかも、『タイタニック』の記録を塗り替えたのは、同じジェームズ・キャメロン監督なのがすごい。

参考: タイタニック (1997年の映画) – Wikipedia

さて、この映画は、あらゆる角度から語り尽くされている。いまさら「ここが良かったね」を書いても面白くない。そこで、アマノジャクな自分の目から見た感想を書いてみました。

今回の大きなテーマは、下記の 2 点です:

  1. 『タイタニック』の致命的な欠点とは?
  2. だれがタイタニック号を沈めたのか?

続きを読む


Amazon.co.jp で「DVD どれでも 3 枚 3,000 円」セール(在庫限り)

Amaozn.co.jp のお買い得情報

Color Spectrum CD Reflection
(安くても──弟の DVD は割らないように

通常の配送料が無料になって ますます便利になった Amazon.co.jp は、いつの間にか食品と飲料も充実してきました。

さらには、バーゲン・セールを毎日おこなっています:

連日のように「不景気」という言葉を聞くネクラな日本の中で、どこまで伸びるんだ……この企業は……。

最近の面白いセールは、DVD のまとめ売りです。

Amazon.co.jp: DVD どれでも3枚で3,000円
Amazon.co.jp: DVD どれでも3枚で3,000円

続きを読む