webservice一覧

FeedBurner でフィード(RSS)の URI を変えてしまった際の転送方法

FeedBurner

Feedburner (by Lisa Brewster) (by Lisa Brewster)

このブログのフィード(RSS)は長い間、FeedBurner を利用して配信している。

それが、うっかりと FeedBurner 上でフィードのアドレスを変えてしまった。おかげで、読者が激減である。本当に、読者のみなさんには申し訳ない……。

FeedBurner の「アドレス」は変えるなキケン! : 亜細亜ノ蛾

それも昔の話となった!

以前のフィード URI へアクセスすると、新しい URI へ転送される。

これでフィードの読者が元通りになった。めでたしめでたし(このサイトまで見に来てくれる人は少ないが……)。

FeedBurner の購読者が V 字回復 (by asiamoth) (by asiamoth)

今回は、どうやってフィードを復帰したのか、その方法を書く。参考になれば幸いだ。

続きを読む


バクマン。 #27-1 「策士と騙し」 服部の策とシュージンの本心

『バクマン。』 27 ページ 「策士と騙し」 (週刊少年ジャンプ 2009 年 14 号)

Love Defined (by abardwell) (by abardwell)

服部の活躍が 2 週に渡って見られるとは、なんという幸せだろう。後半では、さらに面白い展開になる──のだが、感想は、しばしお待ちを……。

2009/03/04(水)には『バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)』が発売される。それまでに今週号の感想を書き上げるのは無理だ(と、さりげなく宣伝)。

先週号の感想では、「服部の、良い意味でのあくどさが見られた。」と書こうとした。しかし、一般的には、「あくどい」を「良い意味」で使うことはないだろう。辞書で調べても、良い面は見つからない。

Yahoo!辞書 – すべての辞書 – あくどい

(ちなみに、あらゆる辞書サイトを使ってきたが、「Yahoo!辞書」は類語辞書まで検索してくれるのが良い。語彙の少ない自分は、かなり勉強になる)

自分は、悪い人間・あくどいヤツが好きだ。ただし、センスや頭が悪い人間・犯罪者は除く。この条件に合いさえすれば、人をだますような人間も好きである。

──ここで、「人をだますのは、詐欺罪じゃないか」という意見もあるだろう。そう、「人をだまして罪になる人間」は論外だ。人をだますなら──相手がだまされたことに気が付かないようにするべきである。金もうけでも、恋愛でも……。

同様に、他人に気を配らずに我を通す態度・ルールから少しだけはみ出す行為・ずるがしこさは、ある程度は生きていく上で必要になる。正直者が馬鹿を見るのは世の常だ。

──それでも、一生、馬鹿正直に生きられたら、この上なくステキだが……。

続きを読む


FeedBurner の「アドレス」は変えるなキケン!

フィード URL 変更のお願い

Feed Burner Stickers (by ekkun) (by ekkun)

このブログで配信しているフィード(RSS)の URL を変えました(変えてしまいました・後述)。登録の変更をお願いします。

http://feeds.asiamoth.com/asiamoth/blog

以前の フィード URL を購読している人は、そのままでは永久に新着記事の情報が入ってこないため、改めて上記の URL を登録ください。すみません!

FeedBurner と Google

──と、この時期にフィード URL の変更のことでピンと来た人は多いだろう。

かなり以前に FeedBurner が Google に買収された。それにともなって、Google のサーバから RSS を配信することができるのだ。自分は小川さんのブログで知った。

FeedBurnerのフィードをGoogleアカウントに移行できるようになっていた – Ogawa::Memoranda

2月末までにChicagoのサーバで管理しているフィードはGoogleに完全に移行する予定という情報を知っていながら、今日の今日(2/28)まで忘れていたのだ。あわてて URL の移行を行なった。

さて、以前のフィード URL から新しい URL へは自動的に転送される。通常であれば、だ。自分の数少ない読者さん(それでも 250 人! ありがとうございます)は、何もしなくても良いはずだった。しかし──自分はミスをしてしまったのだ。

自分がどんな間違いをしたのか、詳しく説明する。みなさんも同じことをしないように、注意していただきたい。──あと、何か間違いのリカバリ方法を知っている人は、教えていただけると助かります。

続きを読む


オンラインバンク→ゆうちょ銀行へ振り込み(支店コード・口座番号)

ゆうちょ銀行へインターネットから振り込み

Bank of America security giving me the finger during the Iraq war protest
CreativeCommons Attribution-NonCommercial-ShareAlike License, Steve Rhodes

2011-03-13T15:01:22+09:00 追記

振込先を確実に確認するために、ゆうちょ銀行のサイトにある下のページを利用しましょう。振込先の「通帳記号」と「通帳番号」を入力すると、オンラインバンク用の「支店コード」と「口座番号」へ変換してくれます。ここさえ見れば OK!

口座の記号・番号を入力(振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内)-ゆうちょ銀行
口座の記号・番号を入力(振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内)-ゆうちょ銀行

また、以下の本文中にある「イーバンク銀行」は、現在の楽天銀行のことです。

オンラインバンクから ゆうちょ銀行(郵便局)への振り込みは、今まで行なえなかった(一部例外あり)。しかし、2009/01/05 から全銀システムを利用して振り込みができるようになったことをご存じだろうか。

全国銀行データ通信システム – Wikipedia

ゆうちょも「銀行」を名乗っている以上、ごく当たり前の対応になっただけだ。

しかし、オンラインバンクから ゆうちょ銀行への送金は、イバラの道である。後述する情報がないと、絶対に振り込みができないのだ。

以下は、自分が利用しているイーバンク銀行での話である。ほかのオンラインバンクでも同じだと思う。参考にして欲しい。

イーバンク銀行|インターネットバンキング

続きを読む


Google と DISQUS と coComment は OpenID を勉強し直すべき

怒りのブロガ

今回は珍しく、怒りにまかせて記事を書いてみる。

「怒っているときに決断すると失敗する」という話があって、その通りだと自分も思う。しかし、今回ばかりはガマンができなかった。それに、賛同者も多いと思う。

間違いがあったら、どうぞご指摘ください。

(そう言いながら、何度も読み直してツッコミどころをなくすのが、自分らしい)

OpenID の正しい使い方とは

ブログにコメントを残す際に、「ワタシが書いたこと」を証明したい。「通りすがり」ではイヤだ。そういった欲求を満たす方法はいくつかある。

一般的なブログサービスであれば、ID を持っている人は簡単にその証明ができる(はてなダイアリーの場合、はてなにログインしているとコメント欄に自分の ID が表示されていて、たまにビックリするが……)。

Movable Type(MT)などのブログシステムも、ユーザ登録が可能だ。サイトごとに固有の ID が発行される。ひとのブログでユーザ登録することは、慣れないと難しく感じてしまう。

──こうして、いくつもの「ワタシの ID 情報」ができる。このブログの asiamoth、はてなの asiamoth、livedoor の asiamoth ……。みんなそれぞれ違う asiamoth だけど、どれもほんとの asiamoth さ(エヴァのネタ)。

OpenID はアカウント情報が増え続けるのを止める──ことが期待できる。実際には、まだまだ普及する余地が広く残されているのだ。

そもそも、OpenID とは何か。こちらも分かりやすい記事があるので、ぜひとも読んでいただきたい。

OpenID をブロガー向けに分かりやすく説明すると?:Goodpic

はてなと OpenID

はてな は、各サービスの説明が技術者寄りで理解しにくい、とよく言われている。しかし、OpenID の解説は見事だ。

OpenIDとは、様々なサービスで共通して使用できるURL形式のID(アカウント)です。通常、サービスごとに別々のアカウントを取得したり、ログインするために別々のIDやパスワードを入力する必要がありますが、OpenIDは様々なサービスで共通の認証の仕組みとして、同じIDでログインすることができます。

はてなでOpenID – はてな

OpenID の本質は、上記の一行で言い表わせる。

はてなの OpenID から別のサービスへログインも簡単だし、逆に OpenID でログインして はてなスターを付けることも手軽である。自分が知る限り、OpenID が一番シンプルに利用できるのが はてなだ。

Movable Type と OpenID

OpenID を初めとする認証システムが、MT では簡単に利用できる。

安心かつ手軽にコメントができるようになった Movable Type 4 | MovableType.jp

日本人向けに mixi OpenID にも対応していることが大きい。

Six Apart – シックス・アパートが、Movable Typeを「mixi OpenID」に対応

ここで重要なことは、あくまでも MT は いろいろな認証サービスへの橋渡しをするだけ、ということだ。OpenID の場合も同様である。対応している認証 ID を持っているのならば、わざわざほかのアカウントを作る必要がない。これは、当たり前のことだと思う。

残念なウェブサービスたち

さて、ここからは上で書いた「当たり前のこと」を行なっていないサービスについて書く。はっきりと言えば、文句だ。以下に挙げる 3 つのサービスは、すべてユーザに無駄な操作を強いるという点が気に入らない。

続きを読む


「boketeβ(ボケてベータ版)」 画像にボケて個性を出す

boketeβ(ボケてベータ版)

空前のお笑い(芸人)ブームが到来! ──したのも今は昔。つわものどもが夢の跡。夏草どころかぺんぺん草も生えていない焼け野原に残ったのは、「他人のお笑いセンスを批判することだけは得意なシロート」だった……(ぺんぺん草が夏には枯れる植物であるところが、この段落の笑うポイントである)。

誰もがツッコむ、誰もがボケる(性的な意味や痴呆ではなく)──。関西人というか大阪人には、とくに不快な時代と思われる。それとも「ようやく関東者(かんともん)も笑いが分かるようになったでェ」と喜んでいるのだろうか(こういうエセ関西弁が一番腹立たしいだろう)。

そんな、日本中で「AD からの『ここでボケて』カンペに脊髄反射できる」時代(要出典)にふさわしいウェブサービスが、「boketeβ(ボケてベータ版)」だ。

boketeβ(ボケてベータ版) : 写真で一言ボケるお笑いウェブサービス boketeβ(ボケてベータ版) : 写真で一言ボケるお笑いウェブサービス

見ればすぐに面白さが分かる(このブログとは大違いだ)。

身も蓋もないことを言えば、「pya! みたいなサイト」で伝わる人は多いだろう。どちらが優れているか──と考えるのではなく、両方とも楽しんで欲しい。

続きを読む


pixiv の画像を「ZIP でくれ」る、「pixiv tool」

pixiv

画像投稿サイトの pixiv、面白いですよね。がつがつと「お気に入り」を増やして、まったりと楽しんでいます。

Welcome to pixivWelcome to pixiv

最近、R-18 カテゴリィがあることに気付き(右上のほう)、ますます「使える」サービスになりました。

──しかし、負荷の対策のためか、ダウンロードツールで画像を保存するには、少し工夫が必要です。

今回は、余計なアプリケーションや設定、知識などが不要で、簡単に pixiv の画像を一括して保存する方法を紹介します。

続きを読む


考える・思うよりも、行動のほうが大事──なのか?

はてダって「○○しました」ってエントリーは本当に少ない

増田は、ときどき考えさせされる記事があって面白い。

たとえば下の記事。

title="">

はてダって「○○しました」ってエントリーは本当に少ない。 その代わりに「俺は○○だと思う」とか「それは○○であるべきだ」とか「みんなで○○しよう」とか 未実行ステータス、悪く言えば口だけのエントリが多い。

はてダって「○○しました」ってエントリーは本当に少ない。

はてなーさんたちの、ブクマでの反撃がニヤニヤ。

はてなブックマーク – はてダって「○○しました」ってエントリーは本当に少ない。

続きを読む


Wassr のヒトコトを MAILPIA(フィードをメール送信)で残す

Wassr ふたたび

Wassr は今のところ、過去の「ヒトコト」が見られない、または見にくいです。

そのうち改善されると思いますが、まずは、自分の発言をバックアップする方法を考えたので、紹介します。

方法としては、ヒトコトはフィード(RSS)で配信されているので、それを(メールで送信するサービスを利用して)メールで保存する、という感じです。

ただし、「○○さんの、過去のヒトコトをまとめて見たい」というのは無理なので、対応を待ちましょう。

ここから先は、Wassr への不満と要望を、やんわりと書いてみます。期待を込めて──。

続きを読む


Wassr を Xyzzy から更新する方法

Wassr

いま話題(脳内調査)の「Wassr(ワッサー)」を始めました。

asiamoth – Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

愛用のエディタ、「Xyzzy」から更新できるので、モリモリ更新して、「つながり」(フレンド)をブチブチ切られるぞー!

(´・ω・`)  (´・ω:;.:…  (´:;….::;.:. :::;.. …..

ということで、Xyzzy 使いでワサってる人は、下記のパクリコード、「Wassr-update」をどうぞ。

Wassr とは

Wassr がどんなサービスかは、下記の画像とリンク先をご覧いただくとして──、

──ようするに、「和製 Twitter」で間違いない、と思います。とか言いながら、けっきょく Twitter は参加しなかったので、どれくらい似ているかは知りませんが……。

なぜ Wassr?

下記の、2 つの記事に釣られました(笑)。同じことを言う人が、たぶん 5000 万人くらい、いるでしょうね。

それではなぜ、Twitter には登録せず、Wassr を始めたのかというと──、うーん、なぜだろう? なんとなく、まだまだマイナな感じと、「ワッサー」という語感だったりして。ワサる、とか言いやすい。

なにより、「今のところ」が付くかもしれないけど、「Wassr が落ちてる!」とか「メンテナンスが多い」という話を聞かないこと。コレは大きい。はてなブックマークや Tumblr なども、メンテナンス中だとガッカリしますからね。

続きを読む